伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

泣いてたまるか (不哭嗎)


 『泣いてたまるか』は、TBS系列で1966年から1968年まで放映された、同名の1話完結形式の連続テレビドラマの主題歌です。
 このドラマは、毎回脚本家が変わり、俳優の渥美清(あつみ きよし、1928年(昭和3年)3月10日 - 1996年(平成8年)8月4日)が毎回違う役柄で出演するというコンセプトで始まりました。


 当時、渥美清は肺病の後遺症で体力がもたず、青島幸男や中村嘉津雄が代理で主役を務めることもあり、後に渥美清主演作品のみの再放送やDVDの発売がされるようになってからは、『”渥美清の”泣いてたまるか』と肩書を付けて呼ばれることもあります。
 その中で最終回の山田洋次が脚本を手がけた「男はつらい」という1話は、その後渥美清の代表作となる『男はつらいよ』の連続テレビドラマ化および映画化につながっています。


 このドラマの中での渥美の役どころは、寅さん風のアウトロー的な役はもちろん、トラックドライバー役、実直な教師役や平のサラリーマン役、更には偽傷痍軍人役等、多岐に亘っています。
 どの主人公にも共通するのは、いつも一所懸命努力するものの不器用で成果は上がらず世間にも認められず、お人好しを利用されて常に他人に出し抜かれて損ばかりしている運の悪い男であることです。


 主題歌の『泣いてたまるか』は、そのような不器用で実直な男が泣きたい気持ちに耐えて生きて行こうとする心情を詠じたもので、中村嘉津雄主演の時には木更津次郎が歌っていますが、その他は渥美清が自ら演唱しています。


 作詞は良池まもる、作曲は木下忠司で、1966年クラウンレコードから発売されています。



泣いてたまるか 
不哭 忍耐嗎
           作詞:良池まもる 作曲:木下忠司 演唱:渥美清
天(そら)が泣いたら 雨になる
山が泣くときゃ 水が出る
俺が泣いても なんにも出ない
意地が涙を
… 泣いて 泣いて たまるかヨ…
通せんぼ

天如果哭成為雨
山哭的解水出來
我哭什麼都也不出
意氣使眼淚
…不哭 不哭 忍耐嗎…
擋住去路


海は涙の 貯金箱
川は涙の 通り道
栓をしたとて 誰かがこぼす
ぐちとため息
… 泣いて 泣いて たまるかヨ …
骨にしむ

海眼淚的 存錢罐
河眼淚的 通路
試著做也栓 誰灑
牢騷和嘆氣
…不哭 不哭 忍耐嗎…
刺激骨


上を向いたら キリがない
下を向いたら アトがない
さじをなげるは まだまだ早い
五分の魂
… 泣いて 泣いて たまるかヨ…
夢がある

如果朝向上面幸運的人不數斷
如果朝向下面繼承的人不在
可是 束手無策 還還早
一寸的蟲有的五分的魂
…不哭 不哭 忍耐嗎…
也有夢




『泣いてたまるか』主題歌 渥美清


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。