伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

栄光の架橋(光榮之橋)


  「栄光の架橋」(えいこうのかけはし)は、2004年7月22日にフォークデュオ「ゆず」が発表した楽曲です。


 作詞・作曲共に「ゆず」のリーダー北川悠仁(きたがわ ゆうじん、本名同じ、1977年1月14日 - )によるもので、その歌詞は、数々の苦難を乗り越えてきて更に今後も夢に向かって挑戦を続ける友人に贈る応援歌です。


 この楽曲は、NHK『アテネオリンピック中継』公式テーマソングとして使用され、その後もオリンピック開催の都度放送されているので、スポーツ選手への応援歌のように思われている向きもありますが、歌詞はスポーツに限定しているものではありません。


 この歌詞では、まず思い描いた「夢」の実現のために友人が今まで修行に耐えてきたことが無駄ではないことを詠じ、次にその実現すべき「夢」を「栄光の架け橋」の詞語を用いて包括的に比喩し、迷わずその架け橋即ち自分自身の人生の目標に向かって進んでゆくようにと詠じています。
 決して、オリンピックに参加するとか、入賞するとか、金メダルを取るとかの卑近な目標を詠じているわけではなく、また人それぞれに異なる人生の目標を一つだけに限定して詠じているわけでもありません。


 このように対象を包括的に詠じたことにより、この詞には多くの余情を持たせることに成功しています。
 つまり、スポーツ選手だけではなく、様々な分野でこれまで努力を積み重ねてきた全ての人々の門出にあたっての応援歌でもあり送別歌でもあると解釈できるように詠じているところが巧みです。
 そのため、この楽曲は今では学校などでの卒業歌としても使用されています。


 今回は、1月10日に上梓した漢語版に引き続き、日本語版をご紹介します。
 台灣で音楽の魔術師と謳われた張雨生の作品を髣髴させるスケールの大きな曲調に仕上がっています。
 なお、漢語版については、次をご参照ください。




 栄光の架橋
 光榮之橋
             作詞・作曲:北川悠仁 演唱:ゆず(柚子)
誰にも見せない泪があった
人知れず流した泪があった
決して平らな道ではなかった
けれど確かに步んで來た道だ
あの時想い描いた 夢の途中に今も
何度も何度も あきらめかけた夢の途中

有一些淚水無法讓別人看到 
有一些淚水只能偷偷地流
這決非是一條平坦的道路 
但卻是一路踏實走來的道路
此刻仍在當時心中所描 繪的夢想途中
在那個曾經幾度 放棄的夢想途中


いくつもの日々を越えて
辿り著いた今がある
だからもう迷わずに進めばいい
栄光の架橋へと…

度過了無數個日子 
終於走到的今天
所以說無需迷惘只要前進就好
走向光榮之橋…


悔しくて眠れなかった夜があった
恐くて震えていた夜があった
もう馱目だと全てが嫌になって
逃げ出そうとした時も
想い出せばこうしてたくさんの
支えの中で步いて來た

曾經有懊惱得睡不著覺的夜晚
曾經有在恐懼中顫抖的夜晚
也曾有對一切絕望
想要逃跑的時候
但回想起來畢竟還是在這許多支持中
一路走了過來


悲しみや苦しみの先に
それぞれの光がある
さあ行こう 振り返らず走り出せばいい
希望に滿ちた空へ…

在哀傷與痛苦的前方 
有各自的光明在等待
走吧  不要回頭只需向前走
走向充滿希望的天空…


(間奏)


誰にも見せない泪があった
人知れず流した泪があった

有一些淚水無法讓別人看到
有一些淚水只能偷偷地流


いくつもの日々を越えて
辿り著いた今がある
だからもう迷わずに進めばいい
栄光の架橋へと…
終わらないその旅へと
君の心へ続く架橋へと…

度過了無數個日子 
終於走到的今天
所以說無需迷惘只要前進就好
走向光榮之橋
走向無盡的旅程
走向通往妳心中的那座橋…




栄光の架橋 - ゆず


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。