伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

庭院深深(庭園は奥深く)


 《庭院深深》(庭園は奥深く)は、1971年に公開された同名の台湾映画の主題歌として、主演した女優の歸亞蕾(グァ・アーレイ:1944年6月2日-)が演唱した楽曲です。
 この曲は、それから8年後の1979年4月に、台灣の新人女歌手であった蔡琴(ツァイ・チン:1957年12月22日-)がカバーして、彼女のファーストアルバムである「出塞曲」に収録して発表したことでも知られています。


 この映画は、台灣の女流恋愛小説家の瓊瑤(チョン・ヤオ:1938年4月20日-)が、1969年に出版した同名の小説を基に製作されたもので、小説の中では、この物語は、1939年の事として書かれています。


  映画「庭院深深」のあらすじ


 この物語は、女教師の方(パン)先生が、ある村里の小学校に赴任するところから始まります。

 その小学校で、膝を擦りむいた10歳になる女子児童の亭亭(ティンティン)を自宅まで送り届けたことから、方(パン)先生は、亭亭(ティンティン)の家庭教師として、その家に住み込むことになります。

 亭亭(ティンティン)の家は大邸宅で、そこには盲目の父親の柏 霈文(パイ ペイウェン)とその後妻で酒浸りの愛琳(アイリン)とが住んでいます。


 先妻の含煙(ハンエン)は、愛琳(アイリン)を出産する前後に掛けて、霈文(ペイウェン)が彼の親友である高 立德(カオ リーテェァ)と彼女との仲を疑ったことから川に身を投げて行方不明になっています。


 後に、含煙(ハンエン)の日記を読んで疑いが間違いであったことを知り、自責の念に駆られた霈文(ペイウェン)は、彼女の魂を呼び戻そうとして、林の中の奥深い庭園にある彼女の名を付した「含煙山荘」でロウソクを灯していて、火事を起こして失明しています。


 そのような過去への回想を織り交ぜながら物語は展開してゆきます。


 最後のシーンでは、視聴者それぞれに単純にハッピーエンドとも取れますし、その後の成り行きに一抹の不安や期待を抱くこともできる余韻のある作品に仕上がっています。


 この映画は、それらの人々が織りなすサスペンス調の愛情物語です。


庭院深深 1971年 (國語全片)


 この映画の主題歌「庭院深深」は、原作者の瓊瑤が書いた詞に台灣の著名な作曲家の劉家昌(1940年4月13日—)が曲を付けたものです。


 小説や映画の題でもある「庭院深深」とは、「庭が深い」という詩語ですが、原作のイメージから推測すると、多分、北宋時代の詞人欧陽 脩(おうよう しゅう:1007年8月6日 -1072年9月8日)が詠んだ詞《蝶戀花》の中の一句「庭院深深深幾許(庭院 深深として  深きこと 幾許〔いくばく〕ぞ)」を踏まえたものと思います。


 また、歌詞中のキーワードとなっている「不如歸去」の句は、今から2300年ほど前の先秦時代にあった蜀(秦以前にあった古蜀)の帝王で「望帝」と呼ばれた杜宇という男の次のような故事に由来します。


  「不如歸去」の故事


 望帝杜宇は晩年、長江の氾濫を治めるのを得意とする男に帝位を譲り、自らは山中の別荘に隠棲しました。

 望帝杜宇の霊魂は死後、ホトトギス(杜鵑)に化身し、農耕を始める季節が来るとそれを民に告げるため、領地の大空を舞いながら鋭く鳴くようになったと言われています。

 また後に蜀が秦によって滅ぼされて、山荘に帰れなくなった杜宇の化身のホトトギスは嘆き悲しみ、「不如帰去」(帰り去〔ゆ〕くに如かず= 帰りたい)と泣きながら血を吐いたと言われています。

 爾来、ホトトギスのくちばしが赤いのはそのためだ、と言われるようになり、またその鳴き声の「不如帰去」はホトトギスの別名とされています。

 なお、「不如帰去」は、現代漢語の発音では「ブー ルー グェイ チュ」となりホトトギスの泣き声とそれほど似ているとも言えませんが、2000年以上前の古漢語の発音ではよく似ていたのであろうと考えます。

 その理由は、日本語の漢音読みは約1200年前の長安音を音写したものですが、それを使うと「不如~、不如帰去」は「フ~ジョ~、フジョキキョ」となり、現代漢語の発音よりもホトトギスの鳴き声により近く聞こえるからです。


ホトトギス


 今回は、歸亞蕾の原唱版と蔡琴のカバー版とをご紹介します。
 なお、歌詞は物語の内容をほぼ正確に詠じたものであり、その文脈判断により、「不如帰去」の句は、林の中の庭園にある山荘を訪れた方(パン)先生(その実は、含煙〔ハンエン〕)に、杜鵑(ホトトギス)が語りかけているものと解釈して和訳してみました。



 庭院深深
 庭は深く
                作曲:劉家昌 作詞:瓊瑤
多少的往事 已難追憶
多少的恩怨 已隨風而逝
兩個世間 幾許癡迷
幾載的離散 欲訴相思
這天上人間 可能再聚
聽那杜鵑 在林中輕啼
不如歸去 不如歸去
啊啊啊啊 不如歸去

多くの出来事は 既に思い出し難くなっている
多くの恩や恨みは 既に風に任せて飛び去ってしまった
今世と來世の2つの世の中で どれほど多くの事に取りつかれていたのだろうか
何年もの別離の間 あなたへの思いを打ち明けたいと思っていた
この天上と下界に別れていても いつか集まることは出来るはず
あのホトトギスの声に耳を澄ますと 林の中でそっと囁いている
「帰った方がいいよ」 「帰った方がいいよ」
あ~~~ 「君のいるべき場所に帰ったほうがいいよ」と…



【歸亞蕾の原唱版】

庭院深深 (1971年) 原唱 歸亞蕾



【蔡琴のカバー版】

Tsai Chin / Cai Qin / 蔡琴 庭院深深


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。