伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

武道館の神秘と憂愁

 上掲のパンフレットは、1970年10月10日、当時の祝日「体育の日」に、日本武道館で開催された第1回世界空手道選手権大会のもので、伊賀山人が後生大事に46年間も保管しているものです。


 この大会は、パンフレットの下の方に記載されているように、「全日本空手道連盟」が主催しています。

 世界33箇国から代表が集まった世界大会でありながら、何故、「世界空手連盟」が主催していないのかが長年の疑問でした。

 なお、この時は、中華民国(台湾)と香港からそれぞれ11名が参加しているのが目を引きます。中共は国家ではなく、暴力革命を企む反乱軍の集団という扱いでしたので、当然、国交もありませんでした。


 本日、スペインのマドリード(ラ・マンチャではありません。)にある「世界空手連盟」のサイトを見て、疑問が解けました。


 実は、「世界空手連盟」は、全日本空手道連盟とヨーロッパ空手連盟が協議を重ねて設立したもので、その発足は、何と、この大会当日だったのです。


 まだ存在していない世界空手連盟になり替わり、全日本空手道連盟が大会を企画・開催しものですが、その後、当日発足した世界空手連盟がこの大会を追認したことから、現在、この大会こそが、第1回世界空手道選手権大会であるとして、世界中に知れ渡っているのです。


 世界空手連盟のサイトにも、連盟の歴史のページにこのパンフレットが、連盟の発足と第1回世界大会の説明と共に掲載されています。ただし、スペインでは、実物を所有していないようで、画像はモノクロ写真のものです。


 これで、主催者についての疑問は、氷解しましたが、未だに解けない謎があります。


 上記は、その時の演武出演者の名簿です。


 出演者には、東恩納盛男、摩文仁賢栄、藤本貞治、金城裕、大塚博紀、山口剛玄など空手史に名を残す錚々たる師範が名を連ねています。


 実は、不肖伊賀山人も、日本空手協会の中山正敏首席師範の要請により、「銃剣取り」という演武でこの大会に参加したのですが、名簿に名前がありません。


 昔のことでもあり、自分の記憶違いかとも考えましたが、試合の部に参加していないことだけは確かです。

 伊賀山人、今どきの若い方のように他人の試合を見て勇気を貰うような便利な特技は持ち合わせていませんので、物見遊山の試合見物に行くはずもなく、やはり、演武で参加しています。


 山口剛玄師範の三戦転掌の形の前後で出演した記憶があるのですが、飛び入り扱いだったのか何なのか、中山師範亡き今となっては、確かめる手段もありません。


 これこそが、人類の英知を結集しても永遠に解けることのない、「武道館の神秘と憂愁」なのであります。


   ???・・・


通りの神秘と憂愁(キリコ画)

【「通りの神秘と憂愁」(ジョルジョ・デ・キリコ 1914年油彩画87×73cm)】


 「通りの神秘と憂愁」は、ギリシャ生まれのイタリア人画家、ジョルジョ・デ・キリコによって描かれた1914年、第1次欧州大戦中の作です。


 キリコは、形而上絵画派を興したことで、人口に膾炙されています。


 形而上絵画とは、本来目には見えない静謐、郷愁、謎、幻惑、困惑、不安などの人間の感情を絵の中に表現するものです。


 このため、絵の中には、左右の建物で遠近感のずれがあったり、影は対象物によってバラバラになったりという矛盾した構図が特徴になっています。
 しかしながら、キリコの絵は、隅々まで鑑賞すると、何を表現しようとしているのかが自ずから分かってきます。


 上掲の「通りの神秘と憂愁」について、西洋美術史上に一石を投ずる卓越した解釈をご紹介します。


 まず、全体を見ると、建物の特徴から、描かれているのは、ローマの町と広場であることが分かります。道路などの地面は、石畳ではなく、一面の黄土でおおわれています。


 また、影の長さと空の色から、時刻は夕暮れ時であることは間違いありません。更に、左の建物後方の屋上にある旗のなびき方から、強い西風が吹いていることが分かります。したがって、季節は秋であることが判明します。


