伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

翼をください(給我一對翅膀)


 「翼をください」(つばさをください)は、日本のフォークグループの「赤い鳥」(1969年 - 1974年)が1970年に演唱し、翌1971年にシングルレコードとして発表した楽曲で、作詞は山上路夫、作曲は村井邦彦が担当しています。


 この曲は、1970年11月に三重県志摩郡浜島町(現:志摩市)にある総合リゾート施設「合歓の郷」(ねむのさと)で開かれた、ヤマハ音楽振興会が主催するプロ作曲家の音楽コンテスト「合歓(ねむ)ポピュラーフェスティバル'70」(後の「ポプコン」)のために作られたものです。


 この楽曲を「赤い鳥」が公の場で演唱したのはこの時が初めてで、作曲家の村井邦彦は「川上賞」(振興会創設者の川上 源一の名を冠した賞)を受賞し、「赤い鳥」は歌手部門で「新人奨励賞」を受賞しています。


 歌詞の内容は、「翼を付けて悲しみの無い大空へ飛んで行きたい。」と詠ずるもので、ある意味現実逃避を表現しています。
 これは、1970年代の安保闘争や学園紛争に揺れた時代背景から生ずる若者の憂愁や厭世観を、ヒューマニズムを詠ずることを得意とする当時34歳になったばかりの作詞家の山上路夫が夢想的かつ象徴的に表現したものです。


 この曲は元々作曲コンクールの為に作られたことから、「赤い鳥」としてはあまり重要な楽曲とは見做していなかったようで、翌1971年2月5日 にシングルレコードとして発表した時には、「竹田の子守唄」のB面曲として収録されています。


 歌詞の内容がメルヘンチックではあるものの決して明るいものではないことから、発表時にもそれほどヒットはしていませんが、その後徐々に人気が高まり、寧ろ1974年に「赤い鳥」が解散してからの方が評価が上がって、学校の音楽の教科書に採用されて教育の場でも使われるなど、既に解散している「赤い鳥」の代表曲となりました。


 この楽曲には、編曲はフォーク調からロック調、歌詞も一部省略したものから逆に繰り返しを増やしたものなど様々なバージョンが存在します。


 今回は、伊賀山人が某大4学年であった1972年(昭和47年)に、某大開校祭前夜祭に招待した当時まだ期待の新人グループであった「赤い鳥」が演唱したのと同じライブバージョンでご紹介します。


 この前夜祭には、伊賀山人は空手の模範演武で参加しましたので、リハーサルから本番まで「赤い鳥」と行動を共にしていました。
 それまで開校祭に招いた歌手の殆どは、リハーサルでは音合わせをするだけで殆ど歌う人はいませんでしたが、このグループに限っては、リハーサルでも全員でフルコーラスを歌っている真摯な姿が印象的でした。
 また、リハーサル時の服装は普段着のジーンズにジャケット姿でしたが、リハーサル後ステージ衣装に着替えてくるといって楽屋に下がりました。
 所詮はフォークグループですので、それほど煌びやかな衣裳ではあるまいと思っていましたが、再び現れた彼らの姿を見て驚きました。
 確かに着替えてはいますが、リハーサルの時と大差さない普段着のジーンズにジャケット姿でした。
 新調した普段着なのか、それとも何かのブランド物なのか、いづれにしても観客席から見てもその違いは分かりません。
 本番を迎えるにあたって、先ずは形を整えて精神を集中するというプロ意識の現れであったように、半世紀近くを経た今になって思っています。



 翼をください
 給我一對翅膀
               作詞:山上路夫 作曲:村井邦彥 演唱:赤い鳥


いま私(わたし)の願(ねが)いごとが
かなうならば    翼(つばさ)がほしい
この背中(せなか)に    鳥(とり)のように
白(しろ)い翼(つばさ)つけてください

如果我的心願能夠實現
希望上天給我一對翅膀
就像鳥兒一樣在我背上
讓我有一對雪白的翅膀


この大空(おおぞら)に    翼(つばさ)をひろげ
飛(と)んで行(ゆ)きたいよ
悲(かな)しみのない    自由(じゆう)な空(そら)へ
翼(つばさ)はためかせ    行(ゆ)きたい

好想在這片廣闊天空之上
盡情展翅飛翔
向著沒有悲傷的自由天空
讓風托起翅膀  飛向遠方


<間奏>


いま富(とみ)とか名譽(めいよ)ならば
いらないけど    翼(つばさ)がほしい
子供(こども)の時(とき)    夢見(ゆめみ)たこと
今(いま)も同(おな)じ    夢(ゆめ)に見(み)ている

