伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

春の園遊会


 昨日20日午後、東京の赤坂御苑において春の園遊会が開かれ、天皇皇后両陛下は皇太子ご夫妻など皇族方と約2時間に亘り庭園を回って、2000人余りの招待者と和やかな一時を過ごされました。


 招待者の一人、卓球女子の福原愛選手は、昨年の8月のリオデジャネイロオリンピックに出場してメダルを獲得し、その翌月9月1日に中華民国(台湾)の卓球男子の江宏傑選手と結婚したばかりです。


 両陛下は、この2重にお目出度い福原選手に声をお掛けになり暫し懇談されました。
 懇談の内容は、卓球のことから始まり新婚生活のことにまで及ぶ約2分間でした。


 以下、両陛下と福原選手との懇談の動画を掲載し、その一部の新婚生活に関する懇談内容を抜粋して記載します。




感謝台灣!日皇后請台媳婦福原愛轉達



天皇陛下: 「今日、ご主人は?」
福原選手: 「今、韓国で試合に出場しています。」


天皇陛下: 「あ~、試合に出てる、そうですか」
      「住むのはどう? どこへ住まれるの?」

福原選手: 「台湾と日本とを今は行ったり来たりの生活をしています。」
天皇陛下: 「行ったり来たりの… そ~…」


皇后陛下: 「台湾も随分、東日本(大震災)のときなども、心を寄せて下さっていた
      から、関係の方にお会いになったら、お礼をお伝えくださいね。」
福原選手: 「はい、有難うございます。」


皇后陛下: 「お幸せにね。」
福原選手: 「はい、有難うございます。」


天皇陛下: 「では、お元気でね。」
福原選手: 「はい。」


天皇陛下: 「お幸せに。」
福原選手: 「有難うございます。」






 園遊会終了後、「両陛下から直接お言葉を頂戴して、オリンピックよりも緊張しました。」と語っていた福原選手ですが、よもや「台湾の関係者に、お礼をお伝えください」との皇后陛下のお言葉を忘れることはないでしょう。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。