伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

今日の伊賀山人大花園

 残暑厳しき中、流石に伊賀山人の大花園でも、花は数えるほどしか咲いていません。
 秋は名のみの猛暑に負けず咲き誇る草花をご紹介します。


【風船葛】
 昨年もご紹介しましたが、2輪ずつペアになって咲くのが特徴です。


【風船葛の実】
 花が終わると、果実はこのように二個寄り添って実ります。
 この風船の中には、黒地に白い♡模様の付いた種が入っています。


【ジンジャー】
 ショウガ科ヘディキウム属の花で、和名でシュクシャ(縮砂)、英名ではジンジャー・リリー、ガーランド・リリーなどと呼ばれます。
 

【コスモス】
 この花が伊賀山人秋桜園では、今年の一番咲きです。
 「萬緑叢中紅一点」


【?】
 隣家から伸びてきた名も知らぬツル草の花です。
 「名も知らぬ近き家から、伝い寄るツル草一つ♫」


【ミニトマト】
 花は付くものの、3年間同じ場所に植えていたので余り実ができません。
 「七重八重花は咲けどもミニトマト みの一つだに無きぞかなしき」


【コスモス百合花園】
 今や遅しと咲く秋を待っています。
「秋は名のみの風の熱さや~ 百合とコスモス花は思えど~ 
  時にあらずとツボミ開かず~ 時にあらずとツボミ開かず~♬」


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。