伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

情人的眼淚 (恋人の涙)


 春は、出会いの季節でもあり、別れの季節でもあります。


 「情人的眼淚」は、1958年当時の英領香港で発表された楽曲です。
 春になって花咲く季節の男女の別れを詠ったものです。


 作曲は当時41歳の姚敏、作詩は当時51歳の陳蝶衣、この香港在住の中年コンビが軽快な洋風のメロディーに乗せて、涙にくれる乙女心を見事に綴っています。 

 なお、詩中で男の言う「再会」とは一般的には二度と会えない相手に言う「さようなら」の意ですが、文字通り、「もう一度会いたい」という意味にとることもできます。
 従って、この歌詞は普通に読むと失恋の歌ですが、旅に出る男との再会を約束する歌とも取れます。
 
 蔡幸娟小姐の演唱では、この曲の「好春才來…」以下を2回歌っていますが、1回目は別れの寂しさを、2回目は再会への期待を情感豊かに歌い分けています。
 卓越した歌唱力をご清聴ください。
 
 情人的眼淚(恋人の涙)
           作詞:陳蝶衣   作曲:姚敏


為什麼要對你掉眼淚    (貴方に会うとどうして涙が落ちるのか)
你難道不明白是為了愛   (まさかそれが愛のせいだとは、貴方は分かっていないのね)
只有那有情人眼淚最珍貴  (ただかけがえのない恋人の涙が有るだけなのよ)
一顆顆眼淚都是愛     (一つ一つの涙はすべて愛)
都是愛          (すべてが愛なのよ)


為什麼要對你掉眼淚    (貴方に会うとどうして涙が落ちるのか)
你難道不明白是為了愛   (まさかそれが愛のせいだとは、貴方は分かっていないのね)
要不是有情人跟我要分開  (もしも恋人が私と離れ離れになることさえなければ)
我眼淚不會掉下來     (私の涙は落ちたりしない)
掉下來          (落ちたりなんかしないわ)


(以下を2回演唱する)
好春才來 春花正開      (素敵な春がやって来て、春の花が咲き誇っているのに)
你怎捨得說再會        (どうしてあなたは「さようなら」を言えるの)
我在深閨 望穿秋水      (私は奥の寝室で、待ち焦がれているわ)
你不要忘了我情深       (どうか忘れないで私の愛が深いことを)
深如海         (海のように深いことを)


為什麼要對你掉眼淚      (貴方に会うとどうして涙が落ちるのか)
你難道不明白是為了愛     (まさかそれが愛のせいだとは、貴方は分かっていないのね)
要不是有情人跟我要分開    (もしも恋人が私と離れ離れになることさえなければ)
我眼淚不會掉下來    (私の涙は落ちたりしない)
掉下來         (落ちたりなんかしないわ)




蔡幸娟_情人的眼淚(200506)


 春愁
寂寂雨潤花
春愁將斷魂
遙想別離情
擔心獨倚門


伊賀山今天又雨也。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。