伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

奇跡 〜大きな愛のように〜

 
 『奇跡 〜大きな愛のように〜』は、日本のシンガーソングライターさだまさしが1991年7月25日に発表したアルバム『家族の肖像』(かぞくのしょうぞう)に収録されている楽曲です。


 アルバム『家族の肖像』は、親子兄弟だけではなく、祖母や叔母などの親族、家族以前の恋人、子供のころからの友人なども含めて、全ての人を家族と見做して人類普遍の愛を詠い上げた10曲からなり、全てさだ自身が作詩・作曲しています。


 『奇跡 〜大きな愛のように〜』は、このアルバムを締めくくる最後となる10曲目の曲です。
 その内容は、愛する者に何ら見返りを求めず惜しみなく注ぎ続ける「愛」を人と人との間に存在する大きな奇跡と捉えて、その素晴らしさを賛美したものとなっています。
 
 なお、この曲は、当時モデルチェンジして発売されたトヨタの大衆車カローラ(7代目)のCMメインテーマ曲としてアルバムに先行して使用されました。
 この時の、新型カローラのキャッチコピーは『大きな、愛のようなカローラ』でした。



 奇跡 〜大きな愛のように〜
 奇蹟~像大的愛一樣地~


どんなにせつなくても   必ず明日は来る
ながいながい坂道登るのは   あなた独りじゃない

無論是多麼的傷心 明天一定會到來
在漫漫長坡道上行 你不是只有一個人


僕は神様でないから   本当の愛は多分知らない
けれどあなたを想う心なら  神様に負けない
たった一度の人生に   あなたとめぐリ逢えたこと
偶然を装いながら奇跡は いつも近くに居る

我不是神 也許不了解什麼是愛
但是想你的心 絕不輸給神
在只有一次的人生中 能夠與你相遇
裝作是偶然 其實奇蹟一直都在


ああ大きな愛になリたい   あなたを守ってあげたい
あなたは気付かなくても いつでも隣を歩いていたい

啊…想用廣闊的愛 將你守護
就算你沒有察覺   仍舊隨時在你身邊


どんなにせつなくても   必ず明日は来る
ながいながい坂道登るのは   あなた独りじゃない

無論是多麼的傷心 明天一定會到來
在漫漫長坡道上行   你不是只有一個人


(間奏)


今日と未来の間に 流れる河を夢と言うなら
あなたと同じ夢を見ることが 出来たならそれでいい
僕は神様でないから 奇跡を創ることは出来ない
けれどあなたを想う奇跡なら 神様に負けない

如果把向今天和未來之間 流動的河稱為夢 
如果與你一樣做夢 能那個可以
我不是神 不能創造奇蹟
但是想你的奇蹟 絕不輸給神


ああ大きな愛になリたい あなたを守ってあげたい
あなたは気付かなくても いつでも隣を歩いていたい
ああ大きな夢になリたい あなたを包んであげたい
あなたの笑顔を守る為に 多分僕は生まれて来た

啊…想用廣闊的愛 將你守護
就算你沒有察覺   仍舊隨時在你身邊
啊…想用廣闊的夢 將你包圍
大概是為了守護你的笑容 所以我才會誕生在這世上




『奇跡 〜大きな愛のように〜』 さだまさし


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。