伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

何日君再來

 


 「何日君再来」(ホーリー ジュン ザイライ、邦題「いつの日君帰る」)は、、「夜來香(イエライシャン)」と並び称されるチャイニーズ・メロディーを代表する1曲です。


 この曲は、1937年に上海で製作された映画『三星伴月』の挿入歌として、当時の人気歌手周璇が歌い、空前のヒットとなりました。
 
 作詞者は貝林、作曲者は晏如ですが、それらの作者の思いとは全く離れたところで時の権力者達のさまざまな政治的思惑によって翻弄され、幾度となく演唱を禁止されるなど、数奇な運命をたどってきた歌謡曲として知られています。
 その原因の一つは、歌曲の聴取手段がラジオやレコードが殆どで歌詞を目で見ることのできない時代に於いては、「何日君再来」の発音だけを聞くと、漢字には同音異義語が多くあるため様々な意味に解釈されたことにあります。


 まず「何日君再来」が流行した当時、偶々支那事変が発生したため、.南京から武漢へ遷都していた国民政府当局者の中にはこの歌を、日本への徹底抗戦意識の減殺を目的として日本軍が意図的に流行させた「亡国の歌」であると見る者がおり、当時日本軍によって流布されていた他の中国語歌謡曲とともに「何日君再来」を排斥しようとする動きがありました。


 逆に日本軍の方では、「何日君再来」の「君」とは抗日戦に敗れ武漢から更に重慶へと撤退した「君(=蔣介石)」のことで、「いつ蒋介石は帰ってくるのか」と歌っているようにもとれるし、また「君」の中国語の発音が「軍」のそれと同じことから、「何日軍再来(いつ国民政府軍は帰ってくるのか)」と呼びかけているようにもとれることから、蒋介石や国民政府軍の反攻を期待する抗日的な性格を持った歌であると解釈されました。
 また逆に、「何」が「閡」(ガイ、「門構えに亥」で「妨げる」という意味)と同音のため「閡日軍再来(日本軍の再来を妨げよう)」という意味にもとれることから抗日的な歌曲だとみなされて、国民政府と解釈は異なるものの「何日君再来」を排斥しようとしました。


 大東亜戦争終結後の中華民国・台湾に於いても、外来政権である中国国民党政府の圧政に苦しむ本省人が歌うと、日本の植民地統治時代を懐かしみ、終戦後去っていった日本軍に向かって「(何日軍再来)いつ日本軍は帰ってくるのか」と呼びかけていると当局者は解釈しました。
 更に、「何」が「賀」と同音であり「賀日軍再来(日本軍の再来を慶賀する)」とも聞き取れることから、国民党政府が同歌の歌唱を引き続き長期に亘り禁止していました。


 しかし1978年頃、鄧麗君(テレサ・テン)が歌唱禁止の解けたこの曲を録音して復活させました。
 人気は徐々に上がって、1980年 9月には台湾各地で大ヒットして 今や中華民国のみならず、全世界の中国人に歌われるチャイニーズ・メロディの代表曲となり、その後も数多くの歌手がこの曲をカバーしています。


 その中から、今回は蔡幸娟小姐版をご紹介します。 


 なお、この歌詞は、一部、五言律詩の体裁を取り、また、唐詩を引用している部分もありますが、その説明は、又の機会に譲ります。 



蔡幸娟 何日君再來 台灣望春風 HD1440p


 何日君再来(いつの日にか君は帰る)
一節
好花不常開,  (好い花は常に咲いているとは限らないし、)
好景不常在。  (好い景色も常に見られるとは限らない)
愁堆解笑眉,  (愁いが積もってくるので笑顔になろうとしても、)

涙灑相思帯。  (涙が溢れて、思いを寄せる二人の絆の帯を洗うほどだ)
今宵離別後,  (今夜別れた後は、)

何日君再来?  (君はいつまた帰って來るの?)
喝完了這杯,  (この一杯を飲み干したら、)

請進點小菜。  (どうぞ小皿のおつまみも召し上がってください)

人生難得幾回醉,(人生で幾度も酔えるものではないのだから、)
不歡更何待!  (気まずい思いで今さら何を待つ必要があるの!)


台詞:
來、來、來,   (さあ、さあ、さあ、)
喝完了這杯再説吧。(先ずはこの杯を飲み干しましょう、話は後にして)

今宵離別後, (今夜別れた後は、)
何日君再来? (君はいつまた帰って來るの?)


二節
道楽時中有   (気晴らしの最中なのに、)
春宵飘吾哉   (春の夜は、私をふらつかせようとするわ)
寒鴉依樹棲   (冬の鴉は、木に依って棲み、)
明月照高臺   (明るい月は、高殿を照らす)
今宵離別後   (今夜別れた後は、)
何日君再来   (君はいつまた帰って來るの?)
喝完了這杯,  (この一杯を飲み干したら、)
請進點小菜。  (どうぞ小皿のおつまみも召し上がってください)


人生難得幾回醉,(人生で幾度も酔えるものではないのだから、)
不歡更何待!  (気まずい思いで今さら何を待つ必要があるの!)


台詞:
來、來、來,  (さあ、さあ、さあ、)
再敬你一杯。  (一杯差し上げます)


今宵離別後,  (今夜別れた後は、)
何日君再来?  (君はいつまた帰って來るの?)
  
