伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

媽媽(お母さん)


 《媽媽》は、台灣の女優であり歌手である王彩樺(ワン・サイファー:1969年11月24日-)が、歌手として初めて発表したアルバム《有唱有保庇》に収録されている楽曲です。


 王彩樺(ワン・サイファー)は、台灣の台南縣で生まれましたが、1歳の誕生日直前の生後約11か月のとき、彼女の母親は胃癌のためこの世を去っています。
 また、彼女の父親が事業に失敗したことから、その借金返済の為、彼女は子供のころから働くことになり、中学校卒業後はライブハウスやナイトクラブで歌手としてアルバイトをしています。
 その後、テレビに出る機会を得て、1987年からは本格的にテレビドラマの女優として活躍するようになりました。


 歌うことが好きで、歌手として演唱することが夢であった王彩樺(ワン・サイファー)は、2010年12月8日に満を持して1枚のアルバムを発表しました。
 《媽媽》は、台灣のシンガーソングライター鄭進一(1955年6月23日-)が作詞・作曲した楽曲で、王彩樺が写真以外では知る由もない母親へ思いを致し、感謝の念を詠ずるとともに、来世への旅路の平安を祈る鎮魂歌です。


 今回は、言霊を尊重して、敢えて和訳を付さず白文でご紹介します。



《媽媽》
              作詞・作曲:鄭進一 演唱:王彩樺 (台灣語)


輕輕叫一聲 媽媽妳勻勻仔行
路不免趕 剩無幾步 妳就欲去好命


心酸叫一聲 媽媽妳寬寬仔行
暗不免驚 毋通越頭 加看心加疼


天地遐呢闊 恩情妳上大
一句多謝 嘛不捌講過乎妳聽
送妳送到這 目屎擦乎乾
望妳逍遙自在 來去無牽掛


遠遠叫一聲 媽媽妳好好仔行
唱這首歌 最後這程 妳著袂孤單


(間奏後全詞繰り返し)


最後這程 我會陪妳行




王彩樺-媽媽[KTV]






 南無文殊師利菩薩     🙏      南無觀世音菩薩       



恩情 :慈しみ


 「恩情」は、台灣の女歌手林柔均(リン・ロウチュン:生年不肖8月19日-)が、2009年に発表した自身初となる全曲台灣語のアルバム《恩情》に収録している同名の楽曲です。


  台灣語とは、現在台灣の標準語とされている北京語由来の台灣國語ではなく、戦前から台湾の本省人が使用している閩南語由来の言語で、台灣閩南語或いは台語ともいわれています。


 台灣語には、台灣國語同様漢字が使用されていますが、必ずしも語義どおりではなく、音写として使われているものが多々あります。


 この「恩情」の作詞・作曲は共に傑美(詳細不明)という人が担当していますが、その歌詞も、漢和辞典を何冊ひっくり返してみてもよく分からない難解なものです。


 歌詞の大意は、異郷に住む子供が、故郷の年老いた父母に思いを致し感謝の念を詠じたものです。


 今回は、伊賀流得意の文脈判断で、大胆に意訳してみました。
 もっと正確な解釈については、博雅の教えを請います。



 恩情
 慈しみ
               作詞・作曲:傑美
黃昏日頭 落山後 想著故鄉父母老
他鄉路 行袂透 遊子暝來哮
日來晟阮暝來惜
乎阮飽頓乎阮燒
抱在懷中輕輕叫
當做寶貝直直搖
希望成功倒返去
永遠惦在恁身邊
乎我會凍友孝恁
感謝養育的恩情
啊...情似海 恩像山
請恁著愛保重 等我

夕暮れの太陽が山の彼方に沈んだ後 故郷の年老いた父母のことが想われる
異郷の道を 彷徨い歩きながら 旅人はたそがれ時に声を上げる
「朝が来れば私に光を浴びさせ夜が来れば私を気に掛けてくれた
私がお腹を空かせてはいないか、熱を出してはいないかと
そして私を懐に抱き囁きかけ 
正に子宝として優しく揺り動かしてくれた
私は功を成して故郷に帰ることを希望している 
そして永遠にあなた方の身辺にいて見守っていたい
私は変わらぬ友と会い、あなた方に孝行したい
感謝しています、育ててくれた慈しみの心に
あ~…あなた方の情は海のように深く、恩は山のように高い
どうか体を大切にして、私の帰るのを待っていてください」


(繰り返し)




柔均 - 恩情 (KTV)



Summ, summ, summ! (ブン、ブン、ブン!)


