伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

ゴンドラの唄(鳳尾船之歌)


 「ゴンドラの唄」(ゴンドラのうた)は、「琵琶湖周航の歌」が作られる2年前の1915年(大正4年)に発表された歌謡曲です。
 作詞は吉井勇、作曲は中山晋平、新劇女優の松井須磨子により歌唱されました。
 作詞家の吉井勇は、当時の文豪森鴎外に心酔しており、この歌詞にも鴎外の翻訳したアンデルセンの「即興詩人」の一部を引用しています。


 この歌に見える「ゴンドラ(gondola)」とは、イタリアのヴェネツィアの運河で使われている幅の狭い小船のことですが、歌詞の中には全く出てきません。 


 この歌は元々、芸術座第5回公演『その前夜』(原作ツルゲーネフ)の劇中歌として作られ、ヴェネツィアの船頭の舟歌という設定になっています。


 原作の「その前夜」の粗筋は、モスクワ貴族の令嬢であるエレーナが、ブルガリア独立運動の闘士インサーロフに理想の英雄の姿を見出だして恋に落ち、周囲の反対を押して結婚し、親を捨て家を捨てて二人でブルガリアに赴く旅の途上、ヴェネツィアで新郎のインサーロフが病を得て死亡して、夫の遺志を継いだエレーナだけがブルガリアに向かうという筋書きです。


 そして、芝居の中では劇中のヒロインであったエレーナ(松井須磨子)が、新婚の夫インサーロフの突然の客死に際し、追憶と共にこの舟歌を歌唱するという筋書きになっています。
 蛇足ながら、ツルゲーネフの原作にはそのような場面はありません。


 歌詞の内容は、直截的に乙女に恋愛を勧めるもので、親の承諾もなく外国人と結婚することなど論外であったモスクワ貴族の令嬢の心情を表すものですが、当時の女学生を始め全国の乙女達の共感を得て、この斬新な歌が自由恋愛などもってのほかと考えられていた日本で徐々に流行し、現在でも映画やドラマの挿入歌として歌い継がれています。


 100年前の松井須磨子による原唱レコードも残されていますが、余りにも雑音が多いので、今回は小林旭のカバー版でご紹介します。


[ゴンドラの唄]   [鳳尾船之歌]


いのち短し 恋せよ少女    生命短暫  去戀愛吧少女
朱き唇 褪せぬ間に      在朱唇尚未褪色時
熱き血潮の 冷えぬ間に    在熱血尚未冷卻時
明日の月日の ないものを   因為沒有明日歲月


いのち短し 恋せよ少女    生命短暫  去戀愛吧少女
いざ手をとりて 彼の舟に   攜手登上那艘船隻
いざ燃ゆる頬を 君が頬に   把熱頰貼上你臉龐
ここには誰れも 来ぬものを  因為此處無人會來


いのち短し 恋せよ少女    生命短暫  去戀愛吧少女
波に漂う 舟の様に      如同漂浮彼處的船
君が柔手を 我が肩に     以你柔夷搭我肩膀
ここには人目も 無いものを  因為此處無人窺探


いのち短し 恋せよ少女    生命短暫  去戀愛吧少女
黒髪の色 褪せぬ間に     在黑髮尚未褪色時
心のほのお 消えぬ間に    在熱情尚未熄滅時
今日はふたたび 来ぬものを  因為今日不會再




ゴンドラの唄 小林旭


少女易老戀難成,一寸光陰不可輕。
未覺池塘春草夢, 階前梧葉已秋聲。


盛年不重來, 一日難再晨。
及時當勉勵, 歳月不待人。


琵琶湖周航の歌(Song of Rowing Round Lake Biwa)

"Seta sanset" drowing by Utagawa Hiroshige, can have drawn around the year 1834. (upper left is Lake Biwa,lower right is River Seta and Bridge Seta-no-karahashi, left side is  near Mihogaseki,the point of departure for the Lake Biwa circumnavigation,and upper right is Mt.Ibuki)
「勢多夕照」歌川広重により1834年ごろ描かれた錦絵(正面が琵琶湖、手前は瀬田川、橋は瀬田の唐橋、画面左端が琵琶湖周航の起点の三保ヶ関付近、右上の山は伊吹山)



Ladies and gentlemen!


