伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

第3話:チャールズ・ブロンソンの時計の真相


 20年ほど前に、東京駅発の新幹線の中で、大林宣彦監督に出会ったことがあります。


 私が、東京駅で仙台行きの新幹線の指定席に座っていたところ、発車間際に大林監督が、数人のスタッフを引き連れて隣の三人掛けのシートにどやどやと乗り込んできました。


 仲間内の世間話が始まりましたが、仙台までは時間もあるので、話が途切れたら、
チャールズ・ブロンソンの時計のことでも聞いてみようかと思いましたが、何と、彼らは、次の上野駅で降りてしまいました。


 東京から上野まで僅か一駅、指定席券を買う時間やホームや階段を歩く時間などを考慮すると、山手線の電車に乗った方が遥かに早いと思いますが、有名人の考えることは分かりません。


 かくして、監督から直接話を聞く機会は逸しましたが、その後、ある人から監督の談話を聞き及びましたので、以下、ご紹介します。


 なお、その内容は、あくまでも伝聞のため、真偽の程は定かではありませんので、ご了承ください。

 【大林宣彦談『チャールズ・ブロンソン』の思い出要旨】


 「マンダムのCMの撮影が、予定より遅れてしまった。あと3カットで終わるというときに、時間は1時間しか残っていない。1カットにだいたい1時間かかるので、2時間オーバーする見込みだった。しかし、相手はハリウッド・スターなので、契約上、時間の延長は不可能だった。

 僕は『時間がないのだから、適当にアップして出来上がり分だけで編集しよう』ということも考えたけど、実はそのアップは、特殊なことをやろうと楽しみにしていた重要なカット。職人気質のカメラマンが『それを撮らないくらいなら、俺は今すぐ日本に帰る』と言い出して、ほとほと困ってしまった。

 そうなると、もう監督の僕がチャールズ・ブロンソンに直接お願いするしかない。『チャーリー、契約時間はあと1時間で終わるけれど、カメラマンがどうしてももう1時間(さすがに2時間とは言えなかった)欲しいと言っているんだ』とお願いした。すると彼は腕時計を弄りながら『う〜ん、ちょっと待ってくれ』と言った。そして、奥さんのジル・アイアランドへ電話を掛け『すまん、良い仕事になりそうだから、日本から来た彼らに1時間をプレゼントしようと思うんだ。少し遅くなるが、待っててくれ』と言って電話を切った。どうやら二人で夕食に出かける約束をしていたようだった。

 しかし、それで問題が解決したわけじゃない。足りない時間は2時間で、もらった時間は1時間。そこでスタジオへ戻って、スタッフにこう言った。『ブロンソンにお願いしたら、彼は時計の針を1時間巻き戻して“君の時計は何時だい?僕の時計はまだ○時だよ”と言ってくれた』と。

 これはもちろん僕の作り話なんだけど、みんな涙を流さんばかりに感動した。なにせ当時、ハリウッドのスターがただで時間をくれるなんて考えられなかったから。それでみんなブロンソンの心意気に感じて、本来なら3カット3時間かかるところをぴったり2時間で撮り上げた。

 後にブロンソンがハリウッドの大御所になって、彼の自伝が出る時に、その素案を書くライターがホリプロの堀プロデューサーからこの話を聞いたらしい。ところが堀さんは僕の作り話に騙された1人だったので、あのブロンソンの時計の話が、そのまま自伝に載ってしまった。

 まあ、僕が師と仰ぐジョン・フォードの映画の中に「人々が伝説を信じ始めたら、我々は伝説を選ぶべきだ」という名台詞もあるので、それはそれで悪くないけどね。」


 筆者注:

1 ブロンソンの時計の話が、作り話だとしても、ハリウッドのトップ

 スターが撮影時間を一時間無料で延長したのは事実であり、決して、

 ブロンソンの伝説の価値を貶めるものではありません。

2 この話の内容から、時間延長したのは、モニュメント・バレーでは

 なくハリウッドのスタジオのようであります。

3 「ジョン・フォードの映画の中の名台詞」については、次回の記事

 でご説明します。


マンダム CM (1970年) チャールズ・ブロンソン 男の世界


    ・・・次回へ続く・・・



第2話:チャールズ・ブロンソンの時計


 毎年、6月10日の時の記念日が近づくと、昔、リーダーズダイジェストの日本語版で読んだ、チャールズ・ブロンソンの時計の話を思い出します。


 1970年、経営危機にあった化粧品メーカーの丹頂は、社運をかけて開発した男性化粧品「マンダム」のテレビCM撮影のため、史上初めてハリウッドスターのブロンソンを起用し、その撮影クルーは、アメリカに渡り撮影を開始しました。


 このクルーを率いるのは、当時新進気鋭の映画製作者大林宣彦32歳、自主製作映画以外の実績は殆どありませんでした。


 ユタ州モニュメント・バレーでの撮影は、概ね順調に進みましたが、いよいよ最後のワンカットを残すに至って、太陽が雲に隠れて思うような光線が得られません。


 この間、ブロンソンは白馬に跨ったままで、身じろぎもせず、いつでも撮影開始に応じられるよう待機しています。


 刻々と時間は過ぎ去り、漸く空が晴れてきたころには、既に契約時間は終了してしまいました。


 アメリカは契約社会であり、ましてや超多忙なブロンソンが時間延長に応ずるはずもありません。


 クルーを代表して、大林宣彦が恐る恐るブロンソンに伺いを立てます。


 「ミスター・ブロンソン、我々は、最後のワンカットをどうしても撮りたい。契約時間を1時間、いや、せめて30分だけでも延長してもらえないだろうか?」


 これを聞いたブロンソンは、馬上からクルー一同を見渡して、眉毛一つ動かさずに、言い放ちます。


 「はるばる日本から来た人々よ、遠くから海を越えてやって来て、良い仕事をしたいという諸君の気持ちはよく分かる。しかし、契約書には何と書いてある? 言うまでもなく、契約は守られるためにある。」


