伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

見上げてごらん夜の星を:仰望夜星空


 「見上げてごらん夜の星を」(みあげてごらんよるのほしを)は、1960年に初演された同名ミュージカルの劇中主題歌として、作詞は永六輔、作曲はいずみたくが担当してコーラス用に作られた楽曲です。
 その3年後の1963年、この舞台を見た日本の歌手坂本九が「ぜひ自分にもやらせてほしい。」と永六輔に懇願し、主役を務めるとともに、この曲をカバーして1963年5月1日に、シングルレコードとして発表して大ヒットとなりました。


 坂本はミュージカルの再演と同名映画でも夜学生を主演し、地方から東京へ集団就職し定時制高校に通っていた生徒たちは、この名曲に励まされたといいいます。
 なお、いずみたくによると同曲はレコードで聴くというよりは自分でなんとなく口ずさんでしまいたくなる曲であり、ヒットのわりにはレコードはあまり売れなかったと語っています。


 坂本は本楽曲で1963年末の「第14回NHK紅白歌合戦」に3回目の出場を果たし、その時は感極まり目をつむって熱唱しました。
 また、1969年の「第20回NHK紅白歌合戦」でも坂本によって歌唱されています。


 坂本 九〔さかもと きゅう、本名は大島 九(おおしま ひさし)、愛称は九ちゃん(きゅうちゃん)〕は、 1985年8月12日、大阪で立候補した友人(元マネージャー)の選挙応援に行く途中、搭乗した羽田発伊丹行きの日本航空123便墜落事故により、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)で43歳の生涯を閉じました。
 坂本は本来、国内移動には日本航空(JAL)ではなく必ず全日空(ANA)を使っており、所属プロダクションや妻の由紀子も「手配は必ず全日空で」と指定していました。
 しかし、当日は偶々全日空便が満席で、飛行機やホテルなどを手配した立候補者側が準備できた日本航空に仕方なく乗り合わせて事故に遭遇しました。


 坂本の本名「九」は、父親の第9子(後妻であった実母にとっては3番目)として誕生したことにより名付けられたものです。
 「御巣鷹の尾根」で坂本の遺体が発見された時間が墜落から99時間後、棺番号が333、司会を務めていたクイズ番組は99回で放送終了、北海道で放送されていた福祉番組サンデー九は9年間務めあげて終了と、偶然にも9という数字が重なっていました。
 また、後に、永六輔は滞在していた北海道から坂本の法事に向かおうとしたところ、偶然隣りに座った女性の夫が医師で坂本の検死をしたと打ち明けられ、坂本の法事に出席するまで鳥肌が止まらなかったと語っています。
 
 32年前の今日、坂本九は星になりました。



見上げてごらん夜の星を  仰望夜星空
                               原唱:坂本九
見上げてごらん 夜の星を      仰望著看 晚上的星星
小さな星の 小さな光が       微小的星星的 渺小的光芒
ささやかな幸せを うたってる    細細地唱著 微小的幸福


見上げてごらん 夜の星を      仰望著看 晚上的星星
ぼくらのように 名もない星が    像我們 無名的星星
ささやかな幸せを 祈ってる     祈禱著 微小的幸福


手をつなごう ぼくと        牽著我的手吧
追いかけよう 夢を         追求夢想吧
二人なら 苦しくなんかないさ    只要兩個人 就不會辛苦了


見上げてごらん 夜の星を      仰望著看 晚上的星星
小さな星の 小さな光が       微小的星星的 渺小的光芒
ささやかな幸せを うたってる    細細地唱著 微小的幸福


見上げてごらん 夜の星を      仰望著看 晚上的星星
ぼくらのように 名もない星が    像我們 無名的星星
ささやかな幸せを 祈ってる     祈禱著 微小的幸福




見上げてごらん夜の星を(坂本九)


星星知我心(星は私の心を知っている)

 夢でお逢いした貴方の為に、今夜も星に因んだ楽曲をご紹介します。
 立秋ともなり、伊賀満天の星空もどことなく秋めいて……
 と書き続けたいところですが、伊賀は今夜も雨です。



 「星星知我心」は、元々台湾で1983年8月15日から同年10月14日までの2箇月間放映された同名の連続テレビドラマの主題歌として発表されたものです。
 このドラマは、「情節、人の肺腑に感ぜしむ 人をして熱涙を流さしむ」と絶賛されて大反響を引き起こし、蔡幸娟小姐の歌う主題歌も大ヒットとなりました。
 
 この楽曲の作詩は楊英明、作曲は李子恒で、歌詞の内容は遠くにいる恋人を思いつつ星に願いを託す乙女の寂しい心情を詠じたものです。


 なお、1958年に平尾昌章が歌ってヒットした『星は何でも知っている』の直訳バージョンも同じ曲名「星星知我心」が付けられており、台彎語版と台灣國語版とがそれぞれありますが、それらの曲とは全く別物です。



 星星知我心
 星は私の心を知っている

昨夜 多少傷心的淚湧上心頭 
只有星星知道我的心
今夜 多少失落的夢埋在心底 

只有星星牽掛我的心
星星一眨眼 人間數十寒暑 

轉眼像雲煙 像雲煙 
像那浮雲一片 訴說歲月的延綿 
生命的盡頭不是輕煙
我把切切的思念 寄託星光的弗遠 

希望你已知道我心願
昨夜はいくつもの悲しい涙が心の中に湧き上がってきた
ただ星だけが私の心を知っている.
今夜はいくつもの失われた夢が私の心の底に埋もれている 

ただ星だけが私の心を気に掛けてくれる
星の一瞬の瞬きにも似た 人生数十年 

振り返って見ると雲か霞… 雲か霞のようだ 
まるであの浮浪雲のようだ だけど歳月は連綿と続いている 
また生命は最後まで軽い霞なんかではない
私のこの切々たる思いを 傍に降り注ぐ星の光に託して伝えたい 

既に貴方が私の心からの願いを知っていることを希望しながら




蔡幸娟 - 星星知我心


 

夢で逢いましょう:在夢中相逢吧


 「夢で逢いましょう」は、1961年4月8日から1966年4月2日まで毎週土曜日の夜放送された日本放送協会(NHK)のバラエティ番組「夢であいましょう」(同名であるが、「逢」が「あ」と表示されていた)の主題歌です。


 作詞:永 六輔、作曲:中村 八大のコンビによる作で、愛称「おスミ(さん)」と呼ばれて親しまれているラテン・歌謡曲の歌手坂本 スミ子が演唱したものです。
 この曲は、非常に短く覚えやすい楽曲で、50年以上前のまだテレビの普及していない当時でもこの歌を知らない人はいませんでした。


 遥か遠くの朋友に思いを寄せて、おスミさんの演唱でご紹介します。



  夢で逢いましょう   在夢中相逢吧


  夢であいましょう        在夢中相逢吧
  
夢であいましょう        在夢中相逢吧
  
夜があなたを抱きしめ      夜晚和善地擁抱你
  
夜があなたに囁く        夜晚再低聲私語你


  嬉しげに 悲しげに       看起來高興 看起來悲哀
  
楽しげに 淋しげに       看起來快樂 看起來寂寞


  夢で夢で 君も僕も       在夢中在夢中 君和我都
  
夢であいましょう        在夢中相逢吧


  



『夢であいましょう』歌坂本スミ子