伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

友達にしたい人(徒然草より)

 徒然草は、鎌倉時代末期の兼好法師の随筆ですが、僧侶特有の無常観に基づく厭世思想が書かれているわけではありません。


 兼好法師は、今から700年も前の人とは思えないほどの論理的・合理的な思想の持ち主でした。
 徒然草に書かれているのは、法師の幅広く奥深い教養に基づく人生哲学なのです。


 兼好法師の哲学の根底にあるのは、人の寿命には限りがあり、しかもいつ何時寿命が尽きるかは誰も知ることはできない。だからこそ、今のこの一瞬すらも大事に生きなければならないとする人生観です。言い換えると、「時は金なり」どころか「時こそは命なり」とさえ言っているのであります。


 徒然草で、友について語られているのは第117段です。ここでは、先ず前段で友にしたくない者を7種類挙げて、後段で、友にするとよい者を3種類挙げております。


 良い友の三種類として、次のように記述されています。


「よき友三つあり。一つには、物くるる友。二つには、医者(くすし)。三つには、智慧ある友。」


 一人目の「物をくれる友」とは、そのまま読むといかにも物欲しげで俗物的に聞こえるので、学者によっては、これは兼好法師の冗談だとする説もありますが、私はそうは思いません。その理由については、最後に述べます。


 二人目の「医者」については異論はないでしょう。医師に限らず看護師や薬剤師などの医療関係者は病気の苦痛を和らげ、場合によっては、寿命を伸ばしてくれることもありえます。一人くらいは友達になっておきたいものです。


 三人目の「知恵ある友」にも異論はないでしょう。学者や弁護士その他の教養のある方と友達になっておけば、人生はより有意義で楽しいものになるでしょう。また、いざという時には不測のトラブルを解決してくれることも期待できます。


 最後に、改めて、一人目の「物をくれる友」について考察してみます。
 結論から先に言うと、兼好法師本来の思想から鑑みるに、ここでは単なる物欲しさを言っているのではなく、その物に込められた「気持ち」のことを言っているのだと解釈できます。


 兼好法師の時代、都では貨幣経済が主流になりつつありましたが、地方では、須らく物々交換で経済は回っておりました。つまり、「物」とは現在の「お金」とほぼ同義語だったのです。


 ここで、私のような貧乏書士がお金の話などすると、如何にもさもしい奴だと言われそうですが、そうではありません。お金を稼ぐためには、少なからぬ時間や労力が必要です。また、贈り物を選ぶには、相手が何を喜ぶかを考える想像力と思いやりとが必要になります。極言すると、相手の為を思って、自分の命や人生を消費しているとも言えるものなのです。
 それほど大事なお金や物であるからこそ、それらには、金額の多寡にかかわらず贈る人の「気持ち」が込められるのでしょう。


 先の東日本大震災において、義捐金10億円を寄付した大会社の社長がいます。片や、千円を寄付した小学生の女の子もいます。被災地救援のための効果としては、確かに10億円は千円の百万倍の価値があります。しかしながら、その義捐金に込められた「気持ち」に差異はありません。若しかすると、少女の方が上かも知れません。なぜなら、少女の千円は、家のお手伝いを一箇月もして、欲しいものを買うために漸く貯めたお小遣いだったのですが、自分の買いたい物を我慢して拠出したものなのです。同様のことは、南アジアの奥地にある貧しい山国の褞袍を着た王様が贈ってくれた百枚の毛布にも言えることでしょう。片や、社長の10億円は、根拠のない憶測になりますが、社長室に一箇月くらいふんぞり返っているだけで手に入るものだったのかもしれません。


 だからこそ、被災地の老婆が、義捐金を寄付する少女の映像に涙し、王様の毛布により身体だけでなく心まで温めることができたのでしょう。


 当事務所がご相談を承っているお客様は、失礼ながら経済的に余り恵まれてはいない方が大半です。そのような方から相談料を頂くことは殆どありません。
 本日、思いもよらず、ある相談者の方からとても高価な物が送られてきました。無料相談のお礼としては不相応なほどの物でもあり、やや心苦しくも感じましたが、徒然草の「物くるる友」に思いを致し、ありがたく頂戴いたしました。


