伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

空手道天神流二番目の弟子

 
 一番弟子のT君に富士山麓で別れを告げて、関西都市部の新任地に赴いた私は、偶々、職場の裏庭に目立たぬ場所が有ったので、巻き藁を立てて、休憩時間ごとに一人修行に励んでおりました。


 ところが、この巻き藁、木材と藁でできているのですが、軽く突けば「パン、パン」という小さい音ですみますが、本気を出すにつれて、「ドン、ドン」「ズシン、ズシン」という重くて大きい音になり、最後には「キン、キン」といった金属音のように遠くまで響く音になってしまいます。


 姿は隠せてもこの音まで隠すことはできず、ついに部下に知られるところとなってしまいました。


 一本目の巻き藁が折れるころ、諸般の事情から、部下のA君に空手を指南することになりました。


 このA君、30歳独身で、ゲームが趣味と言う温厚無口で真面目な青年でした。


 かつての一番弟子のT君ほどの熱意はなく、1日30分程度の稽古を1箇月ほど続けてみました。


 そんなある日の朝、出勤時刻になってもA君が現れません。
 電話を掛けても出ないので、一人暮らしの身に何かあったのかと心配して、彼のアパートへ急行しました。


 4階にあるアパートのドアホンを何度も何度も押して、やっと鍵を開けたA君の部屋の中に入って驚きました。


 部屋の中は、殆どゴミ屋敷のように、物が堆く積み重なり、壁にはこぶし大の無数の穴が開いておりました。
 本人は、部屋の片隅に座り込んで、「雨が畳だから、猫も紫陽花で、車が喉から胃に落ちないんです。窓の外が階段だったら、下は空なんです。」といったような意味不明のことを呟いています。


 うつ病を疑った私は、早速、車で1時間のところにある精神科受診に同伴するとともに、自殺防止のため、山陰地方に居住するご家族に至急来訪されるようにと連絡しました。


 精神科の診断は、初回で病名を確定はできないので、「抑うつ状態」との診たてになりました。


 それから、ご家族の到着までの数日は、他の部下を交代でA君のアパートへ派遣し、24時間体制で監視して、彼の安全を確保しました。


 当時、抗うつ剤で余り効果のあるものがなく、A君の症状は必ずしも好転せず、有給休暇から病気休暇、その後休職となり、故郷での1年間に及ぶ長期療養生活が続きました。
 このままでは、失職と言う時期に至り、一旦復職してはみたものの症状が寛解することはなく、半日勤務も難しいという状態に陥り、ついに退職することとなりました。


 「田舎育ちのA君には都会の水は合わないのだ」という主治医の所見に従い、A君は故郷山陰の港町へと帰ってゆきました。


 彼を見送った後、私は、主の去ったアパートの壁に開いた穴を見つめて、さほど気心を知っていたわけでもないA君に空手など教えるのではなかったかと忸怩たる思いにとらわれました。


 あるいは逆に、教えられた空手の技で壁に穴をあけることが、彼のストレス解消になり自殺願望による最悪の事態を防止する効果があったと考えるべきだったのかもしれません。
 しかしながら、そのことは恐らくA君自信にも分かってはいなかったことでしょう。


 いずれにしても、一撃必殺の技を伝授するのは、相手の気心を知り、空手の修行を何のためにやりたいのかを見極めてからにすべきと、改めて肝に銘ずることになった、10数年前のほろ苦い思い出です。


 「空手は義の輔け、技術は心術に如かず」


空手道天神流の一番弟子


 ⓒ2011Nora


 十数年前、私の部下に、当時二十歳の誕生日を迎えたばかりのT君がおりました。


 このT君、副鼻腔炎(蓄膿症)やヘルニア(脱腸)などの持病を持ち、いい若い者でありながら、既に50歳を過ぎていた私よりも体力の劣る虚弱な青年でした。


 T君が私の部下であった期間は、丁度2年間でしたが、最初の1年は、病院嫌いのT君の持病治療を重点に指導しました。


 副鼻腔炎については、入院手術しましたが、医者の腕が悪かったのか、一度では治らず、都合3回も手術を重ねることになり時間はかかりましたが、まずまず大過なく治療を完了しました。


