伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

懺悔文(さんげもん)

 懺悔文(さんげもん)とは、仏教典の一つ、華厳経四十巻本の普賢行願品から採った偈文(げもん)であり、懺悔偈(さんげげ)とも呼ばれている韻文で、仏教各宗派の在家信徒が日常の読経に用いているものです。
 この偈文は一見、漢詩の七言絶句のような体裁をとっていますが、平仄・押韻などは近体詩の形式にはなっていません。
 ただし、各句内の語句の切れ目は、漢詩と同じく2字2字3字となっているので、読み下すのはさほど難しくはありません。


 以下、伊賀山人の恥かしきことのみ多かりし青春を回顧しつつ、訓読文と口語訳とを掲載します。


 訓読文
 我れ昔より造る所の諸[もろもろ]の悪業[あくごう]は、
 皆な無始[むし]の貪[とん]瞋[じん]痴[ち]に由[よ]り、
 身[しん]語[ご]意[い]従[よ]り生[しょう]ずる所なり。
 一切を我れ今[いま]皆な懺悔[さんげ]せんとす。



 口語訳
 私が昔からなしてきた様々な悪しき行いは、

 すべて始まりも分からない程遠い過去からの、貪りと怒りと愚かさの三毒を原因として、
 身体の行い、口の行い、心の行いの三業から生じたものである。
 それら一切のことを、私は今全て悔い改めようとしている。



 なお、この懺悔文は、元々古代インド語(サンスクリット語やパーリ語)で書かれていたものを後世の人が漢訳したことにより、翻訳された国や地域、宗派ごとに若干表現を異にします。


 次に台灣のmoliさんの記事に掲載されている偈文を引用し、その白文と訓読文をご紹介して読者のご高覧に供します。
 なお、支那語本来の漢字1字は一音節、つまり読むときの長さは同じですので、漢文を音読する際には、「由 無 始」などのように日本語では「ゆ む し」とそれぞれひらがな1字で表記される漢字は「ゆー むー しー」のように長音で読むと原音に近くなります。





      白文
 往昔所造諸悪業 [おうせきしょぞう しょあくごう]
 皆由無始貪憎痴 [かいゆーむーしー とんぞうちー]
 従身語意滋所生 [じゅうしんごーいー しーしょしょう]
 如今佛前皆懺悔 [にょこんぶつぜん かいさんげー]


   訓読文
 往昔[むかし]より造る所の諸[もろもろ]の悪業[あくごう]は、
 皆な無始[むし]の貪[とん]憎[ぞう]痴[ち]に由[よ]り、
 身[しん]語[ご]意[い]従[よ]り滋[ますます]生[しょう]ずる所なり。
 如今[いま]佛前[ぶつぜん]に皆な懺悔[さんげ]せんとす。


 

伊賀山人回顧録(青春編その12岡山県:17・18歳卒業)

 1969年(昭和44年)の正月を迎えた。
 高校の全ての授業は前年末で終了して、卒業までの3箇月閒は、生徒それぞれの受験勉強期間に充てられた。


 既に進路を決めていた伊賀山人は、友人の邪魔にならぬよう殆ど一人で行動していた。
 

 【昭和44年元日 高校の事務室前にて、左が伊賀山人】


 元日早々、学校も休みのはずであり、何をしに行ったのか覚えていない。
 右に居るのは、中学からの級友M、この後山口大に進み、ダイキン工業に就職した。



 【岡山空港から安倍池越しに見る飛行船 S44.1.16】


 当時の岡山空港は、児島湾の締切堤防の北側付近にあった。現在の岡南飛行場である。
 新年早々、ここへ何をしに行ったのかは覚えていない。


 【飛行船】


 着陸している飛行船を見るのは、生まれて初めてのことであり珍しかった。



 【D高校図書館において】


 2月、18歳になった伊賀山人は、図書館から借りていた本を全て返しに行った。
 この写真が、高校生活最後の写真となった。


 伊賀山人は、学業には余り熱心に取り組まなかったが、本だけはよく読んだ。
 この図書館の文学全集と自然科学や武術関係の本は殆ど読破した。
 また、収蔵されている難解極まる全ての哲学書を読みふけり、人生の意味について考えた。


 当時の高校生は今の高校生に比べると老成していたと思う。
 デカンショ(デカルト、カント、ショウペンハウエル)くらいは読んでいないと友人との話しにならなかった。
 お蔭で、睡眠時間は毎晩5時間くらいであった。


 しかし、「人生とは何ぞや?」「生きる意味とは何ぞや?」という究極の疑問が解けることはなかった。
 それらについては、幾つかの本にまことしやかに書かれてはいたが、それはその著者の個人的見解に過ぎず、伊賀山人の了とするところではなかった。
 特に、額に汗して働いたこともないような、人生経験の少ない宗教者や霊能者の言には説得力が欠如しており、得るところが少なかった。


 結局、そのような哲学的疑問に正解はなく、人それぞれ、自分で見出すべきものであるということを悟るのみであった。



 そして、3月中旬、卒業式を迎えた。
 式には、先の記事でも紹介した元教頭で現N高校の校長であるGが来賓としてやって来て祝辞を述べた。
 通常、来賓祝辞などは聞き流しておけば済む話であるが、この時だけは事情が違った。
 Gが話しているのは、何と伊賀山人と医学部志望のFとが、夏休みにGを訪ねて行った時のことであった。


