伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

8×8=64の原則

 文筆を業とする者でも、その表現力には限界があり、自分の真意を表現できるのはせいぜい80%くらいでしょう。
 それを受け取る方の理解力にも限界があり、更にその80%を理解できれば上出来でしょう。
 即ち、発信側の真意が受信側に伝わるのは、64%が限界ということになります。残りの36%は殆ど誤解に過ぎません。


 それでは、64%の理解に入る文章が良いのかというと必ずしもそうではありません、1点の疑義もない文章というものは、学術論文や公文書のようなものであり、はなはだ味気ないものになってしまいます。


 本当に面白い文章というものは、実は、36%の誤解の中にあります。小説、詩歌、俳句と文章が短くなればなるほど、その傾向は強くなります。例えば、次の俳句を見比べてご覧ください。
 「鎌倉にツルがたくさんおりました」
 「閑さや岩にしみ入る蝉の声
 どちらが64%の理解で、どちらが36%の誤解かは一目瞭然でしょう。
 誤解が有るが故に、意味が深まり受信者の想像力を掻き立てるのです。歌の文句などは敢えて曖昧な誤解を招く領域で作成することにより、聞き手の更なる誤解を醸し出し、人それぞれの人生観に基づく解釈を引き出して共感を得られるのです。


 ここで注意を要するのは、誤解の領域である以上、同じ歌詞であっても、善意の聞き手であれば好感を持つとしても悪意の聞き手であれば嫌悪感を抱くことになる点です。


 受信者がどう感じるかは、発信側の意図とは関係なく、受信側の心理状態によります。感じ方は人それぞれですが、その結果は実は受信者の心理状態を現していることが多々あるのです。
 心理テストの一つにロールシャッハというものがありますが、インクの染みなどでクライアントの感想を聞いてその深層心理を探るものです。このインクの染みは、特に作為したものではありませんが、クライアントの心を映す鏡となります。全く同じ染みが、人により、天使に見えることもあれば悪魔に見えることもあります。悪魔に見えていたものが時間の経過とともに天使に変わることもあります。


 36%の誤解領域は、面白いものである半面、受信側の反発を買う危うさもあります。このことが、ブログ炎上の要因の一つともなるのでしょう。
 次の会話を読んで、洒落として笑える人は、他人の記事を理屈抜きで楽しむことができるでしょう。怪しからんと憤る人は、残念ながら36%の誤解を楽しむことは難しいでしょう。


「婆あ~さんや~ あそこを通るのは山田さんではないか~?」
「いいえ、お爺いさん あれは山田さんですよ~」
「あ~ そ~か~、わしはまた 山田さんかと思ったよ~」 


 

DNA鑑定について

 徒然なる当事務所は、DNA鑑定も業務の一つとしています。
 DNA鑑定には、家族用と裁判用との2種類があります。どちらも鑑定結果そのものは同じですが、裁判用の場合には証拠性を担保するためにサンプル採取にあたっては利害関係のない第三者の立会いが必要となります。当事務所は、その立会いを担当しているだけで、鑑定そのものは米国ミズーリ州のPTC研究所で行っています。


 DNA鑑定で最も多いのが、父子鑑定です。母親が母子関係を疑うことは滅多にありませんが、父親が疑うことはよくあります。特に結婚前の彼女が妊娠した場合で、しかも彼女が複数の男と付き合っていたとしたなら、間違いなく疑われます。鑑定を依頼する方としては、父子関係を否定したい場合のほうが多いようですが、たまには逆の場合もあります。


 地方小都市に居住する商社マンのAさんは、20年以上前に東南アジアのF国に赴任していたことがありました。現地で日系F人のB子さんと仲良くなりました。Aさんは、B子さんに結婚を申し込み日本で暮らすことを願っていましたが、B子さんには病気がちな両親や年老いた祖父母の介護など家庭の事情があり、日本へ来ることはできませんでした。商社の赴任期間が終わり、この時すでに妊娠していたB子さんを残して後ろ髪をひかれる思いでAさんは帰国しました。その後、B子さんから、無事女の子を出産し、ritaと名付けたとの知らせがありました。


 それから20年、F国では数千人が犠牲になる未曾有の大洪水に襲われました。B子さんと連絡を取れなくなったAさんは矢も盾もたまらず、F国に飛んで行きました。そこにB子さんの家は跡形もなく、方々を訪ね歩いて奇跡的に助かったritaさんに漸く巡り合うことができました。家族は、B子さんを含め全員が行方不明、その後の捜索でも救助することはできませんでした。
 Aさんは、悲しみに打ちひしがれるritaさんのパスポートとビザを取り日本へ連れて帰りました。


