伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

伊賀山人秋桜園

 秋分の日から一夜明けた今朝の伊賀山人フラワーガーデンの秋桜園をご紹介します。


 【紅白のコスモス】


 【遊びに来た揚羽蝶】


 【南園、遠くに見えるのは南山】


 【上から見た南園】


 【上から見た西園】



  『秋櫻』 
           作詩・作曲:佐田 雅志 歌唱:山口 百惠(1977年10月1日)
 這是首名曲,聽不出是40年前的老歌。
 當年18歲的山口百惠唱,出嫁的女兒牽掛母親的樂曲。
 然後三年後,歌手山口百惠與演員三浦友和結婚在演藝圈引退了。
 直至今日,看到秋櫻時,我仍會想起這首歌。
 今年,介紹漢語歌詞附著的映像。



秋櫻 山口百惠 【中字】



  秋櫻(波斯菊)


 第一節
 秋日的粉紅秋櫻         (うす紅の秋桜が秋の日の )
 無心地在陽光中搖曳       (何気ない陽溜りに揺れている)
 最近時常流淚的母親       (此頃涙もろくなった母が)
 在院子輕咳了一聲        (庭先でひとつ咳をする)
 她坐在廊子翻看相簿       (縁側でアルバムを開いては)
 回憶起我的童年         (私の幼い日の思い出を)
 不斷重複說著同樣的話      (何度も同じ話くり返す)
 聲音小得像在自言自語      (独言みたいに小さな声で)
 在這種小陽春的溫和日子     (こんな小春日和の穏やかな日は)
 我深深感到您的體貼       (あなたの優しさが浸みて来る)
 對明日將出嫁的我,「往後再辛苦」(明日嫁ぐ私に「苦労はしても」)
 「時間會把一切都化為談笑」   (「笑い話に時が変えるよ」)
 「不用擔心」,您笑著說     (「心配いらない」と笑った)


 第二節
 我追憶種種往事         (あれこれと思い出をたどったら)
 才發現從來不曾孤獨過      (いつの日もひとりではなかったと)
 想到過去任性的自己       (いまさらながら我侭な私に)
 不禁咬住嘴唇          (唇かんでいます)
 您幫忙收拾明日的行李      (明日への荷造りに手を借りて)
 看起來心情很愉快        (しばらくは楽し気にいたけれど)
 卻突然淌下淚,「要保重啊」   (突然涙こぼし「元気で」と)
 再三重複同一句話        (何度も何度もくり返す母)
 道謝的話欲言又止        (ありがとうの言葉をかみしめながら)
 我將試著自己活下去       (生きてみます 私なりに)
 在這小陽春的溫和日子      (こんな小春日和の穏やかな日は)
 請再讓我多做一會兒       (もう少しあなたの子供で)
 您的孩子吧           (いさせてください)



追記:所用の為、明日から暫時、ブログを休みます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。