伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

フィリピン(神風特攻隊を尊敬する国)


【パンパンガ州にある「マバラカット東飛行場跡」の神風平和記念廟の銅像】


 フィリピンは、1529年にスペインの領有するところとなり、1898年の米西戦争の結果として統治権がスペインからアメリカに譲渡された。


 大東亜戦争により、日本軍が進駐するまでの400年間、米西の過酷な搾取にあえいでいた。


 フィリピンが独立したのは、1943年10月14日、大東亜戦争の最中であった。


 フィリピン、サマット山頂のメモリアル地区には立派な戦争博物館があり、往時を偲ぶことができる。当時のフィリピンの様子をとらえた1枚の写真には次の説明が記されている。


 “THE JAPANESE MEDICAL CORPS RESPONDING TO THE PEOPLES NEEDS”


 つまり進駐した日本軍は、地元フィリピンの民衆の求めに応じて医療活動を行っていたという内容であり、事実をそのまま書き記している。


 戦後のフィリピンの対日感情は、親日・反日が綾なす複雑な様相を呈している。


 フィリピンは、華僑が牛耳る国である。


 フィリピン華僑のグループは、政府寄りの富裕層と中共よりの労働者層に二極化されていて、双方が対立を繰り返している。


 また、富裕層グループが形成している財閥も、アヤラ(スペイン系―不動産分野)とシー(華僑系―ビジネス分野)という二つの系統に分かれており、必ずしも 一枚岩ではない。


 この事実が、複雑な対日感情の根底にあり、現在、親日に傾きつつある背景には、南シナ海における中共の脅威によるところが大である。


 このため、神風特攻隊員は日本人であるにもかかわらず、次のように白人の横暴に最後まで抵抗した英雄として尊敬されている。

●大東亜戦争で180万人もの人々が亡くなったことで、日本への敵意はどこの国よりも強いだろうと思われがちなフィリピンでも日本軍は尊敬されていた。平成12年10月25日、日本の神風特攻隊が誕生したフィリピンのマバラカットで、なんとその神風特攻隊の慰霊祭が挙行されたのである。


●そしてこの式典に参加していたダニエル・ディゾン画伯は、なんとフィリピン・カミカゼ記念協会の会長だった。ディゾン画伯は語る。「私は、ヨーロッパ、アメリカ、中国、フィリピンの歴史をまさざまな角度から検証してみました。その結果、なぜ日本が立ち上がり、戦争に打って出たのかがよくわかったのです。そして日本が、欧米列強の植民地支配に甘んじていたアジアを叱責した理由も理解できたのです」


●向き直った画伯は右手に拳をつくって語気を強めた。「当時、白人は有色人種を見下していました。これに対して日本は、世界のあらゆる人種が平等であるべきとして戦争に突入していったのです。神風特別攻撃隊は、そうした白人の横暴に対する力による最後の“抵抗”だったといえましょう」


●さらにこの同じ日、バンバン村でも慰霊祭が催されたのだが、このとき参加していた地元のサンロック高校の女子高校生らに神風について意見を求めたところ、彼女たちは満面の笑みで日本の神風特別攻撃隊を“ヒーロー”と称えていたのだ。そして引率教員はこう話してくれた。「こうした歴史教育を通じて、子供たちに国を守ることの大切さを知ってほしいのです」

               《井上和彦 Voice2014/4月号》

 
 殆ど、マスコミで報道されてはいないが、フィリピンに関する次のような証言があるのも事実である。


 《2007年防衛庁を省に昇格させた後、内閣総理大臣安倍晋三は、フィリピンに行ってアロヨ大統領と首脳会談を行った。
 そのときアロヨ大統領は「日本が防衛庁を省に昇格させたのは本当によかった。日本人が民主主義とシビリアンコントロールに自信を持ったと理解している。そしてアジアの安全保障において日本が指導力を発揮して行こうという意思の表れだと私は受け止めて歓迎したいと思う」といった。
 首脳会談のこの部分を記事にして掲載したのは産経新聞だけだった。》