 当事務所では、メール・電話・FAXによるご相談はすべて無料です。
 面談も、1時間以内であれば無料です。それを超えるようであれば、相談料として、缶コーヒーを2本ください。


 1本は私のために、もう1本は貴方のために・・・ 

行政書士無料相談会(名張市役所vs.当事務所)

 明日2月25日は、当事務所の所在する名張市主催の無料相談会があります。


 名張市では、行政書士による無料相談会を月1回開催しています。

 名張市民が対象で、1人1時間、1日6人限定の完全予約制です。

 結構、希望者が多く、抽選になることもあるそうです。

 因みに、来月の相談会は3月24日でその日は私が担当しますので、名張市内の方はふるってご応募ください。


 ご相談内容で、最も多いのは、相続手続きや遺言書作成に関することです。

 その程度のことなら、当事務所では、年中、1時間以内であれば無料でやっていますし、相談者のご要望に応じて出張相談も承っていますが、名張市ほどのお申し込みはありません。


 相談場所が役所でも事務所でも、回答する者は同一人ですので、回答内容そのものは全く同じですが、申し込みが市役所に集中するのは、知名度と競争原理とによるものと考えています。


 市役所主催となると、「お上のすることに間違いはないだろう。」と考える安心感があります。これに対し、聞いたこともない浜野総合事務所がしているとなると、いかにも胡散臭い。

 また、月1回6人限定と言われると、家電販売店の先着6名様限定のように競争原理が働きますが、当事務所のように年中やっていると有難味がありません。


 当事務所も営業活動として、知名度を上げるための方策を、このブログも含めていくつか実行していますが、なかなか思うような集客効果はありません。

 これからは、競争原理に基づくキャッチコピーを前面に押し出すのが有効ではないかと取り留めもなく考えています。


 例えば、


「先着6名様限定! 遺言書一式に香典袋3枚を付けて何とたったの〇〇円!! お電話は今すぐ・・・」


「先着ぅ~ 6人ならぁ~ ぅわ~ざ わざ 来てくれんでも~ え~のんや~ 電話ぁ~一本でぇ~ こっちからぁ~ 行~きまんがなぁ~」


 書いていて、自分でも馬鹿馬鹿しくなってきました。今夜はもう寝ます。(-_-)zzz

 

漢詩を作る(実践編)

    《春宵獨座吹笛麗人圖》


 それでは、前回に引き続き今回は、実際に五言絶句を正格の仄起式で一首作ってみましょう。

 たまたま、今日は、二十四節気の一つ「雨水」ですので、それに因んだものにします。

 詩の主題は、海の彼方の絶海の孤島で、たった一人で病と闘っている友人を力づけるものとします。


 五言絶句仄起式の基本公式は次のようになります。

 此処で、〇は平声、は仄声、◎は平韻を示します。


起句 〇〇 〇〇、(歌い起こし)

承句 〇〇 ◎。(起句の補足)

転句 〇〇 〇、(場面・発想の転換)

結句 〇〇 〇◎。(転句を受けると伴に、詩全体の主題を述べる)


 作詩前に、大まかな詩想を決めておきます。平仄に合う詩語を選んでいる内に詩想そのものが変化することもありますので、題名は、詩が完成してから付けることにします。


 作る順序は、どこからでも構いません。しかし、起句から始めるとだんだん使える漢字が少なくなって、一番重要な結句を作るのに一苦労します。私の場合は、殆ど結句から作ります。それも最後の三文字を最初に決めます。そうすることで、ここでは触れていませんが、正格・偏格が自動的に決まり、承句に使う韻字の種類も決まります。


 結句は、この詩全体を一貫するテーマの結論です。ここでは、雨水を迎え漸く春めいてきた自分の庭を眺めながら、南の島では既に多くの花が咲いていることだろうと想像して、療養中の友人には、その花を見て元気を出してもらいたいという思いを簡潔にまとめます。このとき、「元気を出せ。」と直接書いたのでは、要件を伝えるだけのメールと大差なく詩にはなりません。「多くの花が咲いているだろう。」と包括的かつ曖昧に述べるに留めたほうが余韻が残り、より詩情が深まります。


