伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

我有一段情(私にはひときわ深い思いがある):蔡琴演唱


 「我有一段情」(私にはひときわ深い思いがある)は、上海出身の歌手であり女優でもあった吳鶯音(ごおうおん、原名吳劍秋,1922年11月30日-2009年12月17日)が、1957年8月に発表した楽曲です。


 なお、吳鶯音は戦前の1940年代から上海で活躍して1948年に発表した「明月千里寄相思」の大ヒットで名を成していましたが、1966年から1976年までの間毛沢東が自らの権力争いを有利にするために引き起こした所謂「文化大革命」(実体は「文化大破壊」)の時には、何の証拠もなくスパイとして批判され迫害を受けました。
 1984年になって、中共の独裁する祖国に未来はないことを悟った吳鶯音は、家族共々アメリカのロサンゼルスに移住しています。
 1992年に活動を再開して以来、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、カナダで公演を行っていますが、終に祖国の土を踏むことはなかったようです。
 2009年12月17日にロサンゼルスで87歳の生涯を閉じて、第2の祖国ともいえるアメリカに骨を埋めています。


 この楽曲「我有一段情」の作詞は辛夷、作曲は梅翁ですが、この二人の詳細は不明です。
 この楽曲は、戦後の台灣の戒厳令下では演唱禁止にされていました。
 その理由は判然としませんが、「政治的扇動」「社会の善良な風俗妨害」「日本統治時代の懐古」などのいずれかに抵触すると当局が判断したものと考えます。


 歌詞の内容は、遠くへ去ったきり全く音沙汰がなくなった恋人へのひときわ深い思いを詠じたものです。
 詞中に見える「呀」(が、ア)は、句末に付けて呼びかけや感嘆などを表す助字で、特に意味はありません。
 「七絃琴」とは、弦が7本しかない小型の琴で、古来支那の文人が愛用したものです。


 この楽曲は多くの歌手がチャイニーズメロディー調でカバーしていますが、今回はポップス調に編曲された蔡琴(1957年12月22日-)のカバー版でご紹介します。


 本来この楽曲は春の歌ですが、七夕の一夜を独りで過ごすあなたの為に季節外れを顧みず敢えてご紹介します。
 なお、動画の中の画像は紐西蘭(ニュージランド)の風景です。
 



我有一段情
我に一段の情(おもひ)有り
私にはひときわ深い思いがある
                      作詞:辛夷 作曲:梅翁 演唱:蔡琴
我有一段情呀,說給誰來聽,
知心人兒呀出了門,他一去呀沒音訊。

我に一段の情(おもひ)有り, 
說(い)はんとするも誰か來たりて聽きたまふや,
知心(ちしん)の人兒(じんじ)門を出で了(を)へ,
他(かれ)一(ひとたび)去りて音訊(おんじん)すること沒(な)し。

私にはひときわ深い思いが有るの
思いのたけを話したいけど、誰が来て聞いてくれるでしょうか
気心の知れたあの人は門を出て
一度旅立ったままで音沙汰がないの


我的有情人呀,莫非變了心,
為什麼呀斷了信,我等待呀到如今。

我が情(おもひ)を有する人,
心を變(か)へること非(あら)ざる莫(な)からんや,
為什麼(なんすれぞ)信を斷(た)ち了(を)へるや,
我(われ)等(ま)ち待(ま)ちて如今(じょこん)に到(いた)るに。

私が思いを寄せるあの人に
もしや心変わりが有ったのではないでしょうか
どうして手紙を断ってしまったのでしょうか
今に至るまで私は待ち続けているというのに


夜又深呀月又明,只能懷抱七絃琴,
彈一曲呀唱一聲,唱出我的心頭恨。

夜又深く 月又明らかなり,
只(た)だ能(よ)く七絃の琴を懷抱(くゎいはう)するのみ,
彈(ひ)くこと一曲 唱(うた)ふこと一聲(いっせい),
唱(うた)ひ出だすは我が心頭(しんとう)の恨(うらみ)。

夜は深く月は明るく輝いている
私に出来るのはただ七絃の琴を抱きしめることだけ
弾くのは一曲 歌うのは一回だけ
歌って出てくるのは私の心の奥にある悲しみだけ


我有一段情呀,唱給春風聽,
春風替我問一問,為什麼他要斷音訊。

我に一段の情(おもひ)有り, 
唱(うた)ひて春風に聽(き)かしたまはん,
春風 我に替(か)はりて一問を問へ,
為什麼(なんすれぞ)他(かれ)音訊(おんじん)を斷つを要するかと。

私にはひときわ深い思いが有るの
歌って春風に聞かせたい
春風に私の身代わりとなって一言あの人に訊ねてもらいたい
どういうわけで彼が音信を断ってしまったのかを





我有一段情 [蔡琴]



 おまけ: 二胡演奏版 ▼

我有一段情【二胡演奏】


Fairy in Summer(夏の妖精): 夏天的妖精

 

                            2019/08/21 ⓒ杏花


「Fairy in Summer」(夏の妖精)は、日本のシンガーソングライター杏花(詳細不詳)が、1990年頃発表した楽曲です。


 作詞・作曲・編曲・演奏・演唱共に杏花自身の手になるものです。


 詞題の「Fairy in Summer」とは、取りあえず「夏の妖精」と訳しておきますが、これは冠詞が省略されており、かつ前置詞が「of」ではなく「in」であることから、「夏を司り夏の権化として秋になると消え去ってしまう妖精」ではなく、一般的概念として「年中活動している妖精が偶々夏を過ごしている状態、或いはその妖精のような人の形容」を表わしています。