 《2012年12月10日、大手研究機関のヘリテージ財団が討論会を主催した。「韓国と日本の選挙を評価する」と題された一種のシンポジウムで、ブッシュ前政権の国家安全保障会議でアジア上席部長を務めたマイケル・グリーン氏は、フィリピン外相が最近、中国の軍拡への抑止として、日本が消極平和主義憲法を捨てて、「再軍備」を進めてほしいと言明したことを指摘した。


 これは、フィリピンのアルバート・デルロサリオ外相がイギリスの『フィナンシャル・タイムズ』のインタビューに応じて、日本の軍備増強への明確な要望を述べたことを踏まえての発言であった。


 グリーン氏はその外相発言を踏まえて更に語った。
 「日本がアジア全体の軍事的脅威になるという中国の主張は、他のアジア諸国は信じないでしょう。東南アジア諸国はむしろ日本の軍事力強化を望んでいます。中国の軍拡へのバランスをとるという願いからです」》



 左翼系のマスコミの論調は、軍事力の増強にも当たらない単なる防衛法制の整備ですら、アジア諸国の軍事的脅威であるとするが、これはあたかも敵国の論理である。


 必ずしも親日とは言えないフィリピンですら日本の軍備増強を望んでいる。


 アジアにおいて、日本の自衛力を脅威であるとする国は、隙あらば他国の領土や財産を掠め取ろうと企む、中共と南北朝鮮のみである。


 今後、日本の政治家・学者・ジャーナリストの為すべきことは、客観的な調査と情報の冷静な評価・比較に基づく正当な歴史認識とミリタリーバランスを踏まえた国際関係の緻密な現状分析である。
 ところがそれをやらずにアメリカの戦後の言い分や日本占領政策を鵜呑みにし、更には敵性国家の偽造した歴史に基づく反日教育をそのまま真実とみなしてメディアに垂れ流すところに、我が国内にも正しい歴史認識が広まらない構造的、根本的な問題がある。


ベトナム(共産主義の国)

 【ベトナムの風景画】


 日本軍の仏領インドシナ(現ベトナム・ラオス・カンボジャ)進駐は、大東亜戦争開始前から行われたため、その占領政策とフランスによる植民地政策とは、他のアジア諸国とは異なる独特の経過をたどりました。


 1940年に始まった仏印進駐の目的は、「援蔣ルート」の遮断にありました。


 「援蔣ルート」とは、1937年から始まった支那事変において、イギリスやアメリカが中華民国の蒋介石政権を援助する為に設定した補給ルートのことです。
 主に四つあった援蔣ルートのうち、最大のものが仏印ルートでした。


 日本は、宗主国であるフランスに対し、ルートの閉鎖を繰り返し求めていましたが、受け入れられませんでした。


 1940年6月、ドイツがフランス全土を制圧して、フランスのヴィシーに親独政権が誕生したことから、日本軍は援蔣ルートの遮断の為、仏印への進駐を開始しました。


 当時はまだ、大東亜戦争開始前でしたので、「東亜の欧米植民地支配からの解放」という戦争目的はなく、また、ヴィシー政権が日本の同盟国のドイツの傀儡であったことから、日本軍の進駐は概ね平和裏に行われ、現地の仏領インドシナ政府(もちろんフランス人です)もフランス軍もそのまま残り、日本軍はイギリスやアメリカの援蔣ルートを遮断するために1個師団だけを駐留させることになりました。


 その後、完全にフランス勢力を追い出して、日本軍の援助によりベトナムが独立したのは、1945年3月のことであり、日本軍による占領統治は、わずか5箇月に過ぎませんでした。


 日本軍の占領政策については、元毎日新聞の海外特派員であった古森義久氏が、雑誌「正論」2010年3月号で、次のように述べています。


 《「ベトナムに進駐した日本軍の将兵はみな規律正しく、地元民に悪いことはせず、むしろ親切でした」という言葉をベトナム人の高齢女性から聞いたときのその衝撃は、なお忘れられない。ベトナム戦争最中の1972年、初めて毎日新聞の海外特派員として赴任した南ベトナムの戦場での経験だった。それまで日本で「日本軍将兵は東南アジアで残虐の限りを尽くした」という教えをさんざんに受けていたからだった。》



