伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

獨上西樓(独り西楼に上れば)


 「獨上西樓」は、東洋の歌姫と称された台灣の歌手鄧麗君〈デン・リージュン:テレサ・テン〉(1953年1月29日 - 1995年5月8日)が1983年に発表したアルバム「淡淡幽情」に収録されている楽曲です。
 このアルバムは、今から約1000年前の宋代の詞(し:ツー)12篇に現代のメロディを付けて演唱したものを収録しています。
 この「獨上西樓」には、台灣の作詞・作曲家の劉家昌(1940年4月13日-)が曲を付けています。


 詞(し:ツー)とは、宋代に隆盛を見た韻文詞で、1首の中の各句の文字数や、平仄(アクセント)、押韻などが厳格に規定された韻文で、元々は既成の曲に合わせた替え歌のようにして作られたものです。
 詞(し:ツー)のために作られた曲の名称を「詞牌」といい、詞牌の数は全部で826調ありますが、同一詞牌で形式の異なるもの(同調異体)を数えると2306体あると言われています。
 それぞれの詞牌を区別するために、「虞美人」、「竹枝」、「鶯啼序」などの曲名が付けられています。
 詞(し:ツー)は、それぞれの詞牌ごとに定められた形式に従って作られますが、その内容は必ずしも詞牌の曲名通りとは限りません。
 詞の内容が詞牌の曲名と異なる場合には詞牌の下に詞題が添えられたり、小序が作られたりしました。


 「獨上西樓」の原詞は、五代十国時代に長江下流域にあった小国「南唐(江南)」の第3代(最後)の国主で、後に李 後主とも呼ばれることになる李 煜(り いく:937年8月15日~978年8月13日)の作品です。
 この詞の詞牌としての原題は、「烏夜啼」ですが、「相見歡」ともいわれています。
 この二つの詞牌は、異調同形、つまり平仄・押韻が同じで曲調が異なっています。
 宋代の曲が失われている現代では、どちらであるとも断定できないため、2つの詞牌で伝わっています。
 なお、詩語としては、「烏夜啼」は男女の別れを、「相見歡」は男女の出会いをそれぞれ象徴しています。


 李 煜は、文学的・芸術的な才能に優れた人でしたが、君主としての政治的能力はほとんどなく、この当時北西方の強国「宋」の圧力に屈して、自身の江南国の都:金陵(現江蘇省南京市)から、北西にある宋国の都:開封(現河南省東部開封市)に連行されて軟禁生活を送っていました。


 「獨上西樓(烏夜啼) 」は、李 煜が深まりゆく秋の一夜、西の高殿に登って故郷で別れた人に思いを致し、無限の離愁を詠じたものです。
 「西楼」とは、西方に太陽や月が沈むのを眺める高殿で、郷愁や離愁などの憂いを詠ずるのに適しています。
 李 煜の故国江南は、宋の東南の方向に在りますので、彼が実際に登ったのは東楼か南楼の可能性が大ですが、離愁を詠ずる場合には「西楼」とするのが約束事のようです。


 なお、テレサのアルバム「淡淡幽情」には、李 煜の詞が「獨上西樓」のほか、「幾多愁」、「臙脂涙」と併せて3篇が収められています。



(白文)
烏夜啼        
 
無言獨上西樓,
月如鈎。
寂寞梧桐深院 鎖淸秋。


剪不斷,
理還亂,
是離愁。
別是一般滋味 在心頭。



(訓読文)
烏夜啼(うやてい)


言無(げんな)く 獨(ひと)り 西樓(せいろう)に上(のぼ)れば,
月 鈎(かぎ)の 如し。
寂寞(せきばく)たる 梧桐(ごとう)の 深き院 清秋を鎖(とざ)す。


剪(き)りても 斷(た)てず,
理(ととの)へども 還(ま)た 亂(みだ)るるは,
是(これ) 離愁(りしゅう)。

別に是 一般の滋味(じみ)の 心頭(しんとう)に在り。


(口語訳)
烏(からす)が夜啼く(独り西楼に上れば)


無言で独り西側の高殿に上れば、
三日月が鈎のように見える。
靑桐や桐の繁る寂しげな奥庭には、薄ら寒い秋が閉じ込められている。


剪っても断ち切れず、
整えても、またすぐ乱れるのは、
この別離の愁いである。
他にもまた一種独特の味わいが、心の中に在る。


 

獨上西樓 - 李煜 / 詞、鄧麗君 / 唱


 追記:

 蛇足ながら、動画の中の月が満月になっているのは間違いです。

 ここでは、三日月でなければいけません。

 また、詞中の「一般滋味」を「一番滋味」としていますが、そのように伝える本もあります。


又見炊煙(また炊煙を見る:里の秋)


 《又見炊煙》は、台灣の歌手鄧麗君(テレサ・テン、1953年1月29日 - 1995年5月8日)が1978年8月に同名のアルバムの中の主題曲として発表した楽曲です。


 このアルバムは、日本の楽曲を東南アジアの漢文化圏に紹介する目的で製作されたもので、収録されている12曲全てが日本の楽曲に漢訳の歌詞を付けたものです。


 《又見炊煙》は、1945年(昭和20年)12月24日に発表された日本の童謡で、斎藤信夫(1911年3月3日-没年不詳)の作詞に海沼実(1909年1月31日 - 1971年6月13日)が曲を付けて童謡歌手川田正子(1934年7月12日 - 2006年1月22日)が演唱した《里の秋》に、台湾の作詞家である莊奴(1921年2月22日-2016年10月11日)が、歌詞を翻案して付けたものです。


 歌詞の内容は、原詞とは異なっており、農村の美しい風景の中に立ち上る民家の炊事の煙を擬人化して思いを寄せる人が去って行く姿に擬え、「どれほど景色が美しくても、私の心の中にはただ炊煙のようなあなたがいるだけ。」と詠じたものです。


 今回は、鄧麗君の原唱でご紹介します。
 なお、和訳については、伊賀流の訓読体だけにしていますが、人気記事にランクインした暁には現代口語訳を追加しようかと考えています。
 


又見炊煙
又炊煙を見る
また炊事の煙を見る


又見炊煙升起
暮色罩大地
想問陣陣炊煙
你要去哪里
夕陽有詩情
黃昏有畫意
詩情畫意雖然美麗
我心中只有你

又炊煙(すいえん)の升(のぼ)り起(た)つを見れば
暮色(ぼしょく)は大地を罩(こ)める
陣陣(じんじん)たる炊煙に問はんと想う
你(なんじ)は哪里(いづく)に去らんと要(もと)むるかと
夕陽(せきよう)に詩情(しじょう)有り
黃昏(こうこん)に画意(がい)有り
詩情画意 美麗なること然(しか)りと雖(いへど)も
我が心中には只だ你(なんじ)有るのみ

また炊煙が立ち上っていくのを見ていると
暮色が大地を包み込んでゆく
盛んに吹き上がる炊煙に訊ねてみたい
あなたはどこへ行こうとしているのかと
夕陽(ゆうひ)には詩情があり
黄昏(たそがれ)には画意がある
詩情や画意が美しいのは確かなのだけれども
私の心の中にはただ炊煙のようなあなたがあるだけ


又見炊煙升起
勾起我回憶
願你變作彩霞
飛到我夢裏
夕陽有詩情
黃昏有畫意
詩情畫意雖然美麗
我心中只有你

又炊煙の升(のぼ)り起(た)つを見れば
我が回憶を勾(よ)び起こす
願はくは你(なんじ)が彩霞(さいか)に変わり作(な)りて
我が夢の裏(うち)に 飛び到らんことを
夕陽に詩情有り
黃昏に画意有り
詩情画意 美麗なること然りと雖も
我が心中には只だ你有るのみ

また炊煙が立ち上っていくのを見ていると
私の記憶が呼び覚まされる
私は願う あなたが夕焼けの霞となって
私の夢の中へと飛んでくることを
夕陽には詩情があり
黄昏には画意がある
詩情や画意は確かに美しいけれども
私の心の中にはただ炊煙のようなあなたがあるだけ


夕陽有詩情
黃昏有畫意
詩情畫意雖然美麗
我心中只有你

夕陽に詩情有り
黃昏に画意有り
詩情画意 美麗なること然りと雖も
我が心中には只だ你有るのみ

夕陽には詩情があり
黄昏には画意がある
詩情や画意はまぎれもなく美しいけれども
私の心の中にはただあなたがあるだけ


詩情畫意雖然美麗
我心中只有你

詩情画意 美麗なること然りと雖も
我が心中には只だ你有るのみ

詩情や画意がどんなに美しくても
私の心の中にはただあなたがあるだけ




鄧麗君 - 又見炊煙/Teresa Teng - See The Chimney Smoke Rise Again


追記:本記事が人気記事のトップにランクインしたので、これを機に現代口語訳を追加しました。


 日本語版は、こちら↓


這一年 這一夜(この一年 この一夜 : 合唱版)


