伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

活出愛(愛を実現しよう)


 クリスマスシーズンにあたり、新作讃美歌を1曲ご紹介します。


 今回ご紹介する「活出愛」(愛を実現しよう)は、台灣のシンガーソングライター盛曉玫(シォン シァォメイ、英名:Amy Sand、女、出生地・生年月日非公開)が、 2012年7月31日に発表した自身6枚目のアルバム「幸福」全11曲中の最後に収録しいている楽曲です。
 盛曉玫は、2004年から「泥土音樂(Clay Music)」という新しい音楽のジャンルを創設して現代的な讃美歌の創作活動を続けている音楽家で、このアルバムも11曲全曲が新しいスタイルの讃美歌になっています。


 「活出愛」とは、英文聖書に見える「Live Out Love 」の漢訳で、「愛を全うする」「愛を貫く」「愛を実現する」といった意味の慣用句です。


 パレスチナ西岸部のベツレヘムで神の子として生まれた古代ユダヤ人(現代の白人系ユダヤ人とは無関係、パレスチナ人即ちアラブ人に近い。)のイエスは、生地ベツレヘムの北方約150キロのナザレで幼少期から30歳になってユダヤ教の一派を起こし宣教を始めるまでを過ごしたことから、その地名を採って「ナザレのイエス」と呼ばれていました。
 彼は後に「イエス・キリスト」と呼ばれるようになりますが、「キリスト」とは名前ではなく「救世主」を意味する称号です。

 筆者注: 《名前に地名を付ける理由について》

 イエスが生まれた2000年以上前のユダヤ人の名前は、名だけで姓はありませんでした。

 また、イエスという名はそれほど珍しくもなかったため、他と区別するために地名のナザレを付けて「ナザレのイエス」と呼び慣わしたものです。

 日本でも江戸時代以前の庶民には姓が無かったため、「遠州森の石松」とか「清水の次郎長」などと呼称したのと同様です。

 ナザレのイエスの起こした宗派は、彼の死後は弟子たちにより「ユダヤ教のナザレ派」として布教活動が行われていましたが、いつの頃からか「キリスト教」と称するようになって現在に至っています。


 キリスト教は、優れて「愛」の宗教です。
 その教義は、ユダヤ教やイスラム教と同様に旧約聖書に基づくものですが、イエスの言行を記述した新約聖書の内容を煎じ詰めると、神の大いなる愛に応えるために「心を尽くして神を愛せよ」「自分自身のように隣人を愛せよ」の二つに集約されます。
 そしてその前提となる事項は、まず最初に神が天界から大いなる愛を人々に施すために、神の子イエスが「愛の象徴」として降臨し、そのイエスが神の愛を証明するために、人々の罪を一身に背負って十字架に架かったのであるとする説です。


 この楽曲「活出愛」は、そのような聖書の記述を踏まえて、神から下された大いなる愛について詠じ、その愛の輪を広げて全世界に向けて愛を実現しようと呼びかけるものになっています。


 クリスマスに相応しい心和む1曲、全国1億2千万人の俄(にわ)かキリスト教徒の皆さんのために、エイミー・サンドこと盛曉玫の原唱でご紹介します。



活出愛
愛を実現しよう
                作詞・作曲・演唱:盛曉玫(Amy Sand)
有一份愛 從天而來
比山高 比海深
測不透 摸不著
卻看得見
因為有你 因為有我
甘心給 用心愛
把心中這一份愛活出來
耶穌的愛激勵我
敞開我的生命
讓自己成為別人祝福
耶穌的愛點燃我
心中熊熊愛火
我們一起向世界活出愛

一つの愛が有った それは天界から降臨して来た
その愛は山よりも高く 海よりも深かった
測ろうとしても測れず 触ろうとしても触れることはできなかった
けれども目を凝らせばその姿を見ることができた
あなたの為 そして私の為に
主は衷心から願われた 心を込めた愛を人々に下されることを
主の御心の中のその一つの愛が私たちに下された
イエスの愛は私を激励し
私の命を解き放った
愛を知り別人となった私を祝福してくれた
イエスの愛は私の心にともし火を点けた
心の中で愛の火がぼうぼうと燃え上がっている
私たちみんなで一緒になってこの世界に愛を実現して行こう




