伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

学園広場


 「学園広場」は、日本の歌手舟木 一夫(ふなき かずお、1944年12月12日 - )が、今から55年前の1963年(昭和38年)10月に発表した楽曲です。


 舟木 一夫は1963年6月5日「高校三年生」を演唱してデビューし、8月には「修学旅行」を発表したばかりで、10月のこの曲が3曲目となりました。


 同時並行して映画も制作され、「高校三年生」は1963年11月16日に大映から公開されました。
 その僅か一箇月後の1963年12月15日には日活から「学園広場」が公開されましたが、超過密スケジュールの為、「高校三年生」が84分の作品であるのに対し、「学園広場」の方はその半分の43分という短いものでした。


 舟木和夫の「学園広場」は男子学生の歌として出来上がっていますが、翌年ペギー葉山が発表した「学生時代」は女子学生の歌になっています。



 今回は、青春ソングで一世を風靡した舟木一夫の原唱でご紹介します。
 作詞は関沢新一、作曲は遠藤実です。



 学園広場
 學園廣場
               作詞:関沢新一 作曲:遠藤実 演唱:舟木一夫
1節
空にむかって あげた手に
若さがいっぱい とんでいた
学園広場で 肩くみあって
友と うたった 若い歌

面向天空 提高的向手
年輕滿滿漏跳著
在學園廣場 肩膀組織起來
與朋友 唱的 年輕的歌


2節
涙ながした 友もある
愉快にさわいだ 時もある
学園広場に 咲いてる花の
ひとつ ひとつが 想いでさ

也有流眼淚的 朋友
也有愉快地騷亂的 時候
在學園廣場 開的花
一個一個是回憶


3節
ぼくが卒業 してからも
忘れはしないよ いつまでも
学園広場は 青春広場
夢と希望が ある広場

我畢業做也之後
忘記不做的啊 永遠
學園廣場 是青春廣場
有夢和希望的廣場




学園広場 舟木一夫 さん



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。