 難題は、ヘルニアの方でした。
 ヘルニア手術そのものは、さほど難しいものではありませんが、その前に下腹部の剃毛が必要になります。
 概して、剃毛は、新米の若い看護婦の仕事になります。
 T君、自分とほぼ同じくらいな年の若い看護婦に下腹部を見られたり触られたりすることを極度に嫌がっていました。
 更に、剃毛中に下腹部を弄られて、不測の事態が起こることなど考えると、恥ずかしいのを通り越して殆ど希死念慮に近いものがありました。
 病院とも相談し、すったもんだの挙句、漸く本人が自分で剃毛することで解決し、手術は、1回で成功しました。


 20年間、持病に苦しんできたT君、健康を回復したころ、アメリカ映画の「ベストキッド」に触発されて空手を始めることになりました。


 当時、私は自分が空手の使い手であることなど誰にも話してはいませんでしたが、どこからか聞きつけてきたT君のたっての願いにより、一手指南することとなりました。


 それから1年、ほぼ毎晩、T君と私の空手修行は続きました。
 道場は、芝生広場のこともあれば、アスファルトの路上もあり、ダンスフロアもありといった、場所を選ばず、あくまでも実戦を想定したものでした。日本最高峰富士山頂剣ヶ峰で稽古をつけたこともあります。


 親子ほども年の違う二人の修行風景は、殆ど、「ベストキッド」のセンセイ宮城とダニエルさん状態でありました。


 T君との修業が丁度1年になるころ、諸般の事情により、私はその地を去ることになりました。


 修業を終えるにあたり、私は、殆ど洒落で「大日本武徳会空手道天神流」と称する空手の一流派を起ち上げて最高師範に就任し、一番弟子のT君に初段の段位認定証を授与しました。


 その後、T君は地元の町道場に入門したそうです。
 その時、新弟子となったT君の技や型を具に目にした道場の黒帯連中から「いい型をしてますね~ 貴方は一体何段ですか?」と聞かれたとのことです。


 もっとも、町道場は営利組織ですので、いきなり昇段審査とはいかなかったようで、7級の昇級審査から始めて初段まで1年くらいかかったそうです。それでも3年以内で黒帯をとるのはその道場では異例に早かったとのことでした。


 それから幾歳月、今ではT君も、故郷の九州で父親の経営する町工場の常務取締役営業部長となり、家庭では高校の同級生である妻と子供二人に恵まれて元気に暮らしているそうです。


 今年の年賀状によれば、T君は、自社工場の裏に巻き藁(空手の稽古に使うための木の柱に藁を巻いたもの)を立てて、子供に空手を教えているとのことでした。


 人生の斜陽に立つ私が、これから新たに弟子をとることは有りえませんが、「ベストキッド」に端を発する我が天神流の精神は、代々引き継がれて行くことになりそうです。


 「我に落日有れども、我が流儀に落日なし」


よろず相談所からのお知らせ


 「伊賀山人」とは、世を忍ぶ仮の姿です。


 而して、その正体は、冒頭の名刺のとおり、よろず相談所の所長なのです。


 「世の中大抵のことは当事務所で片が付きます」 とは、当事務所のキャッチコピーです。


 法律上の制約もあり、当事務所で片の付かないことも、ままありますが、その際は誰に相談すればよいかをご案内しております。


 お客様最大の関心事は料金ですが、当事務所の料金はほぼ全国平均の価格です。

 ただし、相談料は1時間以内は無料ですし、メール・電話相談は全て無料ですので、結構お得感があります。


 専門家への相談料は、30分あたり、弁護士で5000円、その他の士業者で3000円位が相場です。


 いきなり相談に行くと何時間もかかることが珍しくありません。

 取りあえず、当事務所に相談して相談内容を絞りこんでから、ご近所の専門家に問い合わせれば、安上がりになるでしょう。

 当事務所へのご相談は、右記公式サイト内の「お問い合わせ」欄をご参照ください。

 この際、お名前はハンドルネームでも構いませんので、ご安心ください。


 また、当事務所の公式サイトでは、各種許認可申請のうち、簡単なものについては、リンク欄内に「自分でできる!コーナー」としてまとめていますので、どうぞご利用ください。


 以上、徒然なるよろず相談所からのお知らせでした。