3節
停唱陽關疊,  (陽関三畳を歌うのをやめて、)
重擎白玉杯。  (白い玉杯をまた持ちましょう)
慇勤頻致語,  (ねんごろに色々話し、)
牢牢撫君懷。  (しっかりと君の思いを慰めよう)
今宵離別後,  (今夜別れた後は、)
何日君再来?  (君はいつまた帰って來るの?)
喝完了這杯,  (この一杯を飲み干したら、)
請進點小菜。  (どうぞ小皿のおつまみも召し上がってください)


人生難得幾回醉,(人生で幾度も酔えるものではないのだから、)
不歡更何待!  ( 気まずい思いで今さら何を待つ必要があるの!)


台詞:
唉…再喝一杯 乾了吧。 (あゝ、もう一杯飲んで、飲み干してください)

今宵離別後, (今夜別れた後は、)
何日君再来? (君はいつまた帰って來るの?)


 

春の園遊会


 昨日20日午後、東京の赤坂御苑において春の園遊会が開かれ、天皇皇后両陛下は皇太子ご夫妻など皇族方と約2時間に亘り庭園を回って、2000人余りの招待者と和やかな一時を過ごされました。


 招待者の一人、卓球女子の福原愛選手は、昨年の8月のリオデジャネイロオリンピックに出場してメダルを獲得し、その翌月9月1日に中華民国(台湾)の卓球男子の江宏傑選手と結婚したばかりです。


 両陛下は、この2重にお目出度い福原選手に声をお掛けになり暫し懇談されました。
 懇談の内容は、卓球のことから始まり新婚生活のことにまで及ぶ約2分間でした。


 以下、両陛下と福原選手との懇談の動画を掲載し、その一部の新婚生活に関する懇談内容を抜粋して記載します。



新婚の愛ちゃんに天皇陛下から祝福も 春の園遊会(17/04/20)


(前半卓球関係略)


天皇陛下: 「今日、ご主人は?」
福原選手: 「今、韓国で試合に出場しています。」


天皇陛下: 「あ~、試合に出てる、そうですか」
      「住むのはどう? どこへ住まれるの?」

福原選手: 「台湾と日本とを今は行ったり来たりの生活をしています。」
天皇陛下: 「行ったり来たりの… そ~…」


皇后陛下: 「台湾も随分、東日本(大震災)のときなども、心を寄せて下さっていた
      から、関係の方にお会いになったら、お礼をお伝えくださいね。」
福原選手: 「はい、有難うございます。」


皇后陛下: 「お幸せにね。」
福原選手: 「はい、有難うございます。」


天皇陛下: 「では、お元気でね。」
福原選手: 「はい。」


天皇陛下: 「お幸せに。」
福原選手: 「有難うございます。」






 園遊会終了後、「両陛下から直接お言葉を頂戴して、オリンピックよりも緊張しました。」と語っていた福原選手ですが、よもや「台湾の関係者に、お礼をお伝えください」との皇后陛下のお言葉を忘れることはないでしょう。



ここに幸あり


 「ここに幸あり」は、1956年当時18歳の新人歌手大津美子が発表した楽曲です。


 作詩は『酒は涙か溜息か』などのヒット曲で戦前から知られていた高橋掬太郎、この詩に大津美子の歌唱指導をしていた恩師の飯田三郎が曲を付けて、空前の大ヒットとなったものです。

 この歌の各節の結句はそれぞれ詩的表現になっているので解釈は人それぞれですが、大まかには、人生の幸福とは然程大それたものではなく、誰もが営なむ日々の暮らしの中にあると詠ったものと思われます。
 つまり、「女の人生には雨や嵐が多いが、頼りになる人が傍に居て偶に晴れた青空に恵まれることや、二人で寄り添って白い雲を見上げることなどの、ほんのささやかな出来事こそが幸福なのだ」と主張しているものと解釈できます。
 戦中戦後の動乱の時代を命がけで生き抜いてきた一人の女の心情に思いを致すとき、この詩は単なる恋歌の枠を超えて万人の胸を打つものが有ります。


 大津美子、現在79歳、今でも元気に演唱活動を続けていますが、今回は若い時の音源でご紹介します。なお、イラストはバレンタインデイのもので時期外れですが、絵が綺麗なので敢えて使ってみました。




ここに幸あり 大津美子【附加歌詞 音標 1080P】


ここに幸あり(幸福在這裡)  
                詞:高橋掬太郎   曲:飯田三郎
一節
嵐も吹けば 雨も降る      (又是刮強風 又是下大雨)
女の道よ なぜ険し       (女人的路途為何那麼險惡)
君を頼りに 私は生きる     (依賴著你 我就能活下去)
ここに幸あり 青い空      (幸福在這裡 就在那藍天裡)


二節
誰にも言えぬ 爪のあと     (無法向人傾訴)
心に受けた 恋の鳥       (愛情鳥留予內心的爪痕)
鳴いて逃れて 彷徨い行けば   (哭泣 逃避  徬徨 徘徊)
夜の巷の 風哀し        (夜裡巷口的風 竟是那麼淒涼)
 


三節
命のかぎり 呼びかける     (在有生之年 都要呼喚著你)
こだまの果てに 待つは誰    (迴響在山谷盡頭 是誰在等待)
君に寄り添い 明るく仰ぐ    (依偎著你 仰望光明)
ここに幸あり 白い雲      (幸福在這裡 就在那白雲裡)



おまけ:蔡幸娟版♫
 

蔡幸娟_幸福在這裡(200709)