伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

見上げてごらん夜の星を:仰望夜星空


 「見上げてごらん夜の星を」(みあげてごらんよるのほしを)は、1960年に初演された同名ミュージカルの劇中主題歌として、作詞は永六輔、作曲はいずみたくが担当してコーラス用に作られた楽曲です。
 その3年後の1963年、この舞台を見た日本の歌手坂本九が「ぜひ自分にもやらせてほしい。」と永六輔に懇願し、主役を務めるとともに、この曲をカバーして1963年5月1日に、シングルレコードとして発表して大ヒットとなりました。


 坂本はミュージカルの再演と同名映画でも夜学生を主演し、地方から東京へ集団就職し定時制高校に通っていた生徒たちは、この名曲に励まされたといいいます。
 なお、いずみたくによると同曲はレコードで聴くというよりは自分でなんとなく口ずさんでしまいたくなる曲であり、ヒットのわりにはレコードはあまり売れなかったと語っています。


 坂本は本楽曲で1963年末の「第14回NHK紅白歌合戦」に3回目の出場を果たし、その時は感極まり目をつむって熱唱しました。
 また、1969年の「第20回NHK紅白歌合戦」でも坂本によって歌唱されています。


 坂本 九〔さかもと きゅう、本名は大島 九(おおしま ひさし)、愛称は九ちゃん(きゅうちゃん)〕は、 1985年8月12日、大阪で立候補した友人(元マネージャー)の選挙応援に行く途中、搭乗した羽田発伊丹行きの日本航空123便墜落事故により、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)で43歳の生涯を閉じました。
 坂本は本来、国内移動には日本航空(JAL)ではなく必ず全日空(ANA)を使っており、所属プロダクションや妻の由紀子も「手配は必ず全日空で」と指定していました。
 しかし、当日は偶々全日空便が満席で、飛行機やホテルなどを手配した立候補者側が準備できた日本航空に仕方なく乗り合わせて事故に遭遇しました。


 坂本の本名「九」は、父親の第9子(後妻であった実母にとっては3番目)として誕生したことにより名付けられたものです。
 「御巣鷹の尾根」で坂本の遺体が発見された時間が墜落から99時間後、棺番号が333、司会を務めていたクイズ番組は99回で放送終了、北海道で放送されていた福祉番組サンデー九は9年間務めあげて終了と、偶然にも9という数字が重なっていました。
 また、後に、永六輔は滞在していた北海道から坂本の法事に向かおうとしたところ、偶然隣りに座った女性の夫が医師で坂本の検死をしたと打ち明けられ、坂本の法事に出席するまで鳥肌が止まらなかったと語っています。
 
 32年前の今日、坂本九は星になりました。



見上げてごらん夜の星を  仰望夜星空
                               原唱:坂本九
見上げてごらん 夜の星を      仰望著看 晚上的星星
小さな星の 小さな光が       微小的星星的 渺小的光芒
ささやかな幸せを うたってる    細細地唱著 微小的幸福


見上げてごらん 夜の星を      仰望著看 晚上的星星
ぼくらのように 名もない星が    像我們 無名的星星
ささやかな幸せを 祈ってる     祈禱著 微小的幸福


手をつなごう ぼくと        牽著我的手吧
追いかけよう 夢を         追求夢想吧
二人なら 苦しくなんかないさ    只要兩個人 就不會辛苦了


見上げてごらん 夜の星を      仰望著看 晚上的星星
小さな星の 小さな光が       微小的星星的 渺小的光芒
ささやかな幸せを うたってる    細細地唱著 微小的幸福


見上げてごらん 夜の星を      仰望著看 晚上的星星
ぼくらのように 名もない星が    像我們 無名的星星
ささやかな幸せを 祈ってる     祈禱著 微小的幸福




見上げてごらん夜の星を(坂本九)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。