"Song of Rowing Round Lake Biwa" is the older students song of  Japan.
This song title is "Biwako-shuukou no uta" in Japanese,
This song means the view on the boat around Lake Biwa.

Lake Biwa is the largest lake in Japan.
Its size is 80 times of the Lake Sun Moon(日月潭)in Taiwan.
Bat only 10 percent of the Lake Dongting(洞庭湖)in Chaina ,
and only 1 percent of the Lake Michigan(ミシガン湖) in USA.

 Now,  everyone,let's sing cheerful voice!

 Thanks yall!

琵琶湖周航の歌(Biwako shuukou no uta)
"Song of Rowing Round Lake Biwa"


1.我は湖の子 放浪の(Warewa Uminoko sasurai-no)
  I am a child of the lake, I always travel


  旅にしあれば しみじみと(Tabi-nishi areba shimi-jimito)
  Around it by boat; with a quickening heart,


  昇る狭霧や さざなみの(Noboru sagiriya sazanami-no)
  In the rising mist, on the rippling waves,


  志賀の都よ いざさらば(Shiga-no-miyako-yo iza saraba)
  To the capital of Shiga, I bid farewell.


2.松は緑に 砂白き(Matsuwa midorini, sunashiroki)
  The pine trees are green and the sands are white;


  雄松が里の 乙女娘は(Omatsugasato-no otomego-wa)
  I hear that a young maiden of the Omatsu Village


  赤い椿の 森陰に(Akai tsubaki-no morikage-ni)
  Weeping behind the red camellia's forest,

  はかない恋に 泣くとかや(Hakanai koi-ni nakutokaya)
  For a short-lived love has passed away.


3.浪の間に間に 漂へば(Namino mani mani tadayoeba)
   On the waves wandering, I sometimes feel

  紅い泊火 なつかしみ(Akai tomaribi natsukashimi)
   A longing for the bright red lights of ports;

  行方定めぬ 浪枕(Yukue sadamenu namimakura)
   Having no destination, I wonder

  今日は今津か 長濱か(Kyoh-wa Imazu-ka Nagahama-ka)
   Whether to stay at Imazu or Nagahama.


4.瑠璃の花園 珊瑚の宮(Ruri-no hanazono sango-no-miya)
   Garden Lapis Lazuli, Palace Coral,

  古い伝への 竹生島(Furui tsutae-no Chikubushima)
   Many legends of Island Chikubushima;

  佛の御手に 抱かれて(Hotoke-no mite-ni idakarete)
   In Buddha's arms, 


  眠れ乙女娘 安らけく(Nemure otomego yasurakeku)
  I hope the young maiden is sleeping peacefully.

5.矢の根は深く 埋もれて(Yanone-wa fukaku uzumorete)
   Arrowheads are buried deep in the earth;

  夏草繁き 堀の跡(Natsukusa shigeki hori-no ato)
   The site of an ancient moat overgrown withgrass,

  古城に独り 佇めば(Kojoh-ni hitori tatazumeba)
   In the ancient castle I stand alone;

  比良も伊吹も 夢の如(Hira-mo Ibuki-mo yumenogoto)
   Mt. Hira & lbuki stand like a dream.


6.西國十番 長命寺(Saigoku juban Chohmeiji)
   At Chomeiji, the tenth temple of the pilgrimage,

  汚れの現世 遠く去りて(Kegare-no utsushiyo tohku sarite)
   The filth of the secular world seems far away;

  黄金の波に いざ漕がん(Kogane-no nami-ni iza kogan)
   On the golden waves, let us row a boat,

  語れ我が友 熱き心(Katare waga-tomo atsuki kokoro)
   Tell me my friend, your passion heart.




Lake Biwa Rowing Song (in English) 琵琶湖周航の歌 英語版


琵琶湖周航の歌

 【旭日に映える琵琶湖】


 琵琶湖周航の歌(びわこしゅうこうのうた)は、滋賀県の琵琶湖および周辺地域を題材とした、日本の学生歌の一つで、丁度100年前の1917年(大正6年)6月28日琵琶湖岸今津の宿で原詩が作られました。
 この詩を作ったのは、当時旧制第3高等学校(現京都大学)の学生であり水上部(ボート部)員であったった19歳の小口太郎(おぐちたろう)、部の恒例行事である琵琶湖周航の途中、琵琶湖や滋賀県の自然風景・建築物などを盛り込んで「琵琶湖周航の歌」として部員に披露しました。
 その後、何度か修正を施し、現在の形になったのは、翌年でした。
 小口太郎は、高校卒業後東京帝国大学の理学部に進み、在学中に研究開発した「有線及び無線多重電信電話法」により国際特許を取る等将来を嘱望されましたが、卒業の2年後1924年(大正13年)5月16日、惜しくも26歳の若さで病死しました。


