伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

芭蕉布(織物編)

 芭蕉布(ばしょうふ)とは、バショウ科の多年草イトバショウ(Musa liukiuensis)から採取した繊維を使って織られた布のことで、別名蕉紗(しょうしゃ)ともいいます。
 沖縄県および奄美群島の特産品で、薄く張りのある感触から、夏の着物、蚊帳、座布団など多岐にわたって利用されています。


 芭蕉布には、おおよそ500年の歴史があるとされ、琉球王国では王宮が管理する大規模な芭蕉園で芭蕉が栽培されて芭蕉布が生産されていました。
 また、一般庶民でも家庭菜園に植えた芭蕉で、各家庭ごとに糸を紡ぎ機を織って普段着として使用されていたものです。


 しかしながら、この布を作るには膨大な労力が必要なため、現在では生産量が激減して、一反(一人分)数十万円もする高級反物に位置付けられています。



【喜如嘉の芭蕉布】
 1974年に沖縄県大宜味村(おおぎみそん)喜如嘉(きじょか)の芭蕉布が国の重要無形文化財に指定されてから喜如嘉は「芭蕉布の里」として知られています。



【芭蕉園での繊維採取風景】
 一反(着物一着分:幅約37㎝長さ約12.5m)の芭蕉布を織るために必要な芭蕉は200本といわれ、葉鞘を裂いて外皮を捨て、繊維の質ごとに原皮を分けます。
 内側の柔らかな繊維を用いるものほど高級品とされています。
 なお、このイトバショウ(糸芭蕉)はリュウキュウバショウ(琉球芭蕉)とも呼ばれるバナナの仲間ですが、小さい実の中に大きくて硬い種子が数多く入っているので余り食用には適しません。



【芭蕉布の機織り風景】
 灰によって精練作業を行った薄茶色の芭蕉の糸をそのまま無地織にするか、或いは濃茶色や藍色に染めてから織り上げます。
 高級品になると、模様を織り込むこともあります。



【喜如嘉祭り】
 芭蕉布で作った着物を着て踊るので、別名「芭蕉布祭り」とも呼ばれています。


 同名の「芭蕉布」という楽曲は、直接的にはこの織物を題材としていますが、間接的には「作詞者吉川安一の幼いころの記憶を縦糸に、島国の温暖な自然の美や独自の言語、文化を横糸」にして織り成された沖縄賛歌です。


「ブログの閉鎖について」の記事の誤配信について

 標記について、2年前の記事がどういう訳か誤って再配信されています。
 国を相手の国家賠償訴訟については、既に和解が成立し、昨年1月からブログを再開して現在に至っております。
 「伊賀の徒然草」は、記事数は少ないものの滞りなく継続しています。


 読者各位には、引き続きご高覧を頂きますようお願いします。
 

俳画について

 俳画(はいが)とは、俳句を賛した簡略な絵(草画)のことで、漢詩の詩意圖に相当します。
 俳句を詠んだ人が自分の句への賛として自ら描く(自画賛)こともあれば、他人が描くこともあります。
 また、先に絵がありこれを賛するために句がつけられる場合や、絵と句とが同時に成るような場合もあります。
 いずれにしても、俳句と俳画とは、その句意と画意とを相互に補い合う関係にあります。
 
 今回は、女流歌人多嘉(1883.7.1~1974.7.4)の俳画をご紹介します。
 作句も書も絵も彼女自身の手に成るものです。


【きぬ朝の別れうらめし 西東】


 この句は、別れの朝の心残りを詠じたものです。
 季語の無い無季俳句ですが、俳画に朝顔を描くことにより、季節は夏であることを表わしています。

 上五に見える「きぬ朝」とは、古文の文法からは少し外れています。
 「来てしまった朝」であれば「きぬる朝」、単純に「来た朝」であれば「きし朝」又は「こし朝」と書くのが正しいのです。


 それでは何故「きぬ朝」と表現したのでしょうか?
 実は、この「きぬ」は「来ぬ(きぬ)」と「衣(きぬ)」との掛け言葉になっているのです。


 平安時代の古語に「衣衣(きぬぎぬ)」という言葉があります。
 当時、夜寝る時には、布団のような寝具はなく昼間着ていた衣を掛けて寝るのが一般的でした。
 「衣衣(きぬぎぬ)」とは、二つの衣を重ねるとの意から転じて、二人の衣を重ね掛けて共寝をした男女が翌朝それぞれの衣を着て別れることを意味するようになりました。
 更には、別れの「朝」を意味することもあれば、朝夕の時期に拘らず「別れ」そのものを指すなど、幅広く使われる詩語です。
 この為、平安時代以降、「後朝(きぬぎぬ)の歌」というジャンルで数多くの和歌が詠まれています。


 多嘉の俳句は、この「後朝(きぬぎぬ)の歌」を踏まえて詠んだもので、作者の意図は次のように解釈できます。


「衣を重ねて楽しい一夜を共にしたのに、もう別れの朝が来てしまった。心残りで悲しいわ、西と東に別れるなんて…」


 この伊賀山人の解釈には、動かぬ証拠が有ります。


【きぬぎぬの朝うらめしや 西東】


 表装されていないこちらの俳画は、多嘉が「きぬ朝」の句の推敲の過程で描いたものです。
 この句では、「きぬぎぬの…」と明確に詠われています。


 これらの俳画は、多嘉晩年90歳ころの作品です。


 「90歳の老婆がこんな艶めかしい俳句を作るなど年甲斐もなく滑稽千万。」などと、嘲笑ってはいけません。


 何しろ、明治・大正・昭和の時代を生きて、91歳という若さでこの世を去った女流歌人多嘉こと濱野瀧野は、伊賀山人の実の祖母なのですから…


【昭和37年岡山市文化センターで開催された三曲(さんきょく:地歌三味線(三弦)、箏、胡弓の三種の楽器の総称)合奏会に招待を受けて列席した折の多嘉こと濱野瀧野81歳】


