伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

第1話:遅咲きのスター、チャールズ・ブロンソン

 【晩年のチャールズ・ブロンソン(カンヌ映画祭会場にて)】


 チャールズ・ブロンソン(Charles Bronson, 1921年11月3日 - 2003年8月30日)は往年のハリウッドスターです。


 彼は、1921年11月3日に、米国ペンシルベニア州において、リトアニア移民の家庭に15人兄弟の5男として生まれました。


 炭坑夫であった彼の父親はブロンソンが10歳の時に死去したため、ブロンソンは兄たちと共に炭坑で働き、石炭を1トン掘るごとに僅か1ドルを得て漸く食いつないでいたそうです。
 そのため、家庭は大変貧しく、学校へは妹の服を借りて通ったこともあると言われています。


 1943年に陸軍航空隊に入隊しましたが、第二次世界大戦終了後の1946年に除隊して美術学校に入学し、芝居の勉強も始めました。


 1948年頃からレンガ職人やウェイターをしながら舞台に端役として出演するようになりますが、生活は相変わらず苦しかったようです。


 彼が、「荒野の七人」や「大脱走」などに脇役として出演して、俳優としての地位を確立したころには、既に40歳を過ぎていました。


 その後、「さらば友よ」や「雨の訪問者」などで主役を演じて、押しも押されもせぬ国際映画スターの仲間入りを果たしたときには、既に50歳になる遅咲きのハリウッドスターでした。


 彼の野性味あふれる武骨な風貌と巧みな演技力は日本でも人気がありましたが、1970年に男性用化粧品メーカー「丹頂」の化粧品「マンダム」のテレビCM(大林宣彦演出)に出演し、一世を風靡しました。


 当時、CMというものは、ハリウッドでは、レベルの低いものとして扱われており、スターであれば誰も見向きもしない時代でしたので、ブロンソンがトップスターとしてはハリウッド史上初めてのCM出演となりました。


 CMの中で、ブロンソンは、ユタ州モニュメント・バレー周辺の荒野を白馬に跨って駆け抜け、カウボーイハットで河川の水を汲み頭から浴びます。
 そして顎を撫でながら一言「う〜ん、マンダム」。
 このセリフは日本中で大流行し、化粧品に縁のない幼い子供まで真似をするほどでありました。
 その時のCMソング「男の世界」(歌:ジェリー・ウォレス)もヒットして、マンダムの商品知名度は発売直後に98%にも達しました。


 当時、男性化粧品業界の老舗であった「丹頂」は、ライオンや資生堂にシェアを奪われて、倒産の危機に瀕していました。


 そもそも、1970年代に、整髪料以外の化粧品を使う男は、丸山明宏(美輪明宏)か池畑 慎之介(ピーター)くらいなもので、一般人で使う者など殆どいませんでした。


 男の香水「マンダム」の開発と、ハリウッドスターのCM起用とは、正に、丹頂の社運を賭けた一大事業なのでありました。


 そして、このCMの予想を超える成功により、顔や体に振りかける男性化粧品を使う男が激増して、「マンダム」は爆発的にヒットし、丹頂は僅か2年で年商を倍増させて見事に危機を脱しました。


 翌1971年に、丹頂は社名そのものを「マンダム」に変更し、ブロンソンは1980年まで10年間、「マンダム」シリーズのCMに出演しました。


 2003年8月30日、チャールズ・ブロンソンの死去に際しては、マンダム社は深甚なる弔意を表するとともに、葬儀の際には献花をしてブロンソンの生前の恩義に報いました。


 今では既に伝説となった、苦労人チャールズ・ブロンソン、独特の個性を持つ永遠のハリウッドスターなのであります。



♪男の世界 ジェリー・ウォレス ~マンダム ~

 【モニュメント・バレーに立つチャールズ・ブロンソン】


    ・・・次回に続く・・・


これが青春だ!(サミュエル・ウルマンの青春賦)

 【マッカーサー執務室内、「青春」のレリーフ】


 昭和天皇が、大東亜戦争終結後の1945年9月27日に東京日比谷の占領軍総司令部にマッカーサー元帥を訪問し、天皇としては史上始めて平民であるマッカーサーと並んで写真を撮られた部屋の壁に掛けられていた詩が、サミュエル・ウルマン(Samuel Ullman, 1840年4月13日 - 1924年3月21日)の青春賦でありました。


 サミュエル・ウルマンは、1840年ドイツ生まれのユダヤ系アメリカ人で1924年米国アラバマ州で亡くなるまで生存中は全く無名の詩人でありましたが、マッカーサーは、自分の友人のジョン・ルイス(コーネル大学教授)から贈られたこの詩を、当時連合軍最高齢の65歳であった自らの心を鼓舞するため、いつも執務室に飾っていたそうです。


 また、エドワード・ケネディーが兄ロバート・ケネディーへの弔辞にこのウルマンの詩の一節を引用したこともアメリカでは有名な話として知られています。


 20年ほど前に、アラバマ州のバーニンガム市に、ウルマンが晩年を過ごした家がみつかり、彼の作成した他の詩も発見されました。
 1993年にアラバマ日米協会(JASA)が、その家を買い取って修復し、日米親善事業の一環として「サミュエル・ウルマン博物館」を開設しました。
 その後、博物館の運営はバーニンガム市にあるアラバマ州立大学が担当しています。


 今回は、この青春賦の訳文と原文の全てを掲載して、読者各位のご供覧に呈します。
 なお、ウルマンがこの詩を書いたときには、この詩の一節のとおり既に70歳になっていたそうです。
 サミュエル・ウルマン、84歳の誕生日を目前に没するまで、永遠の青年でありました。


           青  春    サミュエル・ウルマン


 青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。


 年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。


 年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。曰く 驚異への愛慕心、空にひらめく星晨、その輝きにも似たる事物や思想に対する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。


 人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる
 人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる
 希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる
     


 大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける限り人の若さは失われない。


 これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至ればこの時にこそ人は全くに老いて神の憐れみを乞うる他はなくなる。



 原文
           YOUTH  Samuel Ullmann


  Youth is not a time of life; it is a state of mind; it is a temper of the will,a quality of the imagination, a vigor of the emotions, a predominance of courage over timidity, of the appetite for adventure over love of ease.


