伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

里の秋


 『里の秋』(さとのあき)は、終戦直後の1945年(昭和20年)12月24日、JOAK(現・NHK第1放送)のラジオ番組「外地引揚同胞激励の午后」の中で発表された童謡です。


 このラジオ番組は、復員兵や引き揚げ者たちを励ますために日本放送協会(NHK)が企画したもので、その中で流す歌の制作を児童合唱団「音羽ゆりかご会」の主宰者でもある童謡作曲家の海沼実に依頼しました。
  放送日は、12月24日と決められましたが、海沼のもとに曲の依頼があったのは、そのわずか1週間前でした。
  焦った海沼は、何か適当な詩はないかと、古い童謡雑誌を引っ張り出して次々と調べていきました。
 その彼の目にとまったのが、旧知の斎藤信夫作『星月夜』(ほしづきよ)という童謡でした。


 斎藤信夫は、戦前から小学校教師を勤める傍ら、童謡の作詩に意を注ぎ、その作品数は生涯で一万点以上と言われています。
 『星月夜』は、斎藤信夫が国民学校の教師をしていた1941年(昭和16年)12月の開戦直後に作詩したもので、1番から4番までの歌詞で幼い男の子が父親への思いを述べる内容になっていました。
 1番で幼い息子が母親と故郷で過ごす様子を描き、2番で南の島にいる父親を思う内容ですが、3番で南の戦線で戦う父親の武運を願い、4番では自分も将来兵隊になって国を守るとの気概を詠じたもので、そのままでは復員兵などを励ます歌にはなりませんでした。


 このため、海沼は斎藤に3番と4番の歌詞の修正を依頼しました。
 快く引き受けた斎藤でしたが、開戦直後の戦意高揚のために書いた詞を敗戦直後の無事復員を願う詞に書き換えることは容易ではなく、漸く新しく3番だけを書き上げたのは、放送前日の夜中のことでした。
 こうして完成したこの楽曲は、1番2番は「星の夜」を「星の空」と書き換えたものの故郷にいる母子の様子を描いた元の詞のままですが、3番は南方戦線で終戦を迎えた父親の無事な復員を願う母子の思いを表現するものとして生まれ変わりました。


 翌朝、斎藤はこの詞を持ってNHKに駆けつけ、童謡歌手の川田正子を連れて待ちかまえていた海沼に渡しました。
  題名は、海沼の注文で『里の秋』と変えられました。
 曲はすでにできていたので、海沼は正子に詩を渡して即席で練習させたあと、放送に臨みました。


 昭和20年12月24日午後1時45分から始まった放送は、正子が歌い終えると「スタジオ内はシーンと静まり返り、その場にいた全員が心が浄化されるのを感じた」と、放送に立ち会ったあるスタッフは語っています。
  放送が終わったとたん、局内の電話がいっせいに鳴りだし、翌日以降も、電話による問い合わせや感想の手紙が殺到しました。
  一つの歌にこれほどの反響があったのは、NHKでも初めてのことでありました。


 なお、この曲は元々男の子の曲でしたが、当時小学5年生11歳の童謡歌手川田正子が歌ったことから、後世、どちらかというと父親を思う幼い娘の心境を詠じたものとして世上に認識されています。



 この詞の中に見える「背戸(せど)」とは、「家の裏口」のことですが、転じて「家の後ろの方、裏手」を指すこともあります。
  この詞では「背戸」と接頭辞の「」を付けて背戸を丁寧に表現していることから、木の実やキノコの採れる裏山(里山)を指しているものと解釈するのが自然です。
  当時、平地には出来るだけ田畑を作り、家屋はその周辺の里山に接する場所に建てられていたこととも符合します。
 今回は、川田正子が長じて童謡歌手として不動の地位を築いたころのセルフカバー版をご紹介します。



里の秋_川田正子さん


  里の秋 故鄉的秋天
                   詞:斎藤信夫   曲:海沼実


静かな静かな里の秋           寂靜的,寂靜的,故鄉的秋日
お背戸に木の実の落ちる夜は  後門外果實掉落的夜晚
ああ母さんとただ二人     啊啊!僅僅和母親兩人
栗の実煮てますいろりばた   於圍爐邊煮著栗子
 
あかるいあかるい星の空    明亮的,明亮的,星光的夜空
鳴き鳴き夜鴨のわたる夜は   夜鴨鳴叫鳴叫著,飛過的夜晚
ああ父さんのあの笑顔     啊啊!父親那笑容
栗の実たべては思い出す    吃著栗子的時候就會回想起


さよならさよなら椰子の島   再會,再會,椰子島嶼
お舟にゆられて帰られる    於歸途上,船兒搖搖擺擺,
ああ父さんよご無事でと    啊啊!父親呀!願您平安健康
今夜も母さんと祈ります    今夜也和母親一起祈禱



おまけ♫
漢譯歌詞字幕付版



日本童謠: 里の秋 (故鄉的秋日) 歌詞中譯-有押韻 (又見炊煙-原曲)