 《這一年 這一夜》は、音楽の魔術師と謳われた台灣のシンガーソングライター張 雨生(チャン・ユーシャン 1966年6月7日 - 1997年11月12日)が作詞・作曲し、1994年9月5日に《卡拉ok·台北·我》と題するアルバムに収録して発表した楽曲です。


 歌詞の内容は、夕暮れ時の海岸で夕日の沈む光景を見た後、月や銀河や満天の星空の下で、愛する人と過ごした楽しくて幸せな思いのこの1年、更にこの1夜の心情を詠じたものです。
 この詞は、張雨生が大学生の頃に付き合っていた女友達と遊んだ春分の頃の台北の海岸での出来事を思い出して書いたもののようです。


 詩句には唐詩を彷彿させる詩的表現が多く、また現代漢語の慣用句と思われる詩語も多用されているため難解ではありますが、言外の余情を感じさせる深遠な歌詞です。


 曲は、高音王子と称された張 雨生としては、最後のサビ以外は比較的淡々と歌い上げており、音域は1オクターブ半くらいなものです。


 それでも素人にとっては難しい曲ですが、少し頑張って練習すれば歌いこなすことも可能なので合唱曲としてもよく使われています。


 今回は、2010年6月28日に行われた台大(國立臺灣大學)合唱團と高醫(私立高雄醫學大學)聲樂社との聯合音樂會での演唱をご紹介します。
 両校それぞれ100人、合計200人の大合唱で、所謂タテとヨコ(時程と音程)を合わせるだけでも大変な作業です。
 合唱後の観客の大歓声が、この曲が如何に難しかったかを示しています。


 なお、動画の中に「(櫻井弘二編曲)」との表記が見えますが、櫻井弘二は台湾在住25年50歳になる日本人で、台灣では有名な編曲家です。
 彼は、1990年頃アメリカのバークリー音楽大学を卒業後NHKに就職してテレビの音楽を担当していましたが、1993年に退職して台灣に渡り、張雨生を始め王傑、蘇芮、張惠妹等一流歌手の編曲を担当して今日に至り、この合唱の編曲にも携わっています。



這一年 這一夜
この一年 この一夜
                      作詞・作曲:張雨生
太陽燒紅了海洋
海洋包容了太陽
向晚天空缺掉一角
月亮探頭撒張網
眼觀鼻觀心口上
妳那羞澀不能忘
我的手臂不勝扭曲
靠上妳的肩膀

太陽は海洋を焼いて紅(くれなひ)にし
海洋は太陽を包み容(い)れたり
晩(くれ)に向かいて天空は一角を缺(か)け掉(お)とし
月亮(つき)は撒張(さつちょう)する網を探頭(たんとう)す
眼は観る鼻は観る 心口(しんこう)の上 (ほとり)
妳(なんじ)の那(な)んぞ羞澀(しゅうそう)たる 忘る能(あた)はず
我が手臂(しゅひ)は扭(ね)じ曲(ま)ぐるに勝(た)へず
妳の肩膀(けんぼう)の上に靠(よ)れり

太陽は海を赤く燃やしました
海は太陽を包み込みました
夕方になって空の一角が欠けて落ちました
そこへ顔を出した月が海に沈みかけて 張られている網はないかと探していました
俯いて胸のあたりを見ている
そんなあなたの恥かしそうな姿を 忘れることはできません
私の腕が自然に曲がってくるのを止められず
あなたの肩を抱き寄せました


山頂一片白茫茫
風起滾層層浪花
向晚天空明暗更替
霞彩忙著點新妝
眼望雲望西天涯
妳那出神不能忘
我的情緒傻傻
隨妳飛進美麗烏托邦

山頂一片白きこと茫茫(ぼうぼう)たり
風起こりて層層(そうそう)たる浪の花を滾(たぎ)らす
晩(くれ)に向かいて天空は明暗を更に替えたり
霞彩(かさい)は忙がしく新たな妝(よそお)いを點(つ)くる
眼は望む雲は望む 西のかた天涯を
妳(なんじ)の那(そ)れ神(しん)を出だすを 忘る能(あた)はず
我が情緒は傻傻(ささ)たり
妳に随いて美麗なる烏托邦(ユートピア)に飛び進む