 建物の明と暗、人物の動と静、道路と空の色彩対比など、強いコントラストを多用しているのは、暗に人のコントラスト、つまり生と死とを表現しているのであります。


 左右の建物の遠近法の焦点がずれているのは、そのような不安感の現れです。


 細部について見てゆきますと、絵の左下に見える二本の黒線は、当時の路面馬車の軌道です。
 右にある貨物車は、牛や馬などを積む貨車です。その証拠は、右下にあるスロープです。通常の荷を積む貨車であれば、スロープは不要です。


 奥に見える大男のように見える長い影は、実は、イタリアの騎兵隊に招集されて、馬に跨り風に抗って夕焼けの戦場に向かう男の後ろ姿の影なのです。
 片手が見えないのは、手綱を握っているからに他なりません。
 男が乗っている馬は、今しがた、前述の貨車で運ばれて来たものと考えて間違いないでしょう。


 その奥の、細長い影は、男に従う旗手の持つ軍旗の旗竿の影です。


 左の環を転がしている少女は、この男を追いかける愛娘の姿なのです。


 環を転がすのには、意味があります。
 「環」は「還」なり、「Ring」は「Bring」なり。
 古今東西、旅立つ人に「環」を贈って、道中の無事と生還とを願ったのであります。


 つまり、この絵は、イタリア戦線に赴く男の不安と、無事を願う娘の惜別の情を表現したものなのであります。


 晩秋、一人娘を残して、黄塵巻き上げる風を頬に受け、夕焼けの戦場に赴く男の胸中に去来するものは、一体何だったのでありましょうか。


「風は蕭々としてトレビ水寒し、壮士一度去りて復た帰らず。」



 後にはただ、父の名を呼ぶ娘の声だけが、夕闇迫るローマの広場に虚しくこだまするのでありました。


「シェ~ン! カ~ム ブァ~ック!!」


追記: 上記の記事は、すべて筆者の作り話です。 


真正的日本精神(国会討論)

余震の続く熊本・大分の被災者の方々に重ねてお見舞い申し上げます。

**************************************


 さて、先の東日本大震災においては、当時の親中・親韓に偏向した民主党政権は、支那と韓国からの援助隊だけは、空港まで外務副大臣に送迎させるなどの国賓待遇の土下座外交を展開しました。


 その他の国の援助隊に対しては、何も特別なことはしませんでしたが、台湾援助隊への冷遇が目立ったのは、先の記事のとおりです。


 特に、震災直後の日本政府から各援助国の主要新聞への謝意の表明広告については、世界各国の内、世界最大の支援国台湾だけが除外されていました。


 一体、日本の良心はどこに行ってしまったのかと嘆いていたところ、国会で日本の精神について正論を述べる国会議員が現れました。


 宮崎県選出、自民党の古川禎久議員です。答弁に立つのは、時の総理大臣野田佳彦、災害救助に努めるどころか更に事態を混乱させた国賊ともいうべき素人政治家菅直人は、この直前に辞任しています。


 古川議員の演説の主旨は、第三国(支那・韓国)の顔色を窺い、最大の支援国である中華民国台湾への感謝の意を表さない政府民主党は、日本精神を忘れているのではないか、日本の名誉を守れという内容です。


 これに対し野田総理は、改めて、この場で台湾に謝意を表しますと答弁したものです。


 古川議員の意見は、真に正論です。

 議員である以上、台湾から政治資金など貰うはずもなく、また、台湾を正当に評価すべしという意見が、宮崎で有権者の票に繋がることもないでしょう。


 自分にとって何ら利益のないことにも拘らず、国会の場で、総理大臣のひいては日本人全体の良心を振起すべき意見を、義憤に燃えて凛として陳述するこのような議員が存在したことだけは、一服の清涼剤でありました。


 国会史に残る名演説の一つともいえるものですので、下記画像でご確認くだされば幸いです。


日本首相首次在日本國會有關台灣的熱心捐款表達感謝之意(中文字幕)