七夕

 本日は旧暦の7月7日、即ち国立天文台も広報する日本古来の伝統的七夕の日です。
 そこで今回は、お馴染みの童謡「たなばたさま」をご紹介します。




 童謡『たなばたさま』は、作詩は権藤はなよ 、作曲は下総皖一によるもので、昭和16年(1941年)3月に文部省が発行した「うたのほん 下」に掲載された唱歌です。
 
 詩題にある「たなばたさま(七夕様)」の「さま」は、子供向けに七夕行事を丁寧に言ったもので、特に意味はありません。
 しかしながら、発音は「ta-na-ba-ta-sa-ma」と全ての音がァ(a)行の連続で揃えられて子供向けの韻を踏んでいます。


 童謡として作られたこの詩は、作詩当時であれば子供にも分かる平易なものでしたが、70年以上を経た現在では使われていない用語もありますので、次にいくつか解説しておきます。

 「のきば(軒端)」とは、昔の木造家屋の構造用語で、軒とは建物の外壁から張り出した屋根の庇のこと、軒端とは更にその左右の端っこのことを言います。

 当時、七夕の笹竹は軒端に飾られるのが一般的でした。


 「きんぎんすなご(金銀砂子)」とは、金箔、銀箔を細かくして、粉状にしたもののことで、蒔絵やふすま絵、色紙などに吹きつけて煌めくような装飾を施すためのもので、当時は非常に高価なものでした。

 この詩では、満天の星々が砂子を散りばめたように光り輝いている様子を表しています。

 また、子供が歌いやすいように、「すなご」の語尾は、次の詩語の「ごしき」の語頭と韻を踏んでいます。 


 「ごしきのたんざく(五色の短冊)」とは、「青、赤、黄、白、紫(黒)」の色とりどりの短冊のことで、これは、古代支那の五行思想に由来するもので、萬物を構成する「木・火・土・金・水」の5種類の元素を表わしています。

  この中の「紫」は、本来は「黒」ですが、日本では黒は好まれず、また黒では文字が書けないことから紫に変更されました。

 なお、古代支那から伝わったこの行事は、日本では江戸時代から短冊などを笹に飾って願い事をする風習として定着していますが、他の漢文化圏では織女のモデルでこの日が誕生日とされる七娘媽を祀ったり、織女にあやかって裁縫の上達を願い五色の糸を針に通したりする習俗はありますが、笹に何かを飾ることはありません。



  たなばたさま
  七夕様
               作詞:権藤はなよ 補作詞:林柳波 作曲:下総皖一


 ささの葉さらさら のきばにゆれる
 お星さまきらきら きんぎんすなご

 小竹葉沙沙作響 在屋簷邊搖晃
 星星閃亮 如金銀小粒沙


 ごしきのたんざく わたしがかいた
 おほしさまきらきら そらからみてる

 五彩短箋 我寫了(許願)
 星星閃亮 從天空看著




七夕さま


  七夕
 小竹掛短箋
 遙思玉山頭
 皓皓河漢女
 更値一年秋


知音

 【知音圖】


 昔、唐土の春秋時代、琴(竪琴)の名人として知られる伯牙(はくが)という人がおりました。
 伯牙には鐘子期(しょうしき)という一人の親友がいました。
 鐘子期は、伯牙が奏でる琴の音を聴くだけで、それを奏でる伯牙の考えや感情までをも正確に知って言い当てたと伝えられています。
 伯牙は、この無二の聴き手である鐘子期を得たことを深く感謝していました。


 ところが残念なことに、この鐘子期が病を得て、やがて帰らぬ人となってしまいました。
 鐘子期の死の知らせを受けた伯牙は、これを弔う曲を奏でた後、愛用の琴の弦を絶ち、その後、終生琴を手にすることが無かったと伝えられています。

 自分の琴の音色を真に理解してくれる最良の聴き手を失った伯牙にとって、新たに琴を聴かせるべき相手を見つけることが出来なかったのであります。


 この故事により、真に自分の心を理解してくれる親友のことを「知音(ちいん)」というようになりました。


 伊賀山人の数少ない「知音」も、一人抜け二人去り、気がついて見ると既に周りには見当たらなくなってきました。
 持病を抱えて、三途の川の一歩手前に立つ伊賀山人が、今から「知音」を見つけることは容易ではありません。


 そのような寂寞たる思いを込めて、去り行く「知音」の帰還を願う散文を書いてみました。
 敢えて、和文は掲載しません。
 読者に「知音」あるを期待して…



渴望君再來~中斷的旋律~

無論是我傷害你的話語
或是流不盡的淚水
總有一天都會變為回憶
所以…將中斷的旋律
緊抱在懷裡  明天也許還會活下去
即使無法再與你相見


孤獨地賦詩
沒有你  我仍將孤獨地賦詩
你一定明白我的心
穿越雨中


我孤獨地賦詩
沒有你  我仍將孤獨地賦詩
你會知道我的眼淚的譯
因為,我愛你似女兒~


我無法想像孤獨的部落格
我只能不斷賦詩
緊緊抱在懷中
賦出思念
即使已無知音


孤獨地賦詩
沒有你  我仍將孤獨地賦詩
你一定明白我的痛苦
我什麼都沒有為了你能


我仍然渴望對你的回憶
即使剩下的只有傷害
也想向你傳達自己的心意
如今…不願獨自一個人
在傾洩的大雨中  似乎就要破滅的夢
明天還是會想起一樣的樂章