 結句の最後の三字には「百花開」を選びました。これで、韻は上平声「十灰」のグループに決まりです。その上の二字には「院落」を選びました。中庭という意味です。「中庭」とか「庭園」とかを使いたいところですが、それでは平仄が合いません。したがって、結句は「院落百花開」となります。


 転句は後回しにして、次に起句・承句で雨水を迎えた自分の庭のことを述べることにします。「雨水」は仄仄の並びなので、起句冒頭の二字に使うこととして、とりあえず、承句末の「十灰」に属する韻字を探します。「梅」があるのでこれを使うことにして、後は順次詩語を選んで承句は「東風綻白梅」に決定しました。「東風」は「春風」と同じ意味ですが、後で転句に「南海」が出てきたので、それと関連付けるため、敢えて「東風」に変更しました。「綻」は、花がほころぶという意味です。


 次に起句ですが、承句の「東風」と起句の「雨水」とは対をなす語ですので、ついでのことに起句は承句の対句になるように「雨水霑青柳」としてみました。「霑」は難しい漢字ですが、「湿」と同じ意味です。平仄の関係から止むを得ず採用しました。なお、ここの「雨水」は節気の雨水と本物の雨水とを掛けています。ちなみに対句とは、言葉の意味が相対しながら構文が揃って並んでいる二つの句のことを言いますが、四句からなる絶句では、対句を取る必要はありません。


 最後に転句ですが、前半で自分の庭の、ちまちました風景を詠み込みましたので、大きく発想を変えて、遥か遠くの南国にいる友人を思う心理を描写するため、「遙思南海島」としました。これにより、視線が足元から遥か遠くの海の彼方へと向かい、更に風景描写から心理描写へと発想が大きく変化します。


 題名は、雨水の節気に遠くにいる友人に贈るという意味で、「雨水寄故人」とします。


 これで以下の通り、全文が完成です。詩本文の20字を選ぶのにその10倍以上の漢字がエクセル画面上に散らばっています。ほぼ漢字の数だけ辞書も引いています。


 雨水寄故人


 雨水霑青柳
 東風綻白梅
 遙思南海島
 院落百花開


 訓読体は、次のとおりです。

 

雨水(うすい)、故人に寄(よ)す


雨水(うすい)は、青柳(せいりゅう)を霑(うるお)し、
東風(とうふう)は、白梅(はくばい)を綻(ほころば)す。
遙(はるか)に思う、南海の島、
院落(いんらく)に百花開くを。

 

 これで、一応完成です。推敲を続けていると次々に気になるところが出てきて収拾がつかなくなるので、このへんで見切りをつけます。


 ここまで我慢強く読み進んでこられた読者各位は、一つ疑問に思われることでしょう。


 「完成しても、結局は日本語の音読みや訓読みにするのなら、苦労して古代漢語発音の平仄に拘る必要などないのでは?」と。

 

 確かに、そのとおりなのです。近体詩というものは、千数百年前の唐人が当時の古漢語で声に出して読んでこそ、妙なる調べを奏でるものなのです。

 私のしていることは、生まれつき耳の聞こえない人が、音楽理論だけを頼りに作曲しているようなものなのです。


 しかしながら、詩に限らず、絵や書や器楽その他のあらゆる芸術も似たようなもので、傍から見れば単なる徒労に過ぎないでしょう。これを、とことん突き詰めると、人類は何故に存在するのかという究極の疑問に突き当たってしまうのです。


 本記事の冒頭、「麗人図」をご覧ください。

 この麗人は、誰かに聞かせるために笛を吹いているのではありません。自分自身の心を澄まし慰めるために、誰もいない閨房で唯一人吹いているのです。


 凡そ君子の楽しみというものは、そのようなものなのでしょう。


 ただ~ 麗人も、誰か聞いてくれる人がいれば、それはそれで嬉しいことでしょう。

 

 私の労作も、終生、本物の発音で聞くことができないのは、やはり少し悲しい・・・


  附言: 我欲您振作起精神來