 ところが、大東亜戦争中にベトナムに進駐した日本軍が日本兵の食料として、ベトナムの農民に米を大量に供出させ、その結果、ベトナム北部で大飢饉が起こり、200万人の餓死者が発生したという話があります。


 この話の出所は、日本の敗戦時、一時的に無政府状態になったベトナムで、武力革命を起こして政権を簒奪した共産主義者ホー・チミンが1945年9月2日に行った独立宣言の中に、「フランス・日本の二重支配によってベトナム人200万人が餓死した」と書いてあることによります。


 1994年にベトナム労働・傷痍軍人・社会事業省がまとめた「ベトナムにおける日本ファシストの犯罪」と題した特別報告書でも、日本軍のせいで、ベトナム北部で200万人以上が餓死したと書かれています。


 この特別報告書を入手した共同通信の記者がこのニュースを何一つ検証することなく、日本国内の新聞に配信したことから、多くの日本の新聞がこの「200万人餓死事件」を真に受けてこれらも何の証拠もないにもかかわらず、そのまま報道しました。


 以下に挙げるのは、平成6年11月5日付けの毎日新聞の記事ですが、ほかにも共同通信から配信を受けた多くの地方新聞が同様の記事を掲載しています。


【「旧日本軍の蛮行」非難「200万人餓死事件」ベトナムが特別報告】


《「報告書によると、40年9月にフランス領インドシナに進駐した旧日本軍は、その年の3ヶ月間だけで46万8千トンのコメを調達、44年までに計約355万トンを調達した。当時、北部デルタで収穫される、夏・秋米は毎年約108万トンとされており、年によってはほぼその全量を旧日本軍が調達したことになる。
 この結果、冬・春米の収穫を加えても44年11月から45年5月までの間、北部デルタの住民に残された米はわずか95万トン。これは『750万人が辛うじて飢えをしのぐだけの量』で国内での食糧搬送も厳しく制限されたため『200万以上が餓死した』としている」》



 この毎日新聞をはじめとする新聞記事に対して、仏印駐留軍(第21師団)に所属していた元日本軍兵士、中山二郎氏は、雑誌「正論」に次のような反論を寄せています。


《「ベトナムに駐留していた第21師団の兵員数は、多くみても25000人。1人1日コメ5合(750グラム)として、師団全員のコメ消費量は1日18750キロ、1年間の所要量が6843・75トンという計算になる。 
ところが、報じられたベトナム側の発表の46万8000トン(初めの3ヶ月間)が正しければ、日本軍が68年分以上のコメを調達したことになる。また、355万トンは日本軍の消費量の518年分になり、正気の沙汰ではない。」》


 一方、この日本軍による大量餓死の作り話を真に受けて、わざわざベトナムで現地取材を行って嘘をまことしやかに本に著したノンフィクション作家もいます。


 「ベトナム“200万人”餓死の記録―1945年日本占領で―」を書いた早乙女 勝元がその作家で、彼はベトナムを訪れて、ハノイの革命博物館を見学しました。


 そして、《革命博物館の「日本軍との戦い」という部屋には、「日本軍のためハノイでは200万人が餓死したり殺されたりした」と説明書きがあり、山積みされたガイコツの写真が掲げられていた》と書いています。


 更に続けて早乙女は次のように書いています。


 《「それぞれが、新聞紙の半面ほどで、そう大きなものではない。さりげなく掲げられたという感じだったが、累々と何層にも積み上げられた頭蓋骨の山また山に、まず目がとまる。シャレコウベはぽっかりと開いた二つの眼窩に、前歯をむき出しにしている。うらめしげに口腔を開いているのだった。・・」》


 どうやら、日本のノンフィクション作家という者は、フィクション(作り話)をそのまま書けば務まる商売のようです。



 その後、産経新聞の記者、高山正之氏が早乙女の訪れたハノイの革命博物館を見学し、早乙女が見たのと同じ説明書きや写真を見ますが、案内する共産党幹部に次のような質問をしたそうです。