 年明けの正月早々、Aさんから父子DNA鑑定の依頼がありました。F国籍のritaさんは3箇月の観光ビザで入国しているため、より長期の在留許可を得るために父子であることを証明する必要があったのです。ゆくゆくは永住、帰化も視野に入れていたようです。


 私は、海岸に立つ瀟洒なA邸を訪れました。DNA鑑定は、まず本人確認から始めます。Aさんのパスポートは5年ほど前のもので、現在は写真よりもやや髪の毛が薄くはなっていますが問題ありません。ritaさんのパスポートの写真は家族を失った直後に撮影したもののようで、その悲しげな表情が胸を打ちました。その日、丁度二十歳の誕生日を迎えたritaさんは、小麦色の肌をした沖縄のアイドル歌手のような可愛い風貌です。日本語の分からないritaさんに私は英語で話しかけました。なお、自慢ではありませんが、私の英会話は、フィンランド人の宣教師から教わりアラバマ州兵の南部訛りや黒人訛りで磨きをかけたという、かなりな出鱈目英語です。それでも気は心で通じるので問題ありません。


 本人確認は厳正であることを要します。私は、眉間にしわを寄せて、ritaさんに通告しました。
 「ミスリタ、ヨ~ア~ディファラン フロム ドゥレイディンディスピクチュオ~」
 (ritaさん、貴女はこの写真の人物ではない。)


 彼女の顔色がさっと青ざめます。私は続けて言いました。
 「ドゥレイディズ グッルッキング、 バッナウ ヨ~ア~ グッルッキング ソ~マッチ! ノ~プロブレム」
 (写真の人物は別嬪さんだが、今のあなたはもっと別嬪さんです! 問題ありません。)


 彼女は、「サンキュ~ ソ~マッチ!」などと言いながら、キャッキャと声を上げて喜びました。


 滞りなくサンプル採取を終えて、お別れの時がきました。海の彼方の常夏の国から日本に来て風邪をひいてしまったritaさんも折からの小雪のちらつく中を、門まで見送ってくれました。
 庭の花壇には枯れた花が綿帽子を被って立っていました。
 それを指さして私は言いました。


 「イッツ コールゥナウ トゥデイ、 バッス~ン ウォ~ムスプリング ハズカム トゥ ディス フラワガーデン ウィズ メニ~カラ~ペインツ オンハ~ ショウルダ~、 エン サートゥンリ~ ハッサマ~ シュッカム ウィズ ホウプフル サンシャイン、 ドン ウォ~リ~」
 (今はどんなに寒くても、間もなく暖かい春がペンキを肩に此の花壇にやって来ます。そしてその後には必ず、希望に満ちた輝く夏が来ます。何も心配はいりません。)


 「グッバイ ヨール、 ハバ ナイス ライフ!」
 (皆さんさようなら ご多幸を祈ります!)


 彼女が答えました。
 『サンクッ センセイ、 ガッブレスユ~!」
 (ありがとう先生 神のご加護を!)


 冬将軍の足音が近づき風邪が流行る季節になると、今でも時々この親子のことを思い出します。国際結婚や帰化には家庭の事情や両国の法律の壁があり、相当な困難が伴うものです。この親子が、今どうしているかは知る由もありませんが、末永い幸せを祈らずにはいられません。

カラテ対クマ

【伊賀山中での自然石割り風景】


 今は昔、日本空手協会を創設された中山正敏首席師範から空手の手ほどきを受けました。それから既に半世紀、今でも私は修行を続けています。


 いつの頃か自然石をも手刀の一撃で割ることができるようになりました。そして、この石割の技を使えばクマと戦っても勝てるような気がしてきました。


 無益な争いは空手家の望むところではありませんが、しばしば在所に降りてきて人畜に被害を及ぼすクマを見過ごすことは空手家の良心が許しません。


 「拙者とて空手家の端くれ。空手家の面目にかけてクマを倒す!」
と、決意を固めて伊賀山中に分け入りました。


 ところが、しばしば山里を徘徊するクマですが、いざ山の中で探すとなると、なかなか見つかるものではありません。
 日も傾き始めたころ、漸く、山頂付近の山小屋で一頭のクマを発見しました。空手家はクマに駆け寄り叫びました。 


 「この狼藉者め! 必殺石割りの秘技を受けてみよ!」


 空手家は「打倒クマ!」に燃えていたのですが、クマの方は「打倒カラテ!」に燃えてはいなかったようで、勝負にはなりませんでした。


【伊賀山中で発見したクマ】


追記: 試合の申し込みはお断りします。私が修行しているのは、あくまでも武術としての実戦空手です。一旦、義を見て立つ秋には、命のやり取りを伴う果し合いになってしまいます。一定のルールの下で限られた技を競うスポーツ空手に興味はありません。