 時に感涙に咽びながらGが語った要旨は次のようなものであった。


 「昨年、命によりN高校へ転属した元教頭のGであります。N校へ着任して間もなく夏休みを利用して本校の二人の生徒が訪ねてきた。聞けば、私に一言礼を言うだけのために、8月猛暑の炎天下100キロの道程を自転車に乗って来たとのことであった。私はそれを聞いて感激のあまり涙がこぼれそうになった。本日ここに目出度く卒業式を迎えた彼らは、この3年間で、優れた決断力と実行力とを兼ね具えて、義を重んずる立派な生徒に成長した。私は彼らを誇りに思う。また、私の40年に喃々とする教師生活の中で、私を慕って生徒が訪ねてきたことは初めての出来事であった。浅学菲才の不肖Gの教育が少しでも彼らの役にたったとしたなら欣快これに勝るはない。私は、この慶事を人生最良の思い出として終生忘れはしないであろう。ここに居る卒業生諸君全員が、本日卒業してからも日々自学研鑽に努めて、彼らのような立派な青年になることを切に希望するものであります。云々・・」


 私は、恐縮の余り全身が石のように固まって、冷や汗を流しながらGの祝辞を聞いた。
 何故なら、我々がGを訪ねたのは、礼を言うためでもなければGを慕ってのことでもなかった。ただ単に、無料で昼飯に有り付きたかっただけのことで、動機は不純そのものであったのだから。


 涙にくれるGの前で「仰げば尊し」を柄にもなく本気で歌い上げて式が終わると、現実主義者の医学部志望が私に言った。
 「お前のような非行少年を立派に立ち直らせたんじゃから、Gが泣いて喜ぶのも無理ないわ~」と。


 『ん~ん? 伊賀山人は非行少年だったのか?』
 『全く身に覚えのないこと・・』 と言えば嘘になるが…


 その夜、私はいつものように満天の星空を見上げて思った。


 「例え動機が不純であろうとも偽善との誹りを受けようとも、結果としてGをあれほど喜ばせたのだから、嘘も方便、それはそれで決して悪いことではないだろう」と。


 そうして、大人の階段を昇り始めた伊賀山人の高校生活は幕を閉じた。


 その数年後、G先生は病を得てこの世を去った。
 夜空の星のように煌めく美しい思い出を一つ胸に抱いたままで…


 ・・・伊賀山人回顧録 出生~高校卒業 完・・・


  夏休みに元教頭G先生を訪ねた時の記事は、こちら ↓



伊賀山人回顧録(青春編その11岡山県:17歳受験シーズン)

 1968年(昭和43年)高校3年生の夏休みも終わり、受験シーズンの到来となった。
 何かと多忙を極めた伊賀山人は、学生の本分である学業については余り熱心ではなかった。
 授業を聞いて宿題をこなすだけで、受験勉強などしたことが無い。
 その為、入学時学年トップクラスであった成績も徐々に下降線を辿り、担任教師からは、「もう少し頑張らんと、このままでは東大は難しいぞ」と言われるまで低下した。
 しかしながら、試験範囲の狭い期末試験などでは落ち込みが大きかったものの、試験範囲を限定しない実力試験では未だに高位を維持していたので、特に焦りはなかった。
 そのため、相変わらず趣味本意のマイペースであった。
 なお、学園紛争により、東大の入試が中止になったことを知るのは、もう少し後のことであった。


 【高校3年秋の運動会において】
 ボロボロになった体育用シャツは、1年生の時から3年間使用したものである。


 【応援団】
 ソラリゼーションという技法により、白黒を反転させたものである。


 【同上再反転】
 現在のデジタル技術により、更に白黒を反転させてみた。
 今の女子高生であれば、この程度のスカートなら長い方であるが、当時としては、滅多に見られない超ミニスカートであり、伊賀山人たちの目を引いた。



 【遺影】
 備えあれば憂いなしということで、友人10人分くらいの遺影を作ってみた。
 保険と同じで、準備しているとなかなか使う機会が無いものである。
 伊賀山人が遺影を作ってやった10人は、今でも全員健在である。


 【皆既月食 1968.10.6笠井山にて】
 東の空から上がってきた満月が徐々に欠けていくところを多重露出で撮影したものである。
 2箇所写っていない部分は、偶々雲で隠れていた時である。

 【同上別のカメラで】



 【愛車スズキK10に跨る伊賀山人】

 卒業を前に、自動2輪の免許を取ることにした。

 当時のバイクの試験は、方向指示をウィンカーを使わず手信号で行うことになっていたので、片手運転ができることが必須であった。
 そこで、中古のバイクを1万2千円で購入して、近所の田んぼのあぜ道で1箇月くらい走り回って片手運転によるS字カーブやクランク走行の練習をし、無事、免許を取得した。


 ワンダムさんから、「順序が違う」とのご指摘を受けそうであるが、当時のバイクなど、村の寄合でしこたま酒を飲んだ百姓のオヤジが、帰り道で雨の中を傘を差して運転していても、事故さえ起こさなければ駐在警察官も何も言わない適当な時代であった。