伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

夏日南亭懷辛大

 【孟浩然夏日南亭懷辛大詩意圖】


 「夏日南亭懷辛大(夏日、南亭に辛大を懷う)」は、盛唐の詩人孟浩然作の五言古詩です。
 この詩は、全部で十句からなり、前半六句で南亭(南のあずまや、襄陽城南方の峴山にある峴首亭か?)から見る涼しげな風景を描写し、後半四句で友人の辛大を懐かしむ情を詠じています。


 この詩の淸淡閑雅な趣は、孟浩然の詩の真骨頂とも言えるものです。
 猛暑の候、一服の清涼剤として、各位のご高覧に供します。



 【夏日南亭懷辛大の解説(唐詩三百首)】



(白文)
 夏日南亭懷辛大
             孟浩然
 山光忽西落,池月漸東上。
 散髪乘夕涼,開軒臥閑敞。
 荷風送香氣,竹露滴淸響。
 欲取鳴琴彈,恨無知音賞。
 感此懷故人,中宵勞夢想。



(訓読文)
 夏日、南亭に辛大を懷(おも)ふ

山光 忽ち西に落ち、池月(ちげつ) 漸く東に上る。
髪を散じて夕涼(せきりゃう)に乗じ、軒(まど)を開いて閑敞(かんしゃう)に臥す。
荷風(かふう) 香氣を送り、竹露 淸響(せいきゃう)を滴(したた)らす。
鳴琴(めいきん)を取りて彈ぜむと欲するも、知音(ちいん)の賞するなきを恨む。
此れに感じて故人を懷ひ、中宵(ちゅうせう) 夢想を勞す



【和訳文】
 夏の日、南亭にて辛大を懐(おも)う

山の夕映えは見る間に消えて、池を照らす月が漸く東の空に上ってきた。
髪を解いて夕べの涼風に吹かれ、窓を開けて広々した部屋の中に寝転ぶ。
風は蓮の花の良い香りを送り、竹を滴る露は清き響きを伝える。
琴を取って弾いてみようと思うが、その音を鑑賞できる者のいないのが恨めしい。
だからこそ今ここで親友を懐かしんで、夜中にしきりに君の夢を見ているのだ。



 【伊賀山人印象圖】


 夏日伊賀山居懷朋友~


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。