《「日本はフランスのヴィシー政権と協定を結んで1941年11月からおよそ4年間、ベトナムに駐留したが、1945年3月にベトナムのバオ・ダイ帝が日本軍の援助の下、クーデータを起こして仏植民地軍を追い出すまで、ベトナムでは、仏植民地軍と共存していた。
 実際に日本軍がベトナムを支配したのはこのクーデターから数えて終戦までのわずか5ヵ月間でしかない。
 どうやれば、そんな短期間に200万人もの人間を餓死させられるのか?」》


 すると、その共産党幹部は「これは、政治宣伝だった。」とあっさり認めたというのです。



 「南京大虐殺」もそうですが、ベトナムや中共、ロシアなどの共産国家や南北朝鮮のような反日国家は、プロパガンダ(政治宣伝)を非常に重要視していて、自国の国益に適うとみれば平気で嘘の発表を行います。


 そのため、彼らのいうことは常に眉にツバをつけて聞かなければならないのですが、日本の左翼の政治家や学者やジャーナリストの多くは、そのような政治宣伝目的で、事実とは異なる情報を検証もせずに鵜呑みにし、日本に帰国して、それを吹聴し、彼らの宣伝の片棒を担ぐのです。


 ベトナムや中共が自分の国に都合のよい嘘をつくのは、それが彼らの国益につながると信じているからで、その意味では、理解できなくもないのですが、日本の左翼たちが、ありもしない日本軍の残虐行為を言いふらして、日本や日本人を貶めようとする動機はさっぱり理解できません。


 自分たちも日本人でありながら、日本が過去に犯した悪行を暴く良心的な日本人であるとでも考えているのでしょうか。


  遺憾ながら、私にはそういう「良心的日本人」は、敵国を利する売国奴にしかみえません。


長崎の鐘(永井隆博士のこと)


【爆死した妻の為に喪に服す永井隆博士(昭和21年1月)】


 20年ほど前、長崎市の永井隆記念館を訪れた折、偶々、博士の娘の茅乃(かやの)さんにお会いして、博士の事績について親しくお話を聞く機会を得ました。
 なお、茅乃さんは、被爆時3歳、博士が永遠の眠りについたときでも8歳でしたので、その記憶は、それほど詳細なものではなく、博士の著書から得たものや他人からの伝聞もあるとのことでした。


 永井博士は、1908年(明治41)2月3日、島根県松江市生まれ。1932年(昭和7)長崎医科大学卒業後、同大付属病院にて放射線医師として勤務していました。
 戦時中は、X線フィルムの入手が困難であったため、直接透視という危険な方法で診断を続けていたため、1945年(昭和20)6月には、過度の散乱放射線被曝による慢性骨髄性白血病で「余命3年」と診断されたそうです。
 その2ヶ月後の8月9日、長崎市に投下された原子爆弾で、爆心地から僅か400メートルの位置にあった病院は壊滅的被害に会いました。
 博士自身も、右側頭動脈切断の重症を負いましたが、自ら止血処置をして、直ちに被爆者の救護活動にあたりました。
 被爆時から、昼夜を分かたず不眠不休の治療を行っていた博士には、家庭を顧みる余裕がありませんでした。


 ふと我に返って「家はどうなっているんだろう? 一度見に行かなくては」と思いついたときには、既に被爆から三日を経過していました。その途端「緑は!?」そういえば、被爆の日から妻の緑(みどり)に会っていません。
 急いで病院の隣の浦上天主堂近くにある自宅に帰って見ると、自宅があったはずのところには瓦礫のほかには何もありません。懸命に探すうち、台所だったところの隅のほうに小さな黒い塊がありました。骨盤と腰椎の一部でした。その脇に妻がいつも身に付けていたロザリオが残されていました。


「緑っ、緑―っ!」 博士の頬を、滂沱の涙が止め処なく流れました。


 【緑夫人のロザリオ】


 救急で息つく暇も無かったとはいえ、自宅の被害の程度が分からなかったとはいえ、どうして妻のことを忘れてしまったのか、なぜ直ぐに帰ってやらなかったのか、なぜ当日少しでも側で祈ってやれなかったのか。
 博士は自責の念にかられ、後に疎開先から呼び戻した二人の子供と住んだ2畳一間の
<如己堂>で、原爆の悲惨さを書き残す決心をします。