與其給我財富或者名氣
寧願上天給我一對翅膀
小時候曾經做過的夢想
如今還在我的心上


この大空(おおぞら)に    翼(つばさ)をひろげ
飛(と)んで行(ゆ)きたいよ
悲(かな)しみのない    自由(じゆう)な空(そら)へ
翼(つばさ)はためかせ…

好想在這片廣闊天空之上
盡情展翅飛翔
向著沒有悲傷的自由天空
讓風托起翅膀…
 


この大空(おおぞら)に    翼(つばさ)をひろげ
飛(と)んで行(ゆ)きたいよ
悲(かな)しみのない    自由(じゆう)な空(そら)へ
翼(つばさ)はためかせ…

好想在這片廣闊天空之上
盡情展翅飛翔
向著沒有悲傷的自由天空
讓風托起翅膀…
 


この大空(おおぞら)に    翼(つばさ)をひろげ
飛(と)んで行(ゆ)きたいよ
悲(かな)しみのない    自由(じゆう)な空(そら)へ
翼(つばさ)はためかせ    行(ゆ)きたい~

好想在這片廣闊天空之上
盡情展翅飛翔
向著沒有悲傷的自由天空
讓風托起翅膀  飛向遠方~




赤い鳥 翼を下さい(ライヴ)


蒹葭(けんか:詩經-風-秦風)


 「蒹葭(けんか)」は、支那最古の詩集である「詩経」に収録されている詩の一つです。


 「詩経」は、紀元前11世紀から紀元前7世紀にかけての詩を収めたもので、伝承によれば,孔子(こうし、紀元前552年9月28日‐紀元前479年3月9日)が門人の教育のために、当初3000篇あった膨大な詩篇を311篇(うち6篇は題名のみ現存)に編成しなおしたとされています。


 「詩経」は、周代(紀元前1046年頃 - 紀元前256年)前半の詩を集めて作られたため「周詩」とも呼ばれていますが、元々は舞踊や楽曲を伴う歌謡であったと言われています。
 その構成は、黄河流域各地の民謡を収めた「風(ふう)」と、周の朝廷の宴会で歌われた「雅(が)」と、祖先の廟前で奏せられた「頌(しょう)」の三つに大別されます。
 「風」は、更に国や地域ごとに15の「国風」に区分されています。


 「蒹葭(けんか)」は、「国風」の中で、「秦(支那統一以前の『先秦』)」の小唄や民謡を収めた「秦風」の中の1詩です。

 筆者注:

 「蒹葭」とはオギとアシの意で、共に水辺に生える草で、その形はススキによく似ています。

 「蒹」がオギのことで、茅葺き屋根の材料になる草です。

 「葭」はアシのことで、スダレやヨシズの材料になる草です。


 この詩の内容は、会いたくても会えない「伊人(この人)」への尽きせぬ思慕の情を詠じたものです。
 「伊人(この人)」が具体的に何を指すのかについては「詩経」に説明はなく、古来様々な解釈がなされています。
 単純に「恋人」とする説、世俗を離れて隠棲した「賢者」とする説、秦に占領された周の旧領に取り残された周人の周の盛時への懐いを象徴しているとする説などがあります。
 また或いは水難で世を去った人とも解釈できる含蓄のある深遠な詩になっています。


 今回は、この3000年近くも前の詩に曲を付けて演唱しているものをご紹介します。
 作曲は黒竜江省出身の音楽家「Winky詩(1991年1月ー)」、古箏(こそう、グーチェン:琴のような楽器)の演奏と演唱は台灣の懷舊配音聯盟所属の女歌手「天涯初霽(てんがいしょせい)」です。


(白文)
 蒹葭


蒹葭蒼蒼,白露為霜。
所謂伊人,在水一方。
溯洄從之,道阻且長。
溯游從之,宛在水中央。


蒹葭萋萋,白露未晞。
所謂伊人,在水之湄。
溯洄從之,道阻且躋。
溯游從之,宛在水中坻。


蒹葭采采,白露未已。
所謂伊人,在水之涘。
溯洄從之,道阻且右。
溯游從之,宛在水中沚。


(訓読文)
 蒹葭(けんか)


兼葭蒼蒼(そうそう)たり 白露霜と為(な)る
所謂(いはゆる)伊(こ)の人 水の一方に在り
溯洄(そくゎい)して之に從はんとすれば 道阻(そ)にして且つ長し
溯游(そいう)して之に從へば 宛(ゑん)として水の中央(ちゅうあう)に在り


