伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

迢迢牽牛星(迢迢たる牽牛星)


 本日は、旧暦7月7日で日本の国立天文台が定める「伝統的七夕の日」です。
 七夕(たなばた)の日における織女と牽牛の伝説が、いつ始まったかについてはよく分かっていませんが、南朝梁の昭明太子によって編纂された詩文集『文選(もんぜん)』の中に収録されている漢の時代(今から約2000年前)に詠まれた「古詩十九首」が文献としては伝説の初出とされています。


 「古詩十九首」とは、19首の五言詩の総称で、各詩は詩題も作者も不明ですので、便宜上各詩の初句をもって詩題とし、作者は「無名氏(むめいし)」又は「佚名氏(いつめいし)」と表記されているものです。


 七夕伝説について書かれているのは、「古詩十九首」の「其の十」で、「迢迢牽牛星(ちょうちょうたるけんぎゅうせい)」と呼ばれている詩です。


 この詩の中では、牽牛と織女とが天の川を挟んで見つめ合う姿が詠じられていますが、七夕の夜に再会することまでは言及されていません。
 2000年前のこの当時、年に一度の逢瀬の伝説があったかどうかについては不明です。


 七夕伝説は、長い年月の間に他の神話や民話その他の習俗と融合して、国や地域ごとに独自の変化を遂げていますが、その原典となった「迢迢牽牛星(ちょうちょうたるけんぎゅうせい)」を、伝統的七夕の日に因み、全文を掲載して読者各位のご参考に呈します。



【白文】
古詩十九首其十 (迢迢牽牛星)


迢迢牽牛星,皎皎河漢女。
纖纖擢素手,札札弄機杼。
終日不成章,泣涕零如雨;
河漢清且淺,相去復幾許!
盈盈一水間,脈脈不得語。



【訓読文】
古詩十九首其の十(迢迢たる牽牛星)


迢迢(ちょうちょう)たる牽牛星(けんぎゅうせい)、
皎皎(こうこう)たる河漢(かかん)の女(じょ)。
纖纖(せんせん)として素手(そしゅ)を擢(あ)げ、
札札(さつさつ)として機抒(きちょ)を弄(ろう)す。
終日(しゅうじつ)章(しょう)を成さず、
泣涕(きゅうてい)零(お)つること雨の如し;
河漢(かかん)は清く且(か)つ浅し、
相去(あいさ)ること復(ま)た幾許(いくばく)ぞ!
盈盈(えいえい)たる一水(いっすい)の間、
脈脈(みゃくみゃく)として語るを得ず。



【口語訳】
古詩十九首其の十(遥か遠くの空に輝く牽牛星)


遥か遠くの空に輝く牽牛星、
白く清らかな光を放つ天の川の織女星。
しなやかでほっそりした手を抜き出して、
サッサッと機織りの横糸を通している。
しかし、一日中織っていても綾模様は出来上がらず、
牽牛との別れを悲しんで涙は雨のように落ちている。
天の川は清く澄んでいるうえに浅く、
牽牛とそれほど遠く離れているわけでもない!
それなのに、まるで水の満ち溢れる大河に隔てられたように、
じっと見つめ合うだけで、言葉を交わすこともできないとは。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。