   秋思
         伊賀山人作
 秋光十里夜深更
 院落唯聞落果聲
 夜鴨飛過銀漢上
 低頭遙想故人情


お知らせ

 読者各位


 業務多忙の為、記事の執筆を暫時休みます。
 コメント欄は、非公開設定で開放しておきますので、御用の方はそちらにお書き込みください。
 仕事が片付き次第、対応いたします。   伊賀山人敬白



武道家の心得

 【大日本武德會空手道十訓】


 伊賀山人が最高師範を務める空手道天神流の綱領である「大日本武徳会空手道十訓」の其の七に
「勝利ヲ求メス不敗ヲ以テ至善トナス」とあります。
 これは、
「勝つことを追求する必要はない。負けないことこそが、この上もない善なのである」との訓戒です。


 伊賀山人が、これを弟子に説く場合には、武道家の心得として更に噛み砕いて次のように教戒しています。

  武道家の心得

1 危険なものには近づくな

2 危険が迫った場合には逃げよ

3 戦うのは万止むを得ない場合の最終最後の手段である

 由来、武術とは武力の一部であり、永遠に使わずに済めばそれに越したことはないのであります。


 過日、ある人のブログの記事に「売られた喧嘩は買います」との滑稽な一文が書かれておりました。
 書いた人のプロフィールを見ると、「大學出の50代の男」と標榜しておりましたが、俄かには信じられません。
 大の大人で、しかも50も過ぎたような者が、子供の喧嘩言葉にも等しきかくも幼稚な一文を平然と書く筈が有りません。
 恐らくは中学生かせいぜい高校生くらいの未熟者が、匿名をよいことに学歴・年齢を詐称して書いているのでしょう。
 
 もっとも、伊賀山人が中学・高校生であったのは既に半世紀も前のことであり、最近の学校事情には疎いので、或いは今どきの教師が「売られた喧嘩は買え」とでも教えているのかも知れません。
 
 「売られた喧嘩は買います」との文言が、幼稚で滑稽なのは、これが「私憤」を表わしているからです。
 子供の喧嘩のような個人的な憤りは、見苦しくもあり滑稽でもあります。
 人として、況や日本男児として生まれたからには、世の為人の為、「義憤」「公憤」に燃えてこそ潔くもあり美しくもあります。


 頭脳も身體も昭和初期の骨董品と化している武道家伊賀山人が、もし教師であったならば、生徒には次のように教示するでしょう。


「喧嘩を売られそうな場所や人には近寄るな。
 不届き者の方から近寄ってきて、喧嘩を売られそうになったら逃げろ。
 どうしても逃げられない時、或いは人助けの為には死力を尽くして戦え。」と…


追記: 伊賀山人は、売られた喧嘩も売られない喧嘩も買いません。残り少ない人生、無知蒙昧な慮外者に構っている暇は有りません。ただし、降りかかる火の粉は払います。

山水

 山水とは、文字通り山と水のことですが、広くは、それらを描いた山水画や詩に綴った山水詩のことも意味します。


【山水圖】


 伊賀山人の母親は生前、掛け軸の表装をするのが趣味でした。
 上掲画像は、亡母が表装した山水図です。
 遠景に霞みのかかった山を配し、中景に滝と川、近景に岩山に立つ紅葉と岩棚に座っている一人の隠者を描いています。


 支那(萬里の長城に囲まれた地域)の画人の手に成るもののようですが、作者も画題も不明です。
 この山水図を見て、直感的に千古の絶唱といわれる李白の詩が思い浮かんだので、本日はそれをご紹介します。



 望廬山瀑布 二首其二              
                  李白 
 日照香爐生紫烟,
 遙看瀑布挂前川。
 飛流直下三千尺,
 疑是銀河落九天。


 (訓読文)
 廬山(ろざん)の瀑布(ばくふ)を望む 二首其の二

日は香爐(こうろ)を照らして紫烟(しえん)を生ず
遥かに看る 瀑布(ばくふ)の前川(ぜんせん)に挂(か)かるを
飛流直下(ひりゅうちょっか) 三千尺
疑うらくは是れ銀河の九天(きゅうてん)より落つるかと


 (和訳)
 廬山の大滝を望み見る 二首連作のうちの其の二

淡い日差しを受けて、廬山の一角にある香炉峰の周辺には紫色の霞がたなびいている
遥か遠くに、大きな滝が峰の上から眼前の川までぶら下がるように落ちているのが見える
飛ぶように速い流れが、三千尺の高さから真っ直ぐに落下している
まるで、天の川が九層の天の上から落ちてきたかのようだ


筆者注:

 転句に見える「三千尺」とは、メートル法では910メートルですが、ここでは実数ではなく滝の壮大さを誇張した表現です。

 結句で、この滝を天を覆う天の川に見立てるなど、この壮大な詩風は李白の真骨頂です。


芭蕉布(音楽編)