  No body grows old by merely living a number of years; people grow old only by deserting their ideals. Years wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles the soul. Worry, doubt ,self-distrust, fear and despair-these are the long ,long years that bow the head and turn the growing spirit back to dust.


  Whether seventy or sixteen, there is in every being's heart the love of wonder, the sweet amazement at the stars and the starlike things and thoughts, the undaunted challenge of events, the unfailling childlike appetite for what next, and the joy and the game of life.


  you are as young as your faith, as old as doubt ;
  as young as your self-confidence, as old as your fear;
  as young as your hope, as old as your despair.


  So long as your heart receives messages of beauty, cheer, courage, grandeur and power from the earth, from man and from the Infinite, so long you are young.


  When the wires are all down and all the central place of your heart is covered with the snows of pessimism and the ice of cynicism, then you are grown old indeed and may God have mercy on your soul.


      Given to Douglas McArthur some years ago by John W. Lewis 
                       is based on a poem written by the late Samuel Ullmann of Birmingham, Ala.



   【遥か雲海を見下ろす富士山宝永火口に立つ山の神】



涼州詞を考える

                快樂讀唐詩-唐詩五 涼州詞 - YouTube


 涼州詞は、楽譜題と言われるもので、元々、涼州詞と言う楽曲があり、その曲に合わせて、詩詞を作ったものです。


 現在、その楽曲は全て失われており、どのようなものであったかは分かっていませんが、凡そ、上掲のYou Tubeのようなものであったと考えられます。


 多くの詩人が、涼州詞を作っていますが、ここでは、日本で最もよく知られている盛唐の詩人王翰の作を取り上げます。


 なお、涼州とは、支那の西北シルクロード上の要衝にある地域で、そこから更に北の砂漠から侵入する匈奴を撃退するため、万里の長城を築いて多くの兵隊を派遣していた地域です。


  涼州詞   王翰


 葡萄の美酒 夜光の杯、
 飲まむと欲すれば 琵琶馬上に催(もよほ)す。
 酔(ゑ)ひて沙場(さじょう)に臥(ふ)すも 君 笑(わら)ふことなかれ、
 古来 征戦 幾人か回(かへ)る。


 起句の「葡萄の美酒 夜光の杯」とある、葡萄の美酒とはワインのことで、夜光の杯とは夜でも光る白玉或いはガラス製のグラスのことです。
 いずれも西域の中東又はヨーロッパからもたらされた物で、これが日本に伝わっていたとしたなら、正倉院の御物になるほどの高級品です。
 シルクロードを通して涼州では比較的入手しやすかったのかもしれませんが、一般の兵卒が手にできるようなものではなく、ここで、酒盛りをしようとしているのは、高級将校であることが分かります。


 承句の「飲まんと欲すれば 琵琶馬上に催(もよお)す。」の内容は、日本では、「飲もうとしていると、馬上で琵琶をかき鳴らす者がいて、飲め飲めと促すように興を添える。」といった意味に解釈しているものが殆どですが、興を添えるのであれば、馬の上に乗っているのでは如何にも不自然であり、これが長年の疑問でした。
 下掲の画像は、中華民国の詩人であり文人でもあった故朱自清が指導した唐詩三百首の解説です。
 此の解説によると、琵琶の声音は、興を添えるためのものではなく、「急いで出動せよ。」と命じる信号で、進軍ラッパのような使われ方がされていたように解説されています。
 この解釈により、長年の疑問は氷解したのであります。


 次に、場面・発想を転換する転句の「酔いて沙場(さじょう)に臥すも 君笑うことなかれ。」にある、沙場とは直訳すれば砂漠のことですが、長城付近の砂漠で戦うことが多かったため、戦場と同義語になっていました。
 当時の戦法は、先ず弩(大弓)や弓により大量の矢を射かけることから始まりました。
 従って、酔おうが酔うまいが、一兵卒であれば矢を避けるため、戦場に臥しても何も笑うほどのことではありません。
 指揮官となるような高級将校であれば馬上で毅然としているべきであり、酔った振りをして戦場に臥すのが臆病な行為として笑いものになったのでしょう。


 結句の「古来征戦 幾人か回る。」に、この詩全体の真意が含まれています。 
 「指揮官であっても人の子、昔から戦に出て無事帰還したものなど幾人もいないのだから、命が惜しくて戦場に倒れ込むくらいなことは許してくれ。」という、辺砦の防人の無限の悲嘆を表現しているのであります。
 だからこそ、この詩が古今の絶唱とされているのであります。


 決して、一杯機嫌の気楽な詩ではありません。



  (蘅塘退士選「唐詩三百首」から引用)




momo親子台官方影音│momo唱唐詩【涼州詞】王翰