兼葭萋萋(せいせい)たり 白露未だ晞(かは)かず
所謂伊の人 水の畔(ほとり)に在り
溯洄して之に從はんとすれば 道阻にして且つ躋(のぼ)る
溯游して之に從へば 宛として水(みづ)の中坻(ちゅうち)に在り


兼葭采采(さいさい)たり 白露未だ已まず
所謂伊の人 水の畔(ほとり)に在り
溯洄して之に從はんとすれば 道阻にして且つ右(みぎ)す
溯游して之に從へば 宛として水の中沚(ちゅうし)に在り


(口語訳)
 水辺の草


水辺の草は青々と茂り 白い露は霜となる
我が思うこの人は 川の向こうに居る
川を遡って行こうとすれば 道は険しくかつ遠い
流れに随って渉って行けば あたかも川の中央にあるように面影が浮かぶだけ


水辺の草は寒々と茂り 白い露はまだ乾かない
我が思うこの人は 川のほとりに居る
川を遡って行こうとすれば 道は険しくかつ急峻である
流れに随って渉って行けば あたかも川の中州にあるように面影が浮かぶだけ


水辺の草は盛んに茂り 白い露はまだ降りやまない
我が思うこの人は 川の岸辺に居る
川を遡って行こうとすれば 道は険しくかつ遠くへ廻っている
流れに随って渉って行けば あたかも川の中州のほとりにあるように面影が浮かぶだけ




蒹葭 By 天涯初霽 / Winky詩(所謂伊人,在水一方)


 追記:

 1975年に公開された台灣映画「在水一方」の主題歌として、台灣の女歌手の江蕾(コウ ライ 1952年-)が演唱している同名の楽曲は、この「蒹葭」の詩を翻案した純粋な恋歌です。



ひとつ(一起)

 【岡山県倉敷市真備町 2018.7.8】


 此の度の大雨では、伊賀山人の故郷岡山でも甚大な被害を受けました。

 ここに謹んで、犠牲になった方々のご冥福を祈り、傷病を負われた人々の迅速な快復と、被災地の一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。 

                      伊賀山人敬白


 今回の記事は、2011年12月31日に放送された『第62回NHK紅白歌合戦』において、日本のシンガーソングライター長渕剛が、その年3月に発生した東日本大震災の被災地石巻市から中継出演して演唱した『ひとつ』をご紹介します。


 この曲は、震災直後から長渕が被災地を訪れて歌っていた曲ですが、CD化して発売したのは、翌2012年2月1日 のことでした。
 発売後、ファンの間では「乾杯」に代わる新たなウェディングソングとして広まっているようですが、この曲は元々は被災者への応援ソングとして作られたものです。


 今回は、2011年『第62回NHK紅白歌合戦』の時の録音でご紹介します。



 ひとつ
 一起
           作詞・作曲・演唱:長渕剛


ひとりぼっちに させてごめんね
もう二度と
離さない 離れない 離したくない

讓孤零零一人做抱歉
已經再
不隔開你 不偏離你 不想隔開你


君によりそい そばに生きるよ
もう二度と
忘れない 忘れさせない 忘れたくない

挨近你因你的一方而生動
已經再
我不忘記 不讓你忘記 不想忘記你


悲しみは どこから やってきて
悲しみは どこへ 行くんだろう
いくら考えても わからないから
僕は悲しみを 抱きしめようと 決めた

悲傷 從哪裡來
悲傷 去哪裡吧
無論怎麼考慮也不明白
我決定了 打算擁抱悲傷


ひとつになって
ずっといっしょに 共に生きる
ひとつになって
君と生きる 共に生きる

在一起
一直一同生活於一起裡
在一起
與你活的 一同活


(間奏・台詞)


月のしずくが 涙にゆれて
海に光る
逢いたくて 逢えなくて それでも僕は探した
星が降る夜 君を想い
ずうっと 歩いたよ
明日きっと 明日きっと しあわせになれるね

月的水滴 眼淚搖曳
在海上閃亮
想見 不能遇見 儘管如此我尋找了你
星落下的夜晚 我想你
永遠走了
明天一定 明天一定能得到幸福


永遠のしあわせは どこから やってきて
永遠のしあわせは どこへ 行くんだろう
いくら考えても わからないから
僕は悲しみを 抱きしめようと 決めた

永遠幸福 從哪裡來
永遠幸福 去哪裡吧
無論怎麼考慮也不明白
我決定了 打算擁抱悲傷


ひとつになって
ずっといっしょに 共に生きる
ひとつになって
君と生きる 共に生きる

在一起
一直一同生活於一起裡
在一起
與你活的 一同活




ひとつ 長渕剛 2011紅白 YouTube