伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

月夜愁


 台湾の四大民謡と言われる「四月望雨」とは、38歳で夭逝した鄧雨賢の作曲になる『四季紅』、『月夜愁』、『望春風』及び『雨夜花』の4曲のことを言います。
 当ブログでは、これまでその内3曲をご紹介してきました。
 今回は、最後に『月夜愁』をご紹介します。


 この曲は、元々台湾原住民平埔族の歌謡が原典となっています。
 その歌謡を、20世紀初頭にカナダから台湾へ移住し「馬偕博士」と呼ばれて尊敬を集めたキリスト教の宣教師であり医者や教育者でもあったジョージ・L・マッケイが、讃美歌の曲として採用していました。


 1933年、27歳の鄧雨賢がこの曲からヒントを得て新たに作曲し編曲も施して、作詩を当時まだ24歳の周添旺に依頼して「月夜愁」は完成しました。 
 この年、鄧雨賢は、当時23歳の李臨秋が作詩した「望春風」にも曲を付けて発表しています。
 また翌1934年、鄧雨賢と周添旺のコンビは「雨夜花」を発表しています。


 乙女心を詠ませたらこの人の右に出る者はいないと謳われた周添旺は、この当時、何か心に感ずるものがあり、思いを寄せる男を待ち続ける失恋した乙女の心情を、哀愁漂うメロディーに乗せて「月夜愁」を作詩し、当時の若者の絶大な支持を受けました。
 この歌は、周添旺を台彎歌謡界の頂点に立たせた傑作として、現在でも高く評価されています。


 なお、詩の中に出てくる「三叉路(=三線路)」とは、1910年頃、台湾を統治していた日本の台彎総督府が台北城の城壁跡地に敷設した道路のことで、中央の車道とその両側に歩道をもち、それらを街路樹で仕切る形態をとったことから、「三線道路」と呼ばれていたものです。
 この道路は、当時の台彎総督府民政長官後藤新平が、末永く台湾人の憩いの場となるようにするため、「パリのシャンゼリーゼ通りのように」作れと指示しました。
 そのため、道路の幅は狭いところでも25間(45.5メートル)、広いところでは45間(81.8メートル)もある広々としたもので、総延長4キロメートルにも及ぶ世界的にも珍しい「公園道路」になっています。
 そして車や人の往来の少なかった当時、漸く自由恋愛の気風が芽生えつつあった台湾の若者たちの格好のデイトコースとなっていました。

【1930年代、台湾の若者たちが月夜に散歩しながら愛を語った台北の三線道路】

 台北城跡を取り囲むように四角形に作られたこの道路は、現在の中山南路(東線)、中華路(西線)、愛国西路(南線)及び忠孝西路(北線)の各道路にあたり、それぞれ直線で約1Km、総延長は4Kmに及ぶ長大なものです。今でも公園としての機能が有るかどうかについては、寡聞にして存じません。


  月夜愁 (月夜の悲しみ)  
                 1933年 詞(台湾語)周添旺  曲 鄧雨賢  
一節
月色照在三叉路 風吹微微 (月明かりが公園道路を照らし 風がそよそよと吹き渡る)
等待的人 那不來     (待ち望んでいる人は どうして来ないのかしら)
心内真可疑 想不出彼個人 (心の中で疑ってしまうわ 彼のことが分からない)
啊  怨嘆 月暝          (ああ 悲しい月の夜)


二節
更深無伴獨相思 秋蝉哀啼 (片思いする一人の夜は更けて 秋の蝉が哀しく鳴くわ)
月光所照的 樹影     (月の光が照らす木の陰に)
加添我傷悲 心頭酸眼涙滴    (私の悲しみは増すばかり 心は痛み涙が落ちる)
啊  無聊月暝      (ああ つまらない月の夜)