 歌曲「芭蕉布(ばしょうふ)」は、1965年(昭和40年)7月2日に、ハワイ生まれで沖縄系三世のアメリカ人歌手、クララ新川の演唱により発表された楽曲です。
  この歌は、曲がまず先に作られました。
  作曲は、、西洋音楽でも既存の沖縄民謡でもない新しい沖縄の楽曲づくりに情熱を傾けて新しい沖縄サウンドを作り出し、現地では古賀政男と並び称される普久原恒勇(ふくはらつねお)。
  クララ新川のために「沖縄らしい曲を」と知人から頼まれた普久原は「外国の人にも歌いやすいように、日本にも沖縄にもない常識破りのパターン」で作曲しました。
  出来上がったばかりで題名のないこの曲のために、普久原は知人に作詞を依頼しましたが、一番は「大和口(日本語)」、二番は「英語」、三番は「混有型」という難しい注文を付けたため、なかなか出来上がりませんでした。
  そうこうしているうちに、地元で中学校教師をしていた吉川安一から「芭蕉布」と名付けられた沖縄口(ウチナーグチ:沖縄語)の詞が持ち込まれました。
  吉川はこの詞について、「母が芭蕉布を織っていたが、その幼いころの記憶を縦糸に、亜熱帯海洋性の温暖な自然の美や独自の言語、文化を横糸にして織りなし、特に地域を限定しないふるさと沖縄賛歌として書いた。」と語っています。
  また、海の青さ、空の青さには「温暖な気候や自然の美、自分の母だけでなく沖縄の女性の明るさややさしさを象徴させる」とともに「平和の色彩」のシンボルにしたとも述べています。
  この詩の中の一句、「芭蕉は情けに手を招く」とは、芭蕉を擬人化して「沖縄の人たちのチムグクル(心根)、イチャリバチョーデー(一度会ったら皆兄弟)の精神」を込めたものです。


 こうして完成したこの歌は、5月18日RBC琉球放送スタジオで録音されて、7月2日に普久原恒勇の養父である普久原朝喜が経営していた沖縄民謡のレーベル「マルフク レコード」(大阪)から発売されました。
 インディーズのレーベルでもあり、レコードはほとんど売れなかったようですが、ラジオ番組などでの紹介もあり、徐々に沖縄の人々の間に浸透して、今では沖縄民謡の一つに数えられるようになり、多くの歌手がカバーしています。


 沖縄音階ではないにもかかわらず、南国の芭蕉の葉陰で爽やかな風に吹かれるような郷愁を漂わせるこの楽曲を、今回は原唱のクララ新川版と新しいところで♪癒しのポップバラード歌手♪芙美子の版でご紹介します。
 なお、原詞は沖縄語ですので、標準語への翻訳文を青字で添付しました。


 芭蕉布                 
                    作詞:吉川安一 (沖縄語)
                    作曲:普久原恒勇
 1節 
海の青さに 空の青
南の風に 緑葉(みどりば)の 
芭蕉は情けに 手を招く  
常夏(とこなつ)の国
我(わ)した島沖縄(うちなー)
海の青さに空の青
南の風に緑葉の
芭蕉は情けに手を招く
常夏の国 
私たちの故郷 沖縄


 2節 
首里(しゅり)の古城の 石だたみ  
昔を偲(しの)ぶ かたほとり  
実れる芭蕉 熟(う)れていた  
緑葉の下   
我した島沖縄(うちなー)
首里の古城の石畳
昔を偲ぶかたほとり(町外れ)
実れる芭蕉
熟れていた 緑葉の下 
私たちの故郷 沖縄


 3節 
今は昔の 首里天 加那志(しゅいてぃん じゃなし)   
唐ヲゥー(とううぉー)つむぎ はたを織り  
上納ささげた 芭蕉布(ばしょうふ)   
浅地(あさじ)紺地(くんじ)の  
我した島沖縄(うちなー) 
今は昔の首里王様
芭蕉の糸を紡ぎ機(はた)を織り
上納捧げた芭蕉布 
浅地紺地の 
私たちの故郷沖縄




48年前のクララ新川 「芭蕉布」マルフク オリジナル盤原音
52年前のクララ新川「芭蕉布」マルフクレコード KF149 オリジナル盤原音
1965年(昭和40年)5月18日RBC琉球放送スタジオにて録音  7月2日販売開始
  

 芭蕉布(台灣版本)
 1節
海藍天空的青
為南的風綠葉
芭蕉向同情招待手
常夏的國家
我們的故鄉台灣


 2節
台北的古城的舖石的地
回憶從前的偏僻的鄉村
結果實的芭蕉
熟的 綠葉下
我們的故鄉台灣


3節
現在從前的台北大王
紡芭蕉的線織時機
上繳奉獻的芭蕉纖維織的布
薄茶色藍色映照
我們的故鄉台灣



芭蕉布
♪癒しのポップバラード歌手♪ 芙美子