 歌詞の内容は、ある夏の一日、親しい男子と海辺に遊ぶ乙女の感懐を、自分たち二人を妖精に擬えて英語句を多用することにより詞的に詠じたものです。


 詞題は、爽やかさを連想させる「夏の妖精」ですが、歌詞の冒頭で「焼けつくアスファルト」と詠い起すことにより聴く者の意表を突きます。
 次いで、そのアスファルトの「迷路を抜け出して」からは、眼前に広がる青い海の光景を描写し、更に海の彼方にある(白い)珊瑚礁を想像して空間的広がりを表現しています。
 また、登場する二人の位置関係としては序破急の三段構成を踏まえたものになっています。
 歌詞の始めの序段に相当する部分では「Let's go to  seaside  ほら二人」と詠ずることにより、二人が海に面して横に並んでいる様子を間接的に表しています。
 歌詞の中間の破段に相当する部分で、「熱く燃えるハートを背中で感じて」と詠ずることにより、彼女は彼に背中を向けて相前後して立っていることを表わしています。なお、「背中で感じる」という表現は、日本のフォークデュオ「風」が1976年6月25日に発表した楽曲「ささやかなこの人生」の中にも「時の流れを背中で感じて」という用法が見えるように、恥じらいの気持ちなどが有って直接面と向かって言葉で表せない感情を婉曲に表現するものです。
 歌詞の終版の急段に至って、「見つめる瞳 Lovin' you 抱きしめていて Forever」と詠じて初めてこの二人は対面することになります。
 つまり、この歌詞一首の中で、この二人の関係を時系列に従い、序段では「友達関係」、破段では「友達以上、恋人未満」、急段で「恋人関係」になった時間の経過を二人の位置関係だけで表現しており巧みです。


 前回ご紹介した日本のグループ・サウンズバンド:ズー・ニー・ヴーが、1969年4月 に発表した楽曲「白いサンゴ礁」では、「南の果ての海の彼方にひそかに眠る白い珊瑚礁 まことの愛を見つけたときにきっとふたりで訪れるだろう」と詠じています。
 その返歌(answer song:アンサーソング)としても相応しい杏花の楽曲「Fairy in Summer」、本人の演唱でご紹介します。



 Fairy in Summer
 夏天的妖精                                  
                     作詞・作曲・編曲・ボーカル 杏花
                     演奏 杏花のオンリーハーツクラブバンド
焼けつくアスファルト 迷路を抜け出して
煌めく青い波 飛び込むの あなたと
Let's go to  seaside  ほら二人
夏の妖精 to Island

溜出象熔接一樣的瀝青的迷路
跳入煌帶有的藍的波浪的 你和我
那麼去海邊 看二人
夏天的妖精 想去島


もうどこまでも in the sky
吸い込まれてくランデヴー
走り出したら Don't leave me
離さないでね Forever

已經始終 天空向中
被吸入去的約會
如果開始跑 別偏離我
別放開睡喔 向永遠


熱く燃えるハートを
背中で感じて Summer beach

很熱地燃燒的心
用背覺得 夏天海邊


そう夏の陽射しは 不思議な甘いマジック
すべてをこんなにも 素敵に変えてるわ
Let's go to seaside ほら二人
夏の妖精 to Island

那樣夏天的陽光不可思議的甜的魔術
這麼 也極好地改變著全部喔
那麼去海邊 看二人
夏天的妖精 想去島


海の彼方へ sailing ship
広がるよサンゴ礁
見つめる瞳 Lovin' you
抱きしめていて Forever
揺れる思いはいつも
あなたの岸辺に寄せてる

向海的那兒 帆船去
擴展的啊 珊瑚礁
凝視的瞳孔 愛的你
請擁抱 向永遠
搖晃的所想平時
向你的岸邊湧來著


to Island
もうどこまでも in the sky
吸い込まれてくランデヴー
走り出したら Don't leave me
離さないでね Forever

想去島
已經始終 天空向中
被吸入去的約會
如果開始跑 別偏離我
別放開睡喔 向永遠


to Island
海の彼方へ sailing ship
広がるよサンゴ礁
見つめる瞳 Lovin' you
抱きしめていて Forever
揺れる思いはいつも
あなたの岸辺に寄せてる

想去島
向海的那兒 帆船去
擴展的啊 珊瑚礁
凝視的瞳孔 愛的你
請擁抱 向永遠
搖晃的所想平時
向你的岸邊湧來著


熱く熱く燃える
二人そうよ Fairy in Summer

很熱地很熱地燃燒
二人那樣啊 夏天的妖精




Fairy in Summer by 杏花



   おまけ:「白いサンゴ礁」 ▼

白いサンゴ礁(昭和44年)

        歌:ズー・ニー・ヴー. 作詞:阿久悠. 作曲:村井邦彦

青い海原

群れとぶかもめ

心ひかれた白い珊瑚礁

いつか愛するひとができたら

きっとふたりで訪れるだろう


南の果ての海の彼方に

ひそかに眠る白い珊瑚礁

まことの愛を見つけたときに

きっとふたりで訪れるだろう


南の果ての海の彼方に

ひそかに眠る白い珊瑚礁

まことの愛を見つけたときに

きっとふたりで訪れるだろう



白いサンゴ礁 ズーニーヴ― 2018