 この詩に付けられた曲は、元々琵琶湖ともボートとも無関係なものを借用したものです。
 作曲者は吉田千秋、元は大日本農会附属東京農学校(現・東京農業大学)の学生でしたが、肺結核が悪化した為19歳で退学しました。
 その後、茅ヶ崎南湖院などで療養しておりましたが、20歳になった時、2年前に自ら翻訳していた英国の児童唱歌「睡蓮(和名ひつじぐさ)」に、自ら作曲した曲を付けたものが、雑誌「音楽界」の大正4年(西暦1915年)8月号に掲載されました。
 吉田千秋は、稀有な才能に恵まれ、しかも努力の人でした。
 退学後、独学で7箇国語を修得して、訳詩や作曲などに勤しみましたが、残念ながら健康には恵まれず、1919年(大正8年)  2月24日、24歳の短い生涯を閉じました。


 この当時、著作権の概念は希薄であったようで、三高の学生は、吉田に断わることなく、「ひつじぐさ」の曲を借用して替え歌として「 琵琶湖周航の歌」を歌っておりました。


 吉田自身も自分の曲が使われていることを知る由もなく世を去っています。
 共に夭逝した作詞者・作曲者、この二人の天才が生きて出会うことはありませんでした。


 「 琵琶湖周航の歌」は、テレビもラジオもないこの時代に、口伝えだけで、数年後には全国の学生が歌うようになっていました。


【琵琶湖周航のコース図】


 上図は、作詞者の小口太郎が作詞する前年の大正6年6月に実際にボートでたどった周航コース図です。


 コースは、琵琶湖南西の三保ケ崎(現大津市浜大津の大津港付近)を起点に、時計回りになっています。
 歌詞に登場する地名や建物も、この順になっています。
 なお、第1節の歌詞にある琵琶湖周航のスタート地点「志賀の都」とは、7世紀後半に天智天皇が約五年間、都をおいた近江宮(おうみのみや)、三保ケ崎の所在地である滋賀県大津市を指しています。



 琵琶湖周航の歌        琵琶湖周航之歌

1節
われは湖(うみ)の子 さすらいの      我是湖的孩子 流浪
旅にしあれば しみじみと          如果要旅行有 痛切地
昇る狭霧(さぎり)や さざなみの      上昇的霧 微波
志賀の都よ いざさらば           志賀的都城  那麼再見吧

2
松は緑に 砂白き              松到綠沙白來到
雄松(おまつ)が里の 乙女子は       雄松村里的 少女孩子
赤い椿の 森陰に              紅的山茶的 森林向陰
はかない恋に 泣くとかや          為虛幻的戀愛懊悔的話


3節
波のまにまに 漂えば            如果隨著 洋溢波
赤い泊火(とまりび) 懐かしみ       紅的泊火懷念
行方定めぬ 波枕              不決定去向的 乘船出門旅行
今日は今津か 長浜か            今天是今津村還是長濱村

4節
瑠璃(るり)の花園 珊瑚(さんご)の宮   藍寶石的花園珊瑚的宮
古い伝えの 竹生島(ちくぶじま)      舊的傳言的 竹生島
仏の御手(みて)に 抱(いだ)かれて    佛的御手被抱
眠れ乙女子 やすらけく           能睡著少女孩子 安樂

5節
矢の根は深く 埋(うず)もれて       箭頭深深地 埋洩露
夏草しげき 堀のあと            夏天起草戲劇溝後邊
古城にひとり 佇(たたず)めば       為古城一個人佇立樣子
比良(ひら)も伊吹も 夢のごと       比良山和伊吹山都每夢的


6節
西国十番 長命寺              西國十號寺的長命寺
汚(けが)れの現世(うつしよ) 遠く去りて 塵埃的世間 遠方離開
黄金(こがね)の波に いざ漕(こ)がん   為黃金的波浪 那麼開始漕
語れ我が友 熱き心             能談我朋友 熱的心





琵琶湖周航の歌 斉唱版