伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

文殊菩薩

 【國寶木造騎獅文殊菩薩:奈良縣櫻井市安倍文殊院本尊 鎌倉大佛師快慶作】
 (脇侍は向かって左から維摩居士(最勝老人)、須菩提(佛陀波利三蔵)、善財童子、優塡王、)


 「三人寄れば文殊の知恵」の諺で知られる文殊菩薩は、大乗仏教の崇拝の対象である菩薩の一尊で、一般に「智慧」を司る仏とされています。
 「智慧」とは、本来は悟りへ到るための重要な要素のことを言いますが、それが発展して、一般的な「知恵」(頭の良さや知識が優れること)をも意味するようになりました。


 「文殊」とは、「文殊師利(もんじゅしゅり)」の略称で、梵語(インドのサンスクリット語)の「マンジュシュリー(梵字: मञ्जुश्री, mañjuśrī)」を音写(梵語の音を漢字の音を借りて表記すること)したものです。


 諸佛菩薩にはそれぞれ別の「真言」というものが割り振られています。
 「真言」という語そのものは梵語の「マントラ」の訳語で「仏の真実の言葉」の意味です。
 真言には、1語だけでなるものも有ればかなり長い文章の物も有りますが、いずれも梵語を敢えて漢訳せずに漢字で音写したもので、その内容は、諸佛の功徳やご利益を述べたもの或いは諸佛への賛辞のようなものと考えられています。
 「真言」は、古来から「音が重要であり、唱えるべきもので解釈すべきものではない」とされていたため、その殆どは意味不明なものです。
 これについて、弘法大師空海は、「真言は、不思議なものである。本尊を観想しながら唱えれば無知の闇が除かれる。わずか一字の中に千理を含む。この身のままで真理を悟ることができる。」と記しています。


 文殊菩薩の真言については、少なくとも4種類のものがありますが、その中で「心呪」(「心髄」又は「核心」)とされている真言をご紹介します。


 意味は不明ですが、弘法大師の説に従えば、文殊菩薩を観想しながらこの真言を唱えれば無知の闇が除かれるのかもしれません。


 なお、記事冒頭の文殊菩薩像は、木彫極彩色の騎獅像(高さ7㍍・日本最大)で、右手に智慧を象徴する降魔の「利剣」を持ち、左手に穢れに染まらず煩悩を断つことを意味する「蓮華」を持ち、文殊の智慧の威猛を表わす「獅子」に乗った渡海文殊像です。
 この文殊菩薩像の胎内墨書銘と胎内から発見された造立願文(国宝)により、建仁3年(西暦1203年)大仏師・快慶の作と判明しています。


 文殊菩薩の真言


心呪(五字心真言):オン・アラハシャノウ

サンスクリット語 : oṃ a ra pa ca na  

          オーン ア ラ パ チャ ナ



文殊菩薩真言 梵音 【Mantra to pay evil,cakra 願いが叶う真言  智慧・合格祈願・学業成就・人間関係・判断力・冷え性・能力開発BGM】 Manjusri  मञ्जुश्री



漢詩:望月懷遠(月を望んで遠きを懷う)

 【望月懷遠詩意圖】


 「望月懷遠」は、盛唐の詩人張九齡(ちょう きゅうれい)作の五言律詩です。


 この詩は、「閨怨詩」に区分されるものです。
 「閨怨詩」とは、夫や恋人と離れて暮らす婦人の、ひとり寝の寂しさをうらむ気持ちを詠じたものです。


 唐代には女流詩人は殆どいませんでしたので、閨怨詩も大半は男の詩人が作っています。
 男の詩ではあっても、婦女子の立場で詠ずるのを常としますが、中には男自身の立場或いは第三者の客観的立場、更には1首の中でそれらの複数の立場で詠じたものも有り、その解釈は人それぞれで異なります。
 そのため、専門家の書いたテキストでもなかなか納得できるものが見当たりません。


 そこで、今回は、伊賀山人の客観的立場即ち天上から見下ろしている貌(かたち)からの新解釈をご紹介します。
 この解釈は、台灣の友人から贈呈された蘅塘退士(号:こうとうたいし、実名:孫洙)が編纂した「唐詩三百首」を底本(ていほん:翻訳・校訂などのもとにした本)としています。


 なお、「閨怨詩」に限らず、漢詩には「月」を詠みこんだものが数多くありますが、それは古来、月は遠く離れた人と人との心を結びつけると考えられていたことによります。



(白文)
 望月懷遠
         張九齡

 海上生明月,天涯共此時。
 情人怨遙夜,竟夕起相思。
 滅燭憐光滿,披衣覺露滋。
 不堪盈手贈,還寢夢佳期。


(訓読文) 
  月を望んで遠きを懷(おも)う
                張九齡(ちょうきゅうれい)