活出愛 - Live Out Love



奉祝 天長節



           皇 祚
         皇祚聯綿兮久長
         萬世不変兮悠長
         小石凝結成巖兮
         更巖生緑苔之祥






       天長節祭祝詞


掛けまくも畏き吉備津神社の大前に伊賀山人哲生恐み恐みも白さく 
遠皇祖(とほすめみおや)の大御代より天皇命(すめらみこと)の御代御代受繼来坐せる序(つぎて)の随(まにま)に天つ日嗣の高御座(たかみくら)に坐して食國(をすくに)天の下の大御業(おほみわざ)を恢(のべ)給ひ 皇大御國(すめらおほみくに)の大御隆(おほみさかえ)を彌進めに進め給ひし天皇命の高き尊き大御德(おほみうつくしび)を仰奉ると斎(いは)ひ定め給へる大御壽(おほみいのち)を言壽ぎ奉り今日の生日(いくひ)の足日(たるひ)に大前に御食(みけ)御酒(みき)種種(くさぐさ)の物を献奉りて稱辞(たたへごと)竟(を)へ奉(まつ)らくを平らけく安らけく聞食して 平成の御代(みよ)の大御蹟を彌繼繼に恢弘(ひろ)めしめ給ひて 皇大朝廷(すめらおほみかど)の大御稜威(おほみいつ)を天の壁(かき)立極(きはみ)國の退(そき)立限(かぎり) 彌高に彌廣に伊照り輝かしめ給ひ 御氏子(みうぢこ)崇敬者(まめびと)を始めて天の下四方の國民(くにたみ)に至るまで五十橿八桑枝(いかしやくはえ)の如く立榮えしめ給へと 恐み恐みも言壽ぎ奉らくと白す


PRIDE(驕傲)


 「PRIDE」は、日本の女歌手 今井美樹(いまい みき、1963年4月14日[1] - )が、自身12枚目のシングル曲として1996年11月4日に発表した楽曲です。


 作詞・作曲は、当時プロデューサーとして関わっていたロックミュージシャンでもあり作詞・作曲家でもある布袋 寅泰(ほてい ともやす、1962年2月1日 - )が担当し、この曲ではギタリストとしても参加しています。
 布袋 寅泰の作品は、自分の歌う楽曲は全てロックですが、他人に提供する楽曲はロックだけでなく乙女心を詠ずるバラードなど幅広いジャンルのものがあり、また年年歳歳曲調が変化しています。
 更に、多彩なテクニックを駆使するギタリストとしても国内外で知られていますが、彼自身は自分のギターテクニックについて「ギターの譜面に関しては読むことが出来ず、自分が作った楽曲を譜面に起こすことも出来ない。コードも基本的なもの以外はよく知らない。テクニックよりも感情移入主義で、基本的に気持ちの中から無限のメロディが湧いてくる。最終的には解釈もコード進行も関係ない。聴き手をホッとさせるように自分のその気持ちを表現しているだけだ。」と語っています。
 もしかしたら、この人は天才なのかもしれません。
 蛇足ながら、彼は群馬県高崎市江木町の出身です。実は、伊賀山人も同じ江木町に7年間住んでいたことがありますが、彼とは一度も出会ったことはありません。


 歌詞の内容は、離れて暮らす恋人を思う気持ちに一点の迷いもないことが自分のプライドであると詠ずるものです。
 今井美樹の最大のヒット曲でもあり、当時の彼女の心情をよく表しているので、彼女のコンサートでは必ず歌われる彼女自身お気に入りの一曲です。


 なお、プライドを守り通した今井美樹は、この3年後の1999年6月6日に布袋寅泰と結婚して、更にその3年後の2002年に長女を出産し、2012年には親子3人でロンドンに移住して現在はイギリスを中心に活動しています。
 
 Pride 
 驕傲 
                     詞・曲:布袋寅泰 演唱:今井美樹
私は今 南の一つ星を 見上げて誓った
どんな時も 微笑みを絶やさずに 歩いて行こうと
貴方を想うと ただせつなくて 涙を流しては
星に願いを 月に祈りを 捧げるためだけに生きてきた Uh…
だけど今は 貴方への愛こそが 私のプライド

我向著南邊的一顆星星 發誓著
無論何時 都能讓微笑永不停歇 走下去
只要一想起你 只有痛苦無奈 流下的眼淚
是只為了奉獻給對著星星許願 向月亮祈禱而存在 喔…
然而現在 我給你的愛 正是我的驕傲


(間奏)


やさしさとは 許し合うことを知る 最後の真実
わがままさえ 愛しく思えたなら 本当に幸せ
貴方は私に 自由と孤独を 教えてくれた人
夜が来るたびに無口になって 震える肩を抱きしめていた Uh…
だけど今は 貴方への愛こそが 私のプライド

所謂的溫柔 是了解了互相包容的 最後真實
就連任性 也能愛戀想望的話 也真的很幸福
你是將自由與孤獨 教導給我認識的人
當夜晚來臨之際 變得無言 緊緊地擁抱著顫抖的肩膀 喔…
然而現在 我給你的愛 正是我的驕傲


(間奏)


いつか私も 空を飛べるはず ずっと信じていた
翼があったら飛んでゆくのに 貴方の胸に今すぐにでも Uh…
見上げてみて 南の一つ星を 素敵な空でしょう
私は今 貴方への愛だけに 笑って 泣いてる
 
總有一天 我也能 飛向天空 我一直這樣相信
我若有雙翅 也要現在馬上 飛向你的胸懷 喔…
就抬頭看看 南方的那顆星 真美妙的天空啊
只是現在 我為了給你的愛 笑著 也哭泣著
 




PRIDE - 今井美樹(フル)