 これを聞いて、やはりそうかと、一同がっくりと肩を落とします。


 すると、ブロンソンは、「ところで、諸君、私の時計はこの頃時々狂うことがあるのだが…」と言いながら、おもむろにポケットから時計を取り出しました。


 その時計たるや、数多の宝石を散りばめて燦然と輝く特注品で、当時、その代価で家が一軒建つと言われたほどの超高級品です。無論、正確無比、狂うことなど滅多にありません。


 ブロンソンは、その時計の竜頭を引き出し、クルクルッと巻き戻して言いました。


 「さあ、諸君、あと1時間しかない。撮影を急ごう!」


 一同歓声を上げて撮影を再開し、無事、CMは完成しました。


 このCMが、日本で放送されるや、それまでCMの時間は「トイレ時間」と揶揄されるほど視聴者から軽視されていましたが、このマンダムのCMに限っては、番組よりもCMの中のブロンソンを見たくてテレビをつけるという逆転現象まで生じ、日本の男にも香りに包まれるという習慣が定着して、マンダムは爆発的なヒット商品となり、丹頂は社運を回復したのであります。


 かくして、遅咲きのスター、チャールズ・ブロンソンは、人の痛みを知る男の中の男として生きながらにして伝説となったのであります。


マンダムCM②【チャールズ・ブロンソン】 1970 「う〜ん、マンダム」


        ・・・次回に続く・・・



第1話:遅咲きのスター、チャールズ・ブロンソン

 【晩年のチャールズ・ブロンソン(カンヌ映画祭会場にて)】


 チャールズ・ブロンソン(Charles Bronson, 1921年11月3日 - 2003年8月30日)は往年のハリウッドスターです。


 彼は、1921年11月3日に、米国ペンシルベニア州において、リトアニア移民の家庭に15人兄弟の5男として生まれました。


 炭坑夫であった彼の父親はブロンソンが10歳の時に死去したため、ブロンソンは兄たちと共に炭坑で働き、石炭を1トン掘るごとに僅か1ドルを得て漸く食いつないでいたそうです。
 そのため、家庭は大変貧しく、学校へは妹の服を借りて通ったこともあると言われています。


 1943年に陸軍航空隊に入隊しましたが、第二次世界大戦終了後の1946年に除隊して美術学校に入学し、芝居の勉強も始めました。


 1948年頃からレンガ職人やウェイターをしながら舞台に端役として出演するようになりますが、生活は相変わらず苦しかったようです。


 彼が、「荒野の七人」や「大脱走」などに脇役として出演して、俳優としての地位を確立したころには、既に40歳を過ぎていました。


 その後、「さらば友よ」や「雨の訪問者」などで主役を演じて、押しも押されもせぬ国際映画スターの仲間入りを果たしたときには、既に50歳になる遅咲きのハリウッドスターでした。


 彼の野性味あふれる武骨な風貌と巧みな演技力は日本でも人気がありましたが、1970年に男性用化粧品メーカー「丹頂」の化粧品「マンダム」のテレビCM(大林宣彦演出)に出演し、一世を風靡しました。


 当時、CMというものは、ハリウッドでは、レベルの低いものとして扱われており、スターであれば誰も見向きもしない時代でしたので、ブロンソンがトップスターとしてはハリウッド史上初めてのCM出演となりました。


 CMの中で、ブロンソンは、ユタ州モニュメント・バレー周辺の荒野を白馬に跨って駆け抜け、カウボーイハットで河川の水を汲み頭から浴びます。
 そして顎を撫でながら一言「う〜ん、マンダム」。
 このセリフは日本中で大流行し、化粧品に縁のない幼い子供まで真似をするほどでありました。
 その時のCMソング「男の世界」(歌:ジェリー・ウォレス)もヒットして、マンダムの商品知名度は発売直後に98%にも達しました。


 当時、男性化粧品業界の老舗であった「丹頂」は、ライオンや資生堂にシェアを奪われて、倒産の危機に瀕していました。


 そもそも、1970年代に、整髪料以外の化粧品を使う男は、丸山明宏(美輪明宏)か池畑 慎之介(ピーター)くらいなもので、一般人で使う者など殆どいませんでした。


 男の香水「マンダム」の開発と、ハリウッドスターのCM起用とは、正に、丹頂の社運を賭けた一大事業なのでありました。


 そして、このCMの予想を超える成功により、顔や体に振りかける男性化粧品を使う男が激増して、「マンダム」は爆発的にヒットし、丹頂は僅か2年で年商を倍増させて見事に危機を脱しました。


 翌1971年に、丹頂は社名そのものを「マンダム」に変更し、ブロンソンは1980年まで10年間、「マンダム」シリーズのCMに出演しました。


 2003年8月30日、チャールズ・ブロンソンの死去に際しては、マンダム社は深甚なる弔意を表するとともに、葬儀の際には献花をしてブロンソンの生前の恩義に報いました。


 今では既に伝説となった、苦労人チャールズ・ブロンソン、独特の個性を持つ永遠のハリウッドスターなのであります。



♪男の世界 ジェリー・ウォレス ~マンダム ~

 【モニュメント・バレーに立つチャールズ・ブロンソン】


    ・・・次回に続く・・・