伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

PRIDE(驕傲)


 「PRIDE」は、日本の女歌手 今井美樹(いまい みき、1963年4月14日[1] - )が、自身12枚目のシングル曲として1996年11月4日に発表した楽曲です。


 作詞・作曲は、当時プロデューサーとして関わっていたロックミュージシャンでもあり作詞・作曲家でもある布袋 寅泰(ほてい ともやす、1962年2月1日 - )が担当し、この曲ではギタリストとしても参加しています。
 布袋 寅泰の作品は、自分の歌う楽曲は全てロックですが、他人に提供する楽曲はロックだけでなく乙女心を詠ずるバラードなど幅広いジャンルのものがあり、また年年歳歳曲調が変化しています。
 更に、多彩なテクニックを駆使するギタリストとしても国内外で知られていますが、彼自身は自分のギターテクニックについて「ギターの譜面に関しては読むことが出来ず、自分が作った楽曲を譜面に起こすことも出来ない。コードも基本的なもの以外はよく知らない。テクニックよりも感情移入主義で、基本的に気持ちの中から無限のメロディが湧いてくる。最終的には解釈もコード進行も関係ない。聴き手をホッとさせるように自分のその気持ちを表現しているだけだ。」と語っています。
 もしかしたら、この人は天才なのかもしれません。
 蛇足ながら、彼は群馬県高崎市江木町の出身です。実は、伊賀山人も同じ江木町に7年間住んでいたことがありますが、彼とは一度も出会ったことはありません。


 歌詞の内容は、離れて暮らす恋人を思う気持ちに一点の迷いもないことが自分のプライドであると詠ずるものです。
 今井美樹の最大のヒット曲でもあり、当時の彼女の心情をよく表しているので、彼女のコンサートでは必ず歌われる彼女自身お気に入りの一曲です。


 なお、プライドを守り通した今井美樹は、この3年後の1999年6月6日に布袋寅泰と結婚して、更にその3年後の2002年に長女を出産し、2012年には親子3人でロンドンに移住して現在はイギリスを中心に活動しています。
 
 Pride 
 驕傲 
                     詞・曲:布袋寅泰 演唱:今井美樹
私は今 南の一つ星を 見上げて誓った
どんな時も 微笑みを絶やさずに 歩いて行こうと
貴方を想うと ただせつなくて 涙を流しては
星に願いを 月に祈りを 捧げるためだけに生きてきた Uh…
だけど今は 貴方への愛こそが 私のプライド

我向著南邊的一顆星星 發誓著
無論何時 都能讓微笑永不停歇 走下去
只要一想起你 只有痛苦無奈 流下的眼淚
是只為了奉獻給對著星星許願 向月亮祈禱而存在 喔…
然而現在 我給你的愛 正是我的驕傲


(間奏)


やさしさとは 許し合うことを知る 最後の真実
わがままさえ 愛しく思えたなら 本当に幸せ
貴方は私に 自由と孤独を 教えてくれた人
夜が来るたびに無口になって 震える肩を抱きしめていた Uh…
だけど今は 貴方への愛こそが 私のプライド

所謂的溫柔 是了解了互相包容的 最後真實
就連任性 也能愛戀想望的話 也真的很幸福
你是將自由與孤獨 教導給我認識的人
當夜晚來臨之際 變得無言 緊緊地擁抱著顫抖的肩膀 喔…
然而現在 我給你的愛 正是我的驕傲


(間奏)


いつか私も 空を飛べるはず ずっと信じていた
翼があったら飛んでゆくのに 貴方の胸に今すぐにでも Uh…
見上げてみて 南の一つ星を 素敵な空でしょう
私は今 貴方への愛だけに 笑って 泣いてる
 
總有一天 我也能 飛向天空 我一直這樣相信
我若有雙翅 也要現在馬上 飛向你的胸懷 喔…
就抬頭看看 南方的那顆星 真美妙的天空啊
只是現在 我為了給你的愛 笑著 也哭泣著
 




PRIDE - 今井美樹(フル)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。