 海上(かいじょう) 明月(めいげつ)を生(しょう)じ、
 天涯(てんがい) 此(こ)の時(とき)を共(とも)にす。
 情人(じょうじん) 遙夜(ようや)を怨(うら)み、
 竟夕(きょうせき)相思(そうし)を起こす。
 燭(しょく)を滅(めっ)して光(ひかり)の満(み)つるを憐(あわ)れみ、
 衣(ころも)を披(はお)りて露(つゆ)の滋(しげ)きを覚(おぼ)ゆ。
 手(て)に盈(み)たして贈(おく)るに堪(た)えず、
 還(かえ)り寝(い)ねて佳期(かき)を夢(ゆめ)む。


(口語訳)
 月を見上げて遠くにいる人を想う
                張九齡(ちょうきゅうれい) 


 海の上に明るい月が上がり、
 遥か遠くにいる二人は時を同じくして眺めている。
 多情の乙女にとっては、長い夜が恨めしく、
 夜通し、恋する人への想いを引き起こしている。
 心を繋ぐ月の光を愛でるため、ロウソクの灯を消し、
 夜露が降り敷くのに気づいて、衣を羽織る。
 月の光を両手いっぱいに満たしてみても、恋する人に贈るすべもなく、
 寝室に戻って、しばしまどろみ恋人に逢う楽しい日を夢見る。



 【唐詩三百首より】



唐詩 五言律詩 1 望月懷遠 Erin 朗誦+解釋


不了情 (つきせぬ想い)

 【鄧麗君(テレサ・テン)紀念公園 (台灣新北市)】


 《不了情》(英文:Love Without End)は、1961年に公開された同名の香港映画の主題歌として発表された楽曲です。


 この映画では、些細な誤解から恋人に別れを宣告され、その後は彼の幸福を祈って身を引き、不治の病で人生を終える薄幸のホステスが描かれています。
 主題歌の《不了情》は、心ならずも離別したこのホステスの忘れ得ぬ恋人への尽きせぬ想いを詠じています。


 なお、この映画は1947年に公開されていた同名の香港映画とは無関係です。
 また、後に公開された1993年の香港映画《新不了情(邦題:「つきせぬ想い」》は、この映画にヒントを得て製作されたものですが、ストーリーは異なっており、直接の関係はありません


 この楽曲《不了情》は、日本でも1963年、大高ひさをが「忘れじの瞳」と題する訳詩を付けて、俳優でもあり歌手でもあった石原裕次郎がカバーしてシングル曲として発表しています。
 余りヒットはしませんでしたが、裕次郎はこの曲がお気に入りであったようで、その後1974年10月に発売したLP10枚組のアルバム『石原裕次郎の世界』でも、この曲を収録しています。



 《不了情》の原曲は、 作曲は莫然 (即王福齡)、作詞は陶秦で、廣州の出身で香港で活躍した女歌手顧媚(1929年-)が演唱して映画と共に大ヒットとなりました。


 今回は、鄧麗君(テレサ・テン)の演唱でご紹介します。


 なお、動画の中に見える景色は、台灣新竹市の金寶山墓園にある「筠園(いんえん)」と名付けられた鄧麗君の墓所で、通称「鄧麗君紀念公園 」として整備されている地域の風景です。



 不了情
 つきせぬ想い
             作曲:莫然 (即王福齡);作詞:陶秦;演唱:鄧麗君
忘不了 忘不了   
忘不了你的錯 忘不了你的好
忘不了雨中的散步 也忘不了那風裏的擁抱

忘れ得ぬ 忘れ得ぬ想い
忘れ得ぬあなたの過ち 忘れ得ぬあなたの優しさ
忘れ得ぬ雨の中の散歩 また忘れ得ぬ風の中での抱擁


忘不了 忘不了
忘不了你的淚 忘不了你的笑
忘不了葉落的惆悵 也忘不了那花開的煩惱

忘れ得ぬ 忘れえぬ想い
忘れ得ぬあなたの淚 忘れ得ぬあなたの笑顔
忘れ得ぬ秋の枯れ葉の落ちる日の悲しみ また忘れ得ぬ春の花の咲くころの悩み


寂寞的長巷 而今斜月清照 *1
冷落的鞦韆 而今迎風輕搖
它重複你的叮嚀 一聲聲 忘了 忘了  
它低訴我的衷曲 一聲聲 難了 難了
  
寂しくひっそりとした長い路地を 今、傾いた月が清らかに照らしている
冷たく垂れ下がるブランコが 今、そよ風を受けて軽く揺れている
あの時、繰り返しあなたは念を押した 一言一言 「忘れよう 忘れてしまおう」と
あの時、俯いて私は心の中で訴えた 一言一言 「できないわ できはしないわ」と


忘不了 忘不了
忘不了春已盡 忘不了花已老
忘不了離別的滋味 也忘不了那相思的苦惱
 *2 
忘れ得ぬ 忘れ得ぬ想い
忘れ得ず春がすでに尽きても 忘れ得ず花がすでに枯れても
忘れ得ず離別の深い悲しみを また忘れ得ずあなたを思う苦しさを


(間奏)


*1~*2 繰り返し)




不了情(鄧麗君5)


追記:

 動画の中の鄧麗君の立像は、ブロンズのものとゴールドのものの二つが見えますが、2体あるわけではありません。

 元々ブロンズであったのものに後にゴールドの表面加工が施されたもので、この動画には、その新旧二つの姿が収録されています。