伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

七夕祭りの時期に関する一考察

   【雲中七仙女圖】


 七夕伝説は、今から2千年ほど前の漢の時代の幾つかの神話や民話が複合されて出来上がっています。


 日本で流布されている伝説のあらすじは、昔、天界で機織りを仕事としていた織女が、牽牛とのデイトに夢中になって機織りをさぼっていたため、これに激怒した天界の偉い神様により、天の川の向こう岸に追いやられてしまった。神の御慈悲で年1回7月7日だけは川を渡って牽牛と会うことができるが、雨が降ると川が増水して会えなくなる・・・というようなものです。


 他には、京劇の演目にもなっている上掲の図のような七仙女の伝説もあります。
 七仙女とは、仙女の7人姉妹という意味でもあり、末の妹である七番目の仙女という意味でもあります。
 七夕の題材になった伝説では、7番目の仙女として言い伝えられています。
 そのあらすじは、七夕の季節に天界から地上に遊びに来た七仙女が、暑くてたまらなかったので羽衣を脱いで川で水浴びをしていたところ、偶々通りかかった牽牛により、大事な羽衣を隠されてしまい、天界に返れなくなってしまいます。
 七仙女は、仕方なく牽牛と結婚して地上界で生活していましたが、ある時、隠されていた羽衣を見つけてそれを纏って天界に帰ります。
 牽牛は、ストーカー宜しくこれを追いかけて天界に昇りますが、仙女集団の中で最も偉い老仙女に怒られて星にされてしまいます。
 ところが、どういうわけか、老仙女の計らいで年一回だけは、七仙女と会うことができるというものです。
 この伝説は、日本では形を変えて、「天の羽衣」伝説としても伝わっています。
 なお、この牽牛の行動は、現在の法規範に照らせば、明らかに犯罪行為ですが、なにしろ2千年も昔のことですので、今とは事情が異なっているのでしょう。


 さて、前置きが長くなりましたが、本日は、この七夕祭り開催の時期について、考察します。


 日本では、新暦の7月7日に開催するところが大多数ですが、仙台の七夕のように一箇月遅れの8月7日に行うところもあります。
 これに対し、本家本元の台湾、香港などの漢文化圏では、殆どのところが、旧暦の7月7日に行います。従って、新暦では概ね8月になりますが、毎年日取りは異なり、2週間くらいずれることも珍しくありません。


 それでは一体、七夕祭りはいつ開催すべきなのか?
 これが、本日の考察の命題なのです。


 結論から申し上げます。
 七夕祭りは、旧暦の7月7日に行うべきなのであります。


 理由は、二つあります。


 先ず第一に、新暦の7月7日では、まだ梅雨が明けていないため、天の川が増水しており、牽牛・織女は毎年会いに行くことは不可能です。
 人道上の観点から、七夕はもっと天候の良い時期にすべきなのであります。


 次に、新暦の7月7日は、月の満ち欠けとは無関係のため、偶々満月の場合もあって、天の川が見えないこともあります。
 見えない川を渡っていては、牽牛・織女が水難事故に巻き込まれる恐れがあります。
 旧暦の7月7日であれば、月齢は、6~7、つまり半月(上弦の月)より前ですので、夕暮れ時には、南西の空に見えますが、夜が更けるにつれて、半輪の月が西の空に傾き、船のような形に見える頃には、空は次第に暗くなって天の川もはっきり視認することができるようになります。
 安全上の配慮からも、七夕は満月の時期を避けるべきなのであります。


 このように、あらゆる角度から分析検討した結果、人道上更には安全管理上の観点から、七夕祭りは旧暦の7月7日に開催すべきであるとの結論に達したのであります。


 旧暦の7月7日は、今年は、新暦の8月9日になります。
 その夜は、満天の星空を見上げて、天の川に隔てられた遥か遠き牽牛星と燦々と輝く織女星に思いを馳せたいものと考えています。



  擬迢迢牽牛星


遙遙牽牛星,粲粲七仙女。


纖纖擢素手,札札營彩楼。


怨彼河無橋,泣涕零如雨。


盈盈一水間,脈脈不得語。


弦月爲輕舟,桃符爲揚帆。


河漢清且深,何日度彼岸?



