伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

子育て母さんのための教育理論


【大和ミュージアムパンフレットから引用】


 上掲の一首は、海軍大将山本五十六が、米沢藩第9代藩主上杉鷹山の「してみせて
言って聞かせて させてみる」という遺訓を元に、教育訓練の要則について、端的に詠んだものです。


 子育て母さんのために、若干、補足説明します。


 ここで言わんとすることは、教育に当たって重要なことは、1展示、2説明、3実習、4評価の4段階であるということに他なりません。


1 やってみせ(展示)
  何事においても、先ずは、親が手本を示すことが大切です。
  展示は、子供に対して、あるべき姿を認知させるものです。


2 言って聞かせて(説明)
  例えば、子供に水泳を教えるのであれば、展示しただけでは子供は泳げません。
  どうすれば泳げるのか、その心構えや、具体的な手足の動かし方を説明する必要があります。更にはそのコツまでも説明できれば申し分ないでしょう。


3 させてみて(実習)
  展示と説明だけで、泳げるようになるのなら苦労はしません。
  水泳を習得するためには、子供自身が自らの身体と頭を使って実習することが不可欠なのです。


4 誉めてやらねば(評価)
  実習の各段階で、出来たことを誉めて自信を持たせることが、次へのステップアップにつながります。
  もちろん、出来ないことも数多くあるでしょう。その際は、また、「1 やってみせ(展示)」にフィードバックして反復演練することが肝要なのです。


5 人は動かじ(成果)
  以上の、展示から評価に至る段階的教育と反復演練を行わないと、思うような教育成果は得難いでしょう。


 なお、この山本五十六の教育理論には、続きもありますが、次回、ご紹介します。
 



男の修行

(大和ミュージアム資料から引用)


  75年前の、日米開戦時に連合艦隊司令長官であった海軍大将山本五十六は、数多くの名言を残していることでも知られています。


 「男の修行」もその一つで、多くの企業経営者が、座右の銘としています。

 

 【男の修行】


 苦しいこともあるだろう
 云い度いこともあるだろう
 不満なこともあるだろう
 腹の立つこともあるだろう

 泣き度いこともあるだろう


 これらをじとこらえてゆくのが男の修行である。


 この言葉は、耐えることだけが人生であるかのように誤解されがちですが、あくまでも、じっとこらえてゆくのは、「修行」であると述べているのです。

 つまり、修行の結果として、何か大きな人生の目標を達成できると示唆しているのです。


 人生の目標とは何ぞや?

 それは、人それぞれの立場や人生観によって異なるものであり、ここでは述べられていないのです。


 要は、大望を抱く者は、その本懐を遂げるための準備中には我慢することも必要であると教示しているのであります。


 なお、山本五十六自身は、決してこの言葉通りの我慢の人ではありませんでした。


 自分の乗る旗艦の冷蔵庫には、本土から取り寄せた菓子や果物など自分の好物を山ほど蓄えてそれを毎日食べていたため、痛風や脚気などの生活習慣病を患っていました。

 また、私生活においても、妻の他に妾も一人囲っておりながら、毎日のように芸者遊びにうつつを抜かしておりました。


 此の言葉は、本人自身の経験に基づき、本人にはできなかったことを後世の為に、反省と自戒の念を込めて述べたものと解すれば蓋し名言でありましょう。



 そもそも、スローガンや標語の類には、それを標榜する人や組織には出来ていないことや不足していることが取り上げられていることは珍しくありません。


 例えば、相次ぐ不祥事で世間を騒がす三菱自動車の企業理念は、

 「大切なお客様と社会のために、走る歓びと確かな安心を、こだわりをもって、提供し続けます。」というものなのです。


 今まで、

 「大切な会社の為に、客の安心・安全を犠牲にして、こだわりをもって、だまし続けてきた」企業体質に鑑みると、ほとんどブラックユーモアですが、自らの組織に何が不足しているかをよく理解した上で打ち上げた立派なスローガンなのです。


 

国民気質(地政学編)

  

 育ちの違う3人がカッパ食堂でラーメンを注文した。

 出来上がったラーメンには、どういうわけか、蝿が一匹づつ入っていた。



島国育ちの日本人は、カッパ店長に頼んで、別のものに変えてもらった。


半島育ちの韓国人は、蝿を残して食べ終わってから店長を呼びつけて代金を踏み倒した。


大陸育ちの中国人は、何事もなかったかのように、蝿も一緒に食べてしまった。