伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

雲中不動象王?

 【雲中不動象王?】


 先日、馴染の骨董屋で美麗な絵皿を1枚買い求めました。
 何とも不思議な絵柄で、何を意味するのかは解りません。


 雲に乗った象の絵で、仏画の雲中菩薩にも似ていますが、本物の仏画であれば象は白象の筈ですので、どうも違うようです。
 この象の顔色は日に焼けているようですし、おまけに王冠を被っているように見えます。


 「雲に乗った象の王様」のように見えるので、取りあえず「雲中不動象王彩色繪皿」と名付けて、伊賀山人の家宝の一つにしました。


 早速、山の神にも披露して見せました。


「これは、新たに手に入れた我が家の家宝《雲中不動象王彩色繪皿》である。」


『ふ~ん、それでいくらしたの~?』

 この山の神には、芸術を鑑賞する心など微塵もなく、眼中にあるのは常に経済的価値のみです。


「ずばり、片手である。私に万一のときが有って、生活に困ったらこれを売りなさい。」


『どうせ、500円くらいなもんでしょう?』

 この山の神の猜疑心には際限がありません。


「冗談ではない! 桁違いである。」


『え~!? すると、5000円~?』


「馬鹿を申すな! 二桁違う!!』


 流石の山の神も腰を抜かして、どもりながら喚きます。

『ごっ、ごっ、ごっ、50万え~ん!!!』


「いや、50円である。」


『・・・』


 【パッケージの表裏】


 このパッケージの英文によると、どうやら台灣土産のようですが、「雲に乗った象の王様」は、仏画の一種なのか或いはアニメか何かのキャラクターなのか、未だに謎は解けません。


「借問此象何意有哉?」



追記:
 台湾のmoli老師からご教示をいただき、「雲中不動象王」の正体が判明しましたので、以下に引用します。

 これはインドあるいはチベットに伝わり信仰されている神の一柱で、「四臂象鼻財神(4本の腕と象の鼻を持つ福の神)」です。

 夫婦の部屋に祀るとご利益があります。

 もしも家の前に(南國や山國では貴重な)水が有ったとすると、この神はその鼻で水を吸い込んで、家の中に運んでくれます。

 その他にも様々なものを持って来てくれるので、夫婦は財物や幸福を大量に得ることができます 👍


瞳をとじて(輕閉雙眼)


 「瞳をとじて」(ひとみをとじて)は、2004年4月28日にシンガーソングライターの平井堅が発表した楽曲で、同年のオリコンシングルチャート年間1位を獲得しました。


 平井堅は、伊賀山人事務所の隣町、三重県名張市桔梗が丘の出身です。
 その風貌と長身から、よく外国人と間違われますが、インド人のような顔つきの父親に似ただけで、本人も両親も純粋な日本人です。
 
 彼は、地元の三重県立上野高校を卒業後、横浜市立大学に進学し在学中から横浜市内のライブハウス専属の歌手等で活動する傍ら、Sony Music Entertainment Auditionに自作ビデオを応募し入選したのをきっかけに1993年よりソニーレコードと契約し、大学卒業後の1995年にはCDデビューも果たしました。
 しかしながら、なかなかヒット曲に恵まれず、2000年にリリースした8枚目のシングル「楽園」が漸くヒットした時には、既に28歳になっていた遅咲きの実力派歌手です。


 「瞳をとじて」は、その4年後2004年5月に公開された映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌として作ったものです。
 この曲で、平井堅は2004年度の『第55回NHK紅白歌合戦』に出場を果たしました。

 歌詞の内容は、白血病で死んだ高校時代の恋人のことを想う男の哀情を詠じたものです。
 


  瞳をとじて          輕閉雙眼


朝目覚める度に 君の抜け殻が横にいる    每當早晨醒來時 你的軀殼就躺在身旁
asa mezameru tabi-ni kimi-no nukegara-ga yoko-ni iru
ぬくもりを感じた いつもの背中が冷たい   總是感覺到溫熱的背 如今卻是冰冷的
nukumori-wo kanjita itsumono senaka-ga tsumetai
苦笑いをやめて 重いカーテンを開けよう   別苦笑了 將沉重的窗簾拉開吧
nigawarai-wo yamete omoi kaaten-wo akeyoh
眩しすぎる朝日 僕と毎日の追いかけっこだ  炫目的早晨 追逐著我的每一天
mabushi-sugiru asahi boku-to mainichi-no oikakekko-da
あの日 見せた泣き顔            那一天 看見哭泣的臉
anohi miseta nakigao
涙照らす夕陽 肩のぬくもり         是夕陽照著淚水 而肩膀的溫熱
namida terasu yuuhi kata-no nukumori
消し去ろうと願う度に            總希望能夠揮灑而去
keshisarou-to negau tabi-ni
心が 体が 君を覚えている           我的心和身體都惦記著你
,kokoro-ga , karada-ga , kimi-wo , oboete-iru


Your love forever               你的愛是永恆

瞳をとじて 君を描くよ             輕閉雙眼 在心中描繪你的樣子 
hitomi-o tojite , kimi-wo egakuyo ,
それだけでいい                 這樣就行了
soredakede ii
たとえ季節が 僕の心を 置き去りにしても   即使季節 將我的心棄置不顧
tatoe kisetsu-ga , boku-no kokoro-wo , okizari-ni shitemo

いつかは君のこと               總有一天 你的全部 
itsuka-wa kimi-no koto
なにも感じなくなるのかな           也都會慢慢變得沒有感覺吧
nani-mo kanjinaku naru-no-kana
今の痛み抱いて 眠る方がまだいいかな     所以我抱著這股沉痛 睡著會比較好吧
ima-no itami daite , nemuru hou- ga mada iikana
あの日 見てた星空              那一天所看見的星空 
ano-hi , miteta hoshizora
願いかけて 二人探した光は          是我們兩人找到的 乘載著願望的光
,negai kakete , futari sagashita hikari-wa 
瞬く間に消えてくのに             雖然一瞬間便消失而去
mabataku-ma-ni kiete-ku-noni  
心は 体は 君で輝いてる           但是我的心與身體 卻都因你而綻放光芒
kokoro-wa , karada-wa , kimi-de kagayaite-ru


I wish forever                  我期望永遠

瞳をとじて 君を描くよ               輕閉雙眼 在心中描繪你的樣子
hitomi-o tojite , kimi-wo egaku-yo
それしか出来ない               只能這麼做
,soreshika dekina i
たとえ世界が                 即使世界
tatoe sekai-ga
僕を残して 過ぎ去ろうとしても        將我棄置而去
boku-o nokoshite , sugisarou-to shitemo


Your love forever                                          你的愛是永恆

瞳をとじて 君を描くよ             輕閉雙眼 在心中描繪你的樣子
hitomi-o tojite , kimi-wo egaku-yo 
それだけでいい              這樣就行了
,soredakede-ii 
たとえ季節が               即使季節
tatoe kisetsu-ga
僕を残して 色を変えようとも       將我棄置景色皆變
boku-wo nokoshite , iro-o kaeyou-tomo
記憶の中に君を探すよ それだけでいい   我還是在記憶中找尋你 這樣就行了
kioku-no naka-ni , kimi-wo sagasu-yo , soredakede-ii
なくしたものを 越える強さを       因為超越失去的強大力量
nakushita mono-wo , koeru tsuyosa-wo
君がくれたから              是你給我的
 kimi-ga kureta-kara

君がくれたから…             是你給我的…
kimiga kureta-kara




平井堅 Ken Hirai 輕閉雙眼 Hitomi wo tojite