 【丙申七夕爲七仙女伊賀山人書桃符】



愛読者謝恩企画の大綱


 昨年9月にブログを開いてから、早くも10箇月、アクセス数も、当初1日当たり

10~20であったものが、最近では、何と200を超えることも珍しくなくなり、数日中には、合計2万アクセスを達成しそうです。


 数多くのブログの中から、わざわざ弊ブログをご閲読頂いている物好きな読者の方々に感謝の意を表すため、2万アクセス達成を記念して、次のような謝恩企画を検討中です。


1 企画の概要

  読者の中から厳正な抽選により、2名様限定で豪華な賞品を贈呈する。


2 応募要領及び賞区分

 ① 「雑感」バナーをクリックされた方の中から1名様を「雑感賞」の当選者とする。

 ② 「」ボタンをクリックされた方の中から1名様を「ナイス賞」の当選者とする。

 


3 賞品

 ① 雑感賞

   「台湾7日間の旅」

   (費用は全額、当選者の負担とする。)


 ② ナイス賞

   「ニューヨーク1時間の旅」

   (当選者が自分の風呂に湯を貯めて、1時間入浴(ニューヨーク)する。) 


4 その他

  本当に大切なものは、目には見えないものです。

  本当に大事なことは、目には見えないくらい小さく書いてあるものです。



縄文時代の障礙者福祉(驚くべき恩寵)

  【縄文集落想像図】


 1966年から67年にかけて、北海道洞爺湖町にある入江貝塚と呼ばれる、今から約4000年前の縄文時代の遺跡の発掘調査で、15体の遺骨が発見されました。


 その内の『入江9号(以下「イリエ」と言う)』と名付けられた一体は、頭部が普通の成人女性の大きさなのに、両腕と両脚が極端に細く、とても立って歩くことなどできないような骨格でした。
 その後の調査で、イリエは、幼少期に急性灰白髄炎(ポリオ、小児マヒ)を患い、殆ど寝たきりの状態であったものの、死亡推定年齢約20歳までの寿命を全うしたことが判明しました。
 そして、それまでの縄文時代観であった「弱者は淘汰される。」という学会の定説を覆したのであります。


 縄文時代は、今から約1万5000年前に始まり、その後、約1万2700年間もの長きに亘って続きました。
 縄文人の人口は、縄文早期の2万人から縄文中期には26万人にまで順調に増加しましたが、イリエが誕生したころには、気候悪化の影響による食糧不足から、約10万人に減少しておりました。
 縄文人の平均寿命は、乳幼児死亡率の圧倒的高さにより、男女ともわずか14.6歳と推計されています。運良く15歳まで生きた男女の平均余命が約16年に過ぎないことから、最高で31歳ぐらいの短命であったようです。


 縄文の昔、生きることは食べることと同義でありました。
 食べなければ生きてゆけませんし、生きていなければ食べることはできません。
 食べることこそが、生き甲斐であり、何よりの楽しみであったのです。


 重度障礙者のイリエは、自分の力で食糧を得ることはできませんでした。
 生まれて暫くの間は、両親の介護を受けていたものと思われますが、その両親も当時の平均余命から考えると、イリエが10歳になるころには、既に鬼籍に入っていたことでしょう。
 その後のイリエは、兄弟或いは集落の人々に支えられて生きてきたことは疑う余地もない事実でしょう。


 周囲の人々が、乏しい食料を分ち合ってイリエを支えてきたのは、人々に備わっている惻隠の情や慈悲の心が原動力であることは間違いありません。
 しかしながら、ほぼ寝たきりのイリエが全く周囲の人々の役にたたない厄介者であったと考えるのは間違いです。
 生まれながらの障礙を持ちながらも、日々明るく生き抜き、ご飯を食べて喜ぶイリエの顔を見ることが、却って、イリエを支える人々の幸せとなり、生き甲斐となり、人生をより豊かにする力ともなっていたのでありましょう。


 障礙者福祉とは、近代になって突然、誰かが思いついたような新しい概念ではありません。
 縄文の昔から、弱者を慈しみ労わる福祉の精神は、この国の人々のDNAに摺り込まれて現在に至るまで連綿と受け継がれている筈のものなのであります。
 また、先にも述べたとおり、障礙者は単なる憐みや施しの対象ではありません。
 ましてや、健常者の優越感を満たすことなどに存在価値があるのでもありません。
 障礙の有無に拘らず、人が健気に生き、笑い喜びそして楽しむ姿そのものが周囲の人々の力にもなり、それが人としての存在価値の一つにもなるのでありましょう。


 多くの人々に囲まれて輝いていたイリエの短い生涯は、例え一歩たりとも立ち上がって歩くことのできないものであったとしても、決して不幸なものではなかったであろうと、伊賀山人は考えるのであります。



 曲題:天賜恩寵/奇異恩典   amazing grace     (驚くべき恩寵)
 演唱:海莉 薇思特娜       Hayley Westenra  (ヘイリー・ウェステンラ)



天賜恩寵/奇異恩典(海莉薇斯特娜)(Amazing Grace-Hayley Westenra)



 追記:

 本記事は2年前に掲載したものですが、未だに人気記事にランクインしていますので、此の度ニュージーランドの歌姫ヘイリー・ウェステンラの演唱する「アメイジング・グレイス」を追加して再掲載しました。

               平成30年7月12日 伊賀山人敬白