伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

Rhythm Of The Rain (邦題: 悲しき雨音)


 「Rhythm Of The Rain」(邦題: 悲しき雨音)は、アメリカの音楽バンドの ザ・カスケーズ  (The Cascades)が、1962年11月に発表した楽曲です。


 作詞・作曲は、カスケーズのメンバーであるジョン・クラウド・ガモー(John Claude Gummoe)が担当しています。


 この歌詞では、降りしきる雨を擬人化してその雨音がまるで自分に語りかける言葉のように思えることから詠い起し、その雨に自分も語りかけるという形式をとっています。
 歌詞の内容は、自分から離れ去った少女を忘れられない孤独な若者が、雨音を聴きながら寂寥感と少女との愛が再燃することへの願望を詠ずるものになっています。
 また、歌詞は7節からなっていますが、各節それぞれの句は脚韻を踏んでおり、雨降りの歌に相応しいリズム感を表現しています。


 この楽曲で特徴的なのは、前奏からチェレスタという楽器を使用していることです。
 チェレスタとは、外観は小型のピアノのような形ですが、ピアノが金属弦を弾くのとは異なり、チェレスタは金属板を弾くため鉄琴のような音がします。また、音域はピアノの右半分に相当する高音域にあるため、パラパラと降る雨音のように軽快な感じの音色が出る楽器です。


 なお、バンド名の「The Cascades」とは、小さい滝が階段状に連続するものを意味しており、三重県の名張市にある伊賀山人事務所近傍の「赤目四十八滝」のようなものを指します。


 【赤目四十八滝】▼

 


 Rhythm of the Rain
 悲しき雨音
 雨的旋律 
             
                      The Cascades
                      ザ・カスケーズ
                      小瀑布合唱團

{Intro} 前奏


Listen to the rhythm of the falling rain
Telling me just what a fool I've been
I wish that it would go and let me cry in vain
And let me be alone again
この降りしきる雨が奏でるリズムを聴いていると
まるでどれほど僕が馬鹿なのかと語りかけているかのように思える
僕は雨がどこかに行ってくれて僕を徒に泣くがままにしておいてくれることを望んでいる
そして、僕をまた1人にしてくれることを

 
聽聽這下雨的旋律 
 好像在說我是個大傻瓜
 但願一切都成過去,而讓我徒勞地哭泣 
 也讓我再度孤單一人吧


The only girl I care about has gone away
Looking for a brand new start
But little does she know that when she left that day
Along with her she took my heart
僕が心に思っていたった一人の少女は遠くへ去ってしまった
新しく燃え上がる松明のような幸せをを探すために
けれども彼女には少しも分かっていない あの日彼女が去って行った時に
彼女は撲の心を連れ去ってしまったことを

我唯一在乎的女孩已經離我遠去了 
去尋找一個全新的開始
但她不知道她在離去的那一天
她連我的心也跟著帶走了


Rain please tell me now does that seem fair
For her to steal my heart away when she don't care?
I can't love another when my hearts somewhere far away
雨よ どうか今僕に教えてくれ これが公正なことに見えるのか?
彼女が何も構わずに僕の心を盗み去ってしまったことが
僕は他の誰も愛せない 僕の心はどこか遥か遠くに持ち去られているのだから

雨啊!請告訴我這樣公平嗎 ?
當她不在乎的時候,她偷走了我的心
我再也無法愛別人啊  當我的心仍在某個遙遠的地方


The only girl I care about has gone away
Looking for a brand new start
But little does she know that when she left that day
Along with her she took my heart
僕が心に思っていたった一人の少女は遠くへ去ってしまった
新しく燃え上がる松明のような幸せをを探すために
けれども彼女には少しも分かっていない あの日彼女が去って行った時に
彼女は撲の心を連れ去ってしまったことを

我唯一在乎的女孩已經離我遠去了
去尋找一個全新的開始
但她不知道她在離去的那一天
她連我的心也跟著帶走了


{Bridge} 間奏


Rain won't you tell her that I love her so?
Please ask the sun to set her heart aglow
Rain in her heart and let the love we knew start to grow 
雨よ 彼女に伝えてはくれないか? 僕がこれほど彼女を愛していることを
どうか太陽に頼んでくれ 彼女の心を熱く輝かすように
彼女の心を雨で潤おし僕たちが知っていたあの愛がまた育ち始めるように

雨啊!能否告訴她我是如此愛她 ?
請太陽讓她的心綻放光芒
讓雨再下在她心房,滋潤她的愛再次成長吧


Listen to the rhythm of the falling rain
Telling me just what a fool I've been
I wish that it would go and let me cry in vain
And let me be alone again
この降りしきる雨が奏でるリズムを聴いていると
本当にどれほど僕が馬鹿なのかと語りかけているように思える
僕は雨がどこかに行ってくれて僕を無駄に泣かせてくれることを望んでいる
そして、また僕を1人にしてくれることを

聽聽這下雨的旋律
好像在說我是個大傻瓜
但願一切都成過去,而讓我徒勞地哭泣
也讓我再度孤單一人吧


Oh, listen to the falling rain
Pitter- patter, pitter- patter
Oh, oh, oh, listen to the falling rain
Pitter- patter, pitter- patter
お~ 降りしきる雨が聴こえる
ピタ-パタ ピタ-パタ  
お~ お~ お~ 降りしきる雨が聴こえる
ピタ-パタ ピタ-パタ ……

噢~ 聽聽這下雨的
Pitter- patter, pitter- patter
噢~噢~噢~ 聽聽這下雨的
Pitter- patter, pitter- patter




★ Ŀ☼√Ξ★ Rhythm of the Rain ( 雨的旋律 ) ★ Ŀ☼√Ξ★