 妻を失った悲しみのなか、その後も博士は被災者の救護活動を続けましたが、翌1946年(昭和21)の年末には自身の病状が悪化し、寝たきりの生活を余儀なくされてしまいました。


 その体に鞭打って、「長崎の鐘」「この子を残して」「ロザリオの鎖」など17冊の著書を書き上げて恒久平和実現を広く訴えました。


 博士は、著作で得た収入の大半を、長崎市の復旧・復興のために寄付しました。また、愛する浦上の地を再び花咲く町にしようと、小中学校、高校、浦上天主堂に桜の苗木1,000本余りを寄贈。更に、両親や兄弟を奪われて荒んでしまった孤児達の心を豊かにしようと、小さな図書館「うちらの本箱」を設け、子供たちに生きる希望と勇気をあたえました。


 「長崎の鐘」とは浦上天主堂にあった<アンジェラスの鐘>のことで、原爆で崩壊した瓦礫の中から掘り出され、有志の手で仮鐘楼に安置されて再び美しい音色を流し始めて復興のシンボルとなりました。この鐘は、今でも再建された天主堂で澄んだ音色を響かせ、世界平和を訴えています。
 永井博士は、この長崎の鐘の音を聞きながら、妻・緑の冥福を祈り、長崎の復興と世界の平和を願いつつ書き上げた最初の著書の題を「長崎の鐘」と名付けました。


 この「長崎の鐘」は、後に歌になり、映画にもなって、博士の平和への祈りは、今でも人々の心の中に生き続けているのであります。


【浦上天主堂のアンジェラスの鐘(長崎の鐘)】


 博士は、それからも著作を続けましたが、1951年(昭和26)4月、「乙女峠」脱稿を最後に容態が急変、同年5月1日、幼子二人を残したまま天国の妻のもとへと旅立ったのであります。
 5月3日に先ず浦上天主堂でミサが捧げられ、同日に長崎市は市公葬を行うことを決めました。
 5月14日 9時から浦上天主堂で執り行われた長崎市公葬には約2万人の市民が参列しました。
 長崎市長の田川務は総理大臣の吉田茂等300通の弔電を1時間半にわたって読み上げました。
 正午に浦上天主堂の「長崎の鐘」が鳴ると全市の寺院、工場、船舶の汽笛が一斉に鳴り響き、長崎市民は1分間の黙祷を捧げました。
 その後、博士の亡骸は長崎市坂本町にある国際外人墓地に緑夫人と共に葬られたのであります。


 永井隆博士享年43歳。妻の緑の旅立ちから僅か5年9箇月後のことでありました。


                    合掌




藤山一郎/長崎の鐘


 長崎の鐘            長崎之鐘


こよなく晴れた 青空を     沒有一片雲的 藍天
悲しと思う せつなさよ     悲哀地想的 痛苦也
うねりの波の 人の世に     蜿蜒的波浪的 向人世
はかなく生きる 野の花よ    短暫生活的 野的花
なぐさめ はげまし 長崎の   相安慰 相鼓勵 長崎之
ああ 長崎の鐘が鳴る      啊啊 長崎之鐘響矣



召されて妻は 天国へ      被召見妻子 向天国
別れてひとり 旅立ちぬ     分別是一個人 出發也
かたみに残る ロザリオの    留存在遺物的 祈禱用的念珠
鎖に白き わが涙        上鎖鏈白的 我眼淚落
なぐさめ はげまし 長崎の   相安慰 相鼓勵 長崎之
ああ 長崎の鐘が鳴る      啊啊 長崎之鐘響矣


こころの罪を うちあけて    心的罪 説出神而
更け行く夜の 月すみぬ     深去的夜晚的 月皓皓
貧しき家の 柱にも       對貧窮的房子的 柱子
気高く白き マリア様      高尚很白的 瑪麗亞像
なぐさめ はげまし 長崎の   相安慰 相鼓勵 長崎之
ああ 長崎の鐘が鳴る      啊啊 長崎之鐘響矣