伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

医者の戯言(KC先生の思い出)

 今は昔、某地方小都市のとある総合病院に勤務していたころ、外科医のKC先生(仮名)から聞いた話です。


 なお、この話は、医療水準の低かった戦前の医学生の間で流行っていた戯言のようですので、現在の先進医療により治療や療養をされている方は、決してこのようなことはありませんので、ご安心ください。


 口さがない医学生は、各診療科の医者の特性を、次のように揶揄していたそうです。

 なお、( )書きは、私の独断による解説です。

 重ねて、現在の患者の皆さんに申し上げますが、あくまでも昔の戯言です。


 内科医: 何でも知っているが、何もしない。

     (内科医は、病理について詳しく知っており、治る病気は放っておいても自然

      に治るし、治らないものはどう手を施しても無駄だと考えていたようだ。)


 外科医: 何も知らないが、何でもやってしまう。

     (外科医は、病気の機序や怪我の原因など全く知らないが、取りあえず、

      元の形になるように、切ったり貼ったりするのが仕事であったようだ。)


 精神科医: 何も知らないし、何もしない。

      (心理学が未発達で、精神科の薬もろくなものが無かったので、精神科医

       は、現在の心理カウンセラーのようなものであったのかもしれない。)


 病理解剖医: 全てを知っているが、一日遅い。

       (解剖の結果、死因となった病気や怪我について全てを解明できるが、

        もう一日早ければ手の施しようも有ったのにと悔やまれる。)



 なお、KC先生のような外科医というものは、根っからの技術職です。芸術家肌の先生や職人気質の先生が多く、自分の仕事に他の追随を許さぬこだわりを持っている方が少なくありません。


 このKC先生もご多分に漏れず、メスを入れる位置や切り口の長さなどにミリ単位のこだわりがありました。


 類まれな卓越した技術を持つKC先生、手術中に独り言を言う悪い癖がありました。


 ある日の、ごく簡単な虫垂炎手術の時のことです。


 患者さんの下腹部の局所麻酔が効いているのを確認したKC先生、オペ(手術)を開始します。


KC先生: 「さ~ それではこれから始めますよ~ 何も心配はいりませんからね~」


患者: 『はい、お願いします。』


 先生、おもむろにメスを手に取り患者の下腹部に当てると、いつも通り、一気に数センチ切り込みを入れましたが、どうやら1ミリほど切りすぎたようです。オペ的には却って虫垂部の確認や切除部の取出しが容易になるので、何の問題もありませんが、ご自分の理想のイメージではありません。ここで、余計な独り言が出ます。


KC先生: 「あっ! しまった~!!」


患者: 『えっ! えええ~!! せっ、せっ、先生! どっ、どうしました~!!?』


 先生、患者の疑問よりも、切りすぎてしまった1ミリが悔やまれてなりません。それもそのはず、切り足らなければ追加して切ることも可能ですが、切りすぎたものはもう二度と元へは戻らないのですから。芸術家としての美意識と職人としてのこだわりから痛恨の一言を発したのは当然のことでしょう。


KC先生: 「う~む、もはや手遅れか~」


 局所麻酔のはずのこの患者さん、突然、意識を失ってオペが終わるまで目が覚めなかったそうです。


5×5=25の原則(コメント管理)


 「パスカルの原理」などで有名な近代物理学の先駆者フランスのブレーズ・パスカルは、「人間は考える葦である」など多数の名言を残した偉大な哲学者でもありました。


 このパスカルが、ある友人に宛てた手紙の末尾に、「今日は時間が無かった為に、このように長い手紙になってしまったことをお許しください。」と書き添えたことが巷間知られています。


 時間が無ければ短い手紙になるはずと、私のような凡人はつい逆のことを考えてしまいます。


 実は、長い手紙であれば、誰でも書くことができるのです。読み手の理解を容易にするためには、その中から冗長で無駄な文言を、推敲を重ねてそぎ落とすという作業が必要になるのです。しかも短くなった文章で、書き手の真意を正しく伝えることは、非凡な大哲学者であるパスカルにしても難しいことであったのでしょう。


 ある意味、長い文章であれば多少の書き間違いがあったとしても、前後の文脈から真意を推し量ることができるという効用があるかもしれません。
 それにしても、書き手の表現力には限界があり、自分の文章には自分の真意の8割程度が表現されるに過ぎません。更に、読み手の理解力にも限界があり、その8割程度を理解できればよい方でしょう。
 つまり、いかに漏れなく書いたつもりの長い文章でも、書き手の真意が読み手に伝わるのは、8×8=64で6割4分程度のものに過ぎません。これを、「ハッパ六十四の原則」といいます。


 ましてや、高名なパスカルをしても難しかった短い文章を凡人が書くのであれば、8×8=64どころか、5×5=25、つまり、書き手の真意が読み手に伝わるのは、2割5分もあれば上出来というべきでしょう。即ち、誤解を生むリスクは、常に7割5分くらいはあるということです。これを、「ゴゴ二十五の原則」と名付けます。