山の頂きは見渡すかぎり真っ白でした
風は海辺に吹き寄せて幾重にも重なり合う波の花を巻き起こしていました
夕方になって空の明暗が変わりました
夕焼けの色彩は急いで新しい化粧を凝らしました
雲が西の天の涯に帰ろうとしているのを眺めている
そんなあなたがうっとりとしている姿を 忘れることはできません
私の心はぼんやりとして
あなたに付き従って美しい理想郷へと飛んで行きました


這一年 這一夜
回憶溫暖我疲憊
小黃燈書桌前
細數有心人情淚
看似清實迷離
情路又玄又是漩
為妳 我更舉杯
好景當前莫留連

這(こ)の一年 這(こ)の一夜
回憶は我が疲憊(ひはい)を溫かく暖める
小さき黃燈(こうとう)の書桌(しょたく)の前
心ある人の情淚(じょうるい)を細(こま)やかに数(かぞ)ふれば
看ること清(さや)かなる似(ごと)くして 実は迷離(めいり)たり
情(じょう)の路(みち)は又(また)玄(くら)くして又是れ漩(めぐ)れり
妳(なんじ)の為 我更に杯(はい)を挙げん
好景(こうけい)當(まさ)に前(すす)むべし 留連(りゅうれん)する莫(なか)れ

この一年 この一夜
思い出は私の疲れきった心身を温めてくれます
小さい黄色い燈火に照らされた机の前で
心ある人の愛情と涙の数々を数えています
それらははっきりと見えるようで 実は本当にぼんやりしています
愛情の道は奥深くまた渦巻く流れのようです
あなたのために 私は更に杯を挙げて乾杯しよう
この素晴らしい景色の中を進んで行こう ぐずぐずと留まることなく…


(間奏)


獵戶星在前方亮
雙熊盤踞北極光
春分時候無際穹蒼
銀河舞會星宿忙
眼遊神遊老與莊
妳那無語不能忘
我的胸口鼓鼓吹脹
歡樂幸福的遐想 這一年

獵戶(れふと)の星は前方に在りて亮(あき)らかなり
雙(ふた)つの熊は北極に盤踞(ばんきょ)して光(かが)やく
春分の時候 際(きわ)まりなき穹蒼(きゅうそう)に
銀河は舞會(ぶかい)し星宿(せいしゅく)は忙(ぼう)たり
眼は遊び神(しん)は遊ぶ 老與莊(ろうよそう)
妳(なんじ)那(そ)れ語る無くとも 忘る能わず
我が胸口(きょうこう)は鼓鼓(ここ)として吹脹(すいちょう)す
歡樂幸福を遐(はる)かに想ふ 這の一年

オリオン座の星々は前方で煌めいています
二頭のクマ(大熊座と小熊座)は天の北極に屯(たむろ)して光っています
春分の時節の果てしない夜空に
銀河が舞い踊り星座がその周りを忙しそうに取り巻いています
眼も心もいつか故郷の村へと遊びに行っている
そんなあなたの姿を何も話さなくても 忘れることはできません
私の胸奥は満ち足りて膨らみます
楽しくて幸せな思いの この一年


(間奏)


這一年 這一夜
回憶溫暖我疲憊
小黃燈書桌前
細數有心人情淚
看似清實迷離
情路又玄又是漩
為妳 我更舉杯
好景當前莫留連

這(こ)の一年 這(こ)の一夜
回憶は我が疲憊(ひはい)を溫かく暖める
小さき黃燈(こうとう)の書桌(しょたく)の前
心ある人の情淚を細(こま)やかに数ふれば
看ること清(さや)かの似(ごと)くして 実は迷離(めいり)たり
情の路(みち)は又(また)玄(くら)くして又是れ漩(めぐ)れり
妳(なんじ)の為 我更に杯を挙げん
好景(こうけい)當(まさ)に前(すす)むべし 留連(りゅうれん)する莫(なか)れ

この一年 この一夜
思い出は私の疲れきった心身を温めてくれます
小さい黄色い燈火に照らされた机の前で
心ある人の愛情と涙の数々を思っています
それらははっきりと見えるようで 実は本当にぼんやりしています
愛情の道は奥深くまた渦巻く流れのようです
あなたのために 私は更に杯を挙げて乾杯しよう
この素晴らしい景色の中を進んで行こう ここに留まることなく…





張雨生 - 這一年這一夜 (200人之張雨生經典) (櫻井弘二編曲) - NTU Chorus & KMU Singers



 張雨生の原唱はこちら↓