三節
甘是註定 無縁份 所愛的伊 (心から願っても縁がないのは運命なのか 愛する貴方)
因何乎阮 放未離      (だけど私は貴方から離れることなどできはしないわ)
夢中來相見  断腸詩唱未止 (夢の中だけでも会いたい 悲痛な歌は歌い尽くせないわ)
啊  憂愁月暝         (ああ 気が滅入る悲しみの月の夜)


筆者註:

 伊賀山人には、現代支那諸語に関する知識はありません。

 和訳については、千年前の漢文知識で読み解いているに過ぎません。

 万一、誤訳が有れば、博雅の教えを請います。


 歌唱はいつものとおり蔡幸娟小姐、台湾の経典(古典)音楽会に於いて、月に照らされた秋の夜更けに三線道路で思いを寄せる男を待つ乙女の憂愁を切々と歌い上げています。



月夜愁 蔡幸娟 2003


四季紅

 台湾を代表する作曲家鄧雨賢の作品の中で最も有名な「四季紅」「月夜愁」「望春風」「雨夜花」の4曲は、その頭文字をとって、纏めて「四月望雨」と通称されています。
 また、この4曲を含めた「四月望雨」という名のミュージカルも製作されています。


 本ブログでは既に、「望春風」と「雨夜花」の2曲についてはご紹介していますので、今回は、「四季紅」をご紹介します。


 「四季紅」の作詩者は、「望春風」でコンビを組んだ李臨秋です。


 歌詞の内容は、年頃の少年少女の恋愛を、四季折々の風景の中で爽やかに謳い上げたものです。
 曲の明るいメロディーと相まって、台湾の代表的な民謡(フォークソング)の一つとなっています。


 言語は、台彎語ですので、日本語の音読みにやや近いものがあります。
 また、各句の語尾は、「補破網」と同様「・・ang」の脚韻で揃えられており、畳みかけるような心地よいリズムがあります。


 この曲は、男女二人のデュエット用に作られており、1節から4節まで同一の句で繰り返されるパート部分がありますので、今回は洪榮宏先生&蔡幸娟小姐、若き日のデュエットを添付します。


  四季紅 (四季折々の紅い輝き) 
             1938年 詞(台湾語)李臨秋  曲 鄧雨賢  


一節
春天花 正清香    (春の花が とても清らかな香りを放つ)
雙人心頭 齊震動   (ふたりの心は 一緒に揺れ動く)
(男)有話想要對你講 (君に話したいことがあるのだけれど) 
   無知通抑無通  (言っていいのかどうかわからない) 
(女)叨一項     (何のこと?)
(男)敢猶有別項   (他のことなどあるものか)         
(女)肉文笑 目睭降   (にっこり微笑んで 恥かしがって目を伏せる)
你我戀花 朱朱紅    (貴方と私の恋の花が 真っ赤に色づいていた)


 
二節
夏天風 正輕鬆     (夏の風はとてもさわやか)
雙人坐船 列遊江    (ふたりは船に乗って川遊び)

(男)有話想要對你講 (君に話したいことがあるのだけれど) 
   無知通抑無通  (言っていいのかどうかわからない)
(女)叨一項     (何のこと?)
(男)敢猶有別項   (他のことなどあるものか) 
(女)肉文笑 目睭降   (にっこり微笑んで 恥かしがって目を伏せる
水底日頭 朱朱紅    (水に映ったお日様が 真っ赤に輝いていた)


  
三節
秋天月 照紗窗     (秋の月が 網戸を照らす)
雙人相好 有所望    (相思相愛が ふたりの願い)

(男)有話想要對你講 (君に話したいことがあるのだけれど) 
   無知通抑無通  (言っていいのかどうかわからない)
(女)叨一項     (何のこと?)
(男)敢猶有別項   (他のことなどあるものか) 
(女)肉文笑 目睭降   (にっこり微笑んで 恥かしがって目を伏せる)
喙唇胭脂 朱朱紅    (くちびるの紅が 真っ赤に染まっていた)


