伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

弁天さまについて

 【恵那峡(大井ダムの湖沿いの渓谷)さざなみ公園・弁天島 に祀られている弁財天】


 今回は、水の神として港湾や河川、湖などの近傍の寺院や神社に祀られていることで、日本でもよく知られている弁天さまについてご紹介します。



 【水と芸術・学問などの知を司るヒンズー教の女神サラスヴァティー】


 弁天さまの本地(本来の姿。本体。)は、インドのヒンズー教の女神であるサラスヴァティー(Sarasvati)です。
 Sarasvatiとは「水を持つ者」の意で、この女神は元々は聖なる川の化身として水を司る女神でした。
 その後、「流れる川」が転じて、水のように湧き出て流れるもの全て(音楽、言葉、学問、智慧など)を司る女神となりました。


 時は下って、釈迦が仏教を興したときに、どういう訳かサラスヴァティーは仏教とその信者の守護神として「天部(てんぶ)」に任命されました。
 天部とは、仏教において天界に住む者の総称で、インドの古来の神が仏教に取り入れられて護法神となったものです。
 こうして、本来は水の女神であったサラスヴァティーは、音楽や学問などの文科系を担当する傍ら、武器を持って仏教を守護するために戦う武道系を併せて担当する文武両道の神様になったのであります。


 このサラスヴァティーが、仏教典に登場するのは、5世紀に漢訳された『金光明経』が初出で、この経典ではサラスヴァティーの名を「辯才天(弁舌の才能を持つ天部の神)」と翻訳表記しています。
 日本には、古墳時代の末期6世紀ごろに仏教伝来とともに「辯才天」の名が伝わっていますが、その後、音が同じであることから「辨財天(財宝を分ち与える天部の神)」とも表記されるようになりました。
 つまり、日本では文武両道に加えて財産管理も担当する、実に忙しい女神さまになったのであります。

 筆者注:

 「弁」と「辯」と「辨」とはそれぞれ意味の異なる漢字ですが、戦後の当用漢字制度により全て「弁」(原義は「冠」)と表記するようになったことで、現在では「弁天さま」「弁才天」「弁財天」と表記されるため意味が分かりにくくなっています。

 また、「天部」とは、元々釈迦の弟子ではないことから仏教の信仰・造像の対象となっている「仏」の4つのグループの格付けとしては最下位で、「如来部」「菩薩部」「明王部」の次が「天部」となっています。
 しかしながら、もとを糺せば由緒正しい歴とした神様であることから、神社仏閣に於いて脇侍だけではなく本尊として祀られることも多々あります。
 弁財天を始め、梵天、帝釈天、吉祥天、鬼子母神、大黒天、四天王などがその一例です。
 更に、「天部」の神々は仏教の守護神として寺院に祀られることもあれば、本地垂迹説(日本の神々は仏教の諸佛菩薩などが姿を変えて現れたものとする思想)に基づき、宗教の枠を超えて神社に祀られることもあるのが特徴です。
 明治以降には神仏分離もありましたが、今でも弁天さまは、寺院にも神社にも祀られています。
 なお、神社の場合には、全国各地に「弁天神社」と称する神社が数多くありますが、他にも日本古来の水の女神である市杵嶋姫命(いちきしまひめ)を弁天様の化身として祀っているところも少なくありません。


 サラスヴァティーの像形は、4本の腕を持ち、2本の腕には数珠とヴェーダ(宗教文書)、もう1組の腕にヴィーナと呼ばれる現在のインドのシタールに似た弦楽器を持っているのが特徴です。


 弁天さまも基本的にはサラスヴァティーと同じ像形ですが、日本で独自に進化したため、腕は4本ではなく、2本の2臂像と8本もある8臂像とに分かれています。
 2臂像は、弦楽器を持つ文科系の姿ですが、楽器は日本ではヴィーナが手に入らなかったためか、殆どが琵琶を持っています。こちらは「辯才天」と表記されていることが多いようです。
 8臂像は、刀や弓などの武器を持つ武道系の姿で、仏教の守護神の立場を表わしています。こちらは「辨財天」の表記が多いようです。


 次にそれぞれの像形の一例を画像でお示しします。


 【2臂像の例:辯才天(妙音天)坐像 岩手県盛岡市 松園寺】
 この像形は、比較的、本来のサラスヴァティーに近い姿で、弁天さまの多くはこの姿です。
 なお、この弦楽器を持つ像形の場合には、「妙音天」或いは「美音天」の別名で呼ばれることもあります。



 【8臂像の例:井之頭辨財