 他人のブログへのコメントは、極めて短い文章に過ぎません。


 無用の誤解を避けるために、コメントの書き手はその短い文章を練りに練り、推敲を重ねて、一晩徹夜するくらいの心構えで、万全の注意を払って取り組まれていることでしょう。


 それでも、これを受ける読み手の方は「ゴゴ二十五の原則」に従い、誤解することも多々ありますので、不特定多数のコメントは話半分どころか話四分の一以下くらいに考えて、特に必要な情報以外は聞き流しておいたほうが無難でしょう。


 ここまで偉そうに書いておいて、今さらですが、実は私の場合には、殆ど何も考えず、適当かつ無益なコメントを、自分でも覚えがないほど多くの方々の記事に対しろくに推敲も加えず垂れ流しています。


 それでもこれまで、一件も苦情が寄せられていないのは、私にパスカルを凌ぐ文才があるからではありません。


 ひとえに、この記事をご覧になり更にはコメントを適宜聞き流して下さいました皆様方の卓越した読解力と忍耐力のお蔭なのであります。


 ここに改めて、ご理解ある閲覧者各位に感謝申し上げますとともに、愚にもつかぬコメントに寛大なお気持ちで接してくださいました皆様方の数々の御恩を肝に銘じているところであります。


 皆様方から賜りましたこの御恩は・・


 多分、今日中に忘れます m(__)m
 

離婚後300日問題(DNA鑑定所感)

 民法第772条に基づき、離婚後300日以内に生まれた子は、前夫の子として扱われることになります。


 この規定は、明治31年頃、民法に加えられたもので、当時は、生物学的な父親を特定する手段がなく、しかも女手一つで子供を育てるのが極めて困難な時代でもありましたので、子供を養育する義務者を法的に特定して、子供が食べるのに困らないようにするため、更には母親の負担を軽減するための規定でした。また、離婚する夫婦も現在とは比較にならぬほど少なかったため、特に問題となることも殆どありませんでした。


 ところが、社会の情勢が変化し離婚率が30%を超える現在においては、この離婚後300日以内に出生する子の数は年間3000人を超えており、その殆どが前夫の子ではないという現実があります。


 離婚後300日以内に生まれた子供の出生届けを提出すると、前夫の子と推定されることから、自動的に前夫の戸籍に入れられてしまいます。当然、姓も前夫の姓になりますので、シングルマザーで育てるにしろ再婚するにしろ甚だ不都合なことが生じます。また、前夫としても、他人の子供が自分の子とされて扶養義務を負うことになり、加えて法定相続人の一人となるなど将来に禍根を残すことになってしまいます。このため、子供の出生届けを出さずに、無戸籍状態になっていて、社会福祉の恩恵を受けられなくなっている子供もいます。これが巷間いわゆる離婚後300日問題です。


 この問題を解決する最も簡単で有力な手段は、前夫から家庭裁判所に対し、「嫡出否認の訴え」を提起することです。DNA鑑定により前夫が遺伝的に父でないことを証明できれば、前夫と子との間に親子関係がないことを裁判によって確定させることが可能です。この裁判には約3箇月の期間を要しますが、確定判決を得ることにより、子の戸籍は前夫から、本来父親であるべき人あるいは母親の戸籍に転籍できます。この際、新たに子の父親になる人のDNA鑑定は不要です。認知するだけで事足ります。ある意味、これは民法の規定が古いが故の利点とも言えます。昔の映画「北の国から」にあったように、蛍が妊娠した不倫の子でも赤の他人の正吉が蛍と結婚して自分の子として戸籍に入れることは何の問題もありません。将来、その子が血縁者である不倫相手の子や孫などと結婚しないように注意しておく必要はあります。


 この嫡出否認の訴えは、子の出生から1年以内に前夫から堤起しなければなりません。今現在、この問題に直面しているお母さんは、速やかに前夫に要求することが必要です。


 人それぞれに事情があります。DVなどで離婚し、あるいは離婚調停中でシェルターなどに避難しているお母さんは、第3者に調停を依頼するとよいでしょう。前夫にとって、他人の子が自分の戸籍に入っていることは、何のメリットもありませんので、必ず、望みどおりの結果になるでしょう。


 なお、不測の事態で望まない妊娠をしたお母さんや真の父親に逃げられてしまいとても自分の力で子供を育てられないお母さんもご心労のあまり、最悪の決断をしてはいけません。養子縁組を無料で斡旋する公益法人も今ではいくつも立ち上がっています。里親になりたい方の方は、全ての諸経費で200万円位を用意することになりますが、実の母親の負担は全くありません。実の子と別れるのは悲しいことですが、本当に子供のことを思うのなら、養子縁組も選択肢の一つでしょう。


 生きとし生けるもの命の重さに差異はありません。出自はどうあろうとも、縁あってこの世に生を受けた子供の人権と福祉と健康を守ることが、お母さんを始めこの国の社会の務めなのです。