伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

島倉千代子のつけられた記事