 「Summ, summ, summ! (ブンブンブン!)」は、ボヘミア民謡の曲に、ドイツ国歌の作詞で知られるドイツの詩人アウグスト・ハインリヒ・ホフマン(August Heinrich Hoffmann:1798年4月2日 - 1874年1月19日)〔 別称:ホフマン・フォン・ファラースレーベン (Hoffmann von Fallersleben) 〕が1843年以前に児童向けの歌詞を付けた楽曲です。


 この楽曲は、日本では詩人の村野 四郎(むらの しろう、1901年(明治34年)10月7日 - 1975年(昭和50年)3月2日)が「ぶんぶんぶん」と題する訳詩を付けて、1947年(昭和22年)に、文部省発行の「一ねんせいのおんがく」に収録して発表されています。


 日本人の誰もが一度は歌ったことのある楽曲、今回はドイツ語の原曲でご紹介します。



 Summ, summ, summ!
 ブン、ブン、ブン!
 嗡嗡嗡!


1節
Summ, summ, summ!
ズム、ズム、ズム
Bienchen summ herum!
ビーンヒェン ズム ヘルゥム
Ei, wir tun dir nichts zu leide,
アィ、ヴィァ トゥン ディァ ニヒツ ツー ライデ
Flieg nur aus in Wald und Heide!
フリーク ヌーァ アォス イン ヴァルト ウンッ ハイデ
Summ, summ, summ!
ズム、ズム、ズム
Bienchen summ herum!
ビーンヒェン ズム ヘルゥム

ブン、ブン、ブン!
ハチさん、ブ~ンと飛んでこい!
さあおいで、いじめたりはしないから
森や野原で遊ぶといいよ!
ブン、ブン、ブン!
ハチさん、ブ~ンと飛んでこい!

嗡嗡嗡!
小蜜蜂,嗡嗡 飛來向這裡!
我們決不傷害益蟲
快快飛到在森林和原野玩就好了!
嗡嗡嗡!
小蜜蜂,嗡嗡 飛來向這裡!


2節
Summ, summ, summ!
ズム、ズム、ズム
Bienchen summ herum!
ビーンヒェン ズム ヘルゥム
Such in Blüten, such in Blümchen
ズーヒ イン ブルューテン、ズーヒ イン ブルュームヒェン
Dir ein Tröpfchen, dir ein Krümchen
ディァ アィン トレップェン、ディァ アィン クルュムヒェン
Summ, summ, summ!
ズム、ズム、ズム
Bienchen summ herum!
ビーンヒェン ズム ヘルゥム

ブン、ブン、ブン!
ハチさん、ブ~ンと飛んでこい!
木の花草の花探してみれば
蜜やパン屑が見つかるよ
ブン、ブン、ブン!
ハチさん、ブ~ンと飛んでこい!

嗡嗡嗡!
小蜜蜂,嗡嗡 飛來向這裡!

如果樹的花草的花試著找
蜜和麵包屑找到
嗡嗡嗡!
小蜜蜂,嗡嗡 飛來向這裡!


3節
Summ, summ, summ!
ズム、ズム、ズム
Bienchen summ herum!
ビーンヒェン ズム ヘルゥム
Kehre heim mit reicher Habe,
ケーレ ハィム ミッ ライヘァ ハーベ
Bau uns manche volle Wabe,
バォ ウンス マンヒェ フォッレ ヴァーベ
Summ, summ, summ!
ズム、ズム、ズム
Bienchen summ herum!
ビーンヒェン ズム ヘルゥム

ブン、ブン、ブン!
ハチさん、ブ~ンと飛んでこい!
お宝いっぱい持ち帰り
お家で巣作り励むといいよ
ブン、ブン、ブン!
ハチさん、ブ~ンと飛んでこい!

嗡嗡嗡!
小蜜蜂,嗡嗡 飛來向這裡!
寶貝滿滿地帶回
在府上巢製作努力就好了
嗡嗡嗡!
小蜜蜂,嗡嗡 飛來向這裡!




Summ, summ, summ - Kinderlieder zum Mitsingen | Sing Kinderlieder