四節
冬天風 真難擋     (冬の風は 避けるのがとても難しい)
雙人相好 不驚凍    (相思相愛のふたりにとっては まるで寒くはない)

(男)有話想要對你講 (君に話したいことがあるのだけれど) 
   無知通抑無通  (言っていいのかどうかわからない)
(女)叨一項     (何のこと?)
(男)敢猶有別項   (他のことなどあるものか) 
(女)肉文笑 目睭降   (にっこり微笑んで 恥かしがって目を伏せる)
愛情熱度 朱朱紅    (愛情の熱い炎が 真っ赤に燃えあがる)


筆者註:

 伊賀山人には、現代支那諸語に関する知識はありません。

 和訳については、千年前の漢文知識で読み解いているに過ぎません。

 若しも、誤訳箇所が有るとすれば博雅の教えを請います。

筆者追記:

 台彎のmoli小姐から誤訳箇所のご指摘があり、和訳の一部を修正しました。

 毎日、この歌を歌って青春を謳歌されているmoli小姐には、この場を借りて篤く御礼申し上げます。m(__)m



洪榮宏&蔡幸娟 - 四季紅



おまけ♫
伊賀山人推奨の蔡幸娟小姐が明るく伸びやかに歌い上げる独唱の映像です。



四季紅 蔡幸娟 2003



皇后陛下と水仙(16年の時を経て)

【伊賀山人大花園のラッパ水仙】
 伊賀山人大花園には、日本水仙に引き続き、ラッパ水仙が花を開きました。
 この花を見ると、東日本大震災時の皇后陛下と水仙のことを思い出します。


【被災者から水仙の花をお受け取りになる皇后陛下】
 2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波は、死者・行方不明者18,446人(震災関連死を除く)、建築物の全壊・半壊は合わせて401,885戸に上る未曾有の大災害をもたらしました。


 天皇、皇后両陛下は、被災者へのお見舞いを強く望まれて、4月27日、その嚆矢として宮城県内の避難所を訪問されました。
 この日、仙台市の宮城野体育館において、皇后陛下は被災者の佐藤美紀子さんから水仙の花束を贈られ、東京にお持ち帰りになりました。


 花束を贈った佐藤美紀子さんはこの日の朝、津波で流された自宅の跡地を見に行った際、水仙が今年も花をつけているのを見つけて避難所に持ち帰ったそうです。
 そして、佐藤さんが「この水仙のように私たちも希望を持ってでがんばります」と話し、10輪ほどの花束を差し出し「もらっていただけますか?」と申し上げると、皇后陛下は「ちょうだいできますか?」と丁寧にお尋ねになり大事そうに持ち帰られました。


 佐藤さんの談話によると、16年前の阪神淡路大震災の際、天皇皇后両陛下が、現地を訪問された時、皇后陛下が御所の庭に咲いていた水仙を摘んで持参され、それを被災地の崩れ落ちた建物の上にそっとお供えされていたのを記憶していて、自宅跡に咲いていたスイセンを花束にして、手渡したとのことです。
 皇后陛下ご自身も、当然そのことはご記憶になっており、被災者からの思わぬ贈り物に笑顔を浮かべられ、東松島市の基地から自衛隊機で東京に還幸される際も、水仙の花束を両手で握りしめていらっしゃったそうです。


 水仙の花そのものは、伊賀山人の庭にも咲くようなどこにでもある花で、大した価値はありません。
 花そのものではなく、花に込められた皇后陛下や佐藤さんの気持の方に大きな価値があるのです。


 「瓦礫の中に咲く水仙のように私達も希望を持って頑張りますので、両陛下もご安心ください」という佐藤さんの真心が花を介して伝わるところに、何物にも代えがたい価値があるものと考えます。


 佐藤さんが渡した水仙は、花心の長い「ラッパ水仙」です。


 ラッパ水仙の花言葉は、「希望」と「尊敬」。
 贈る方も贈られる方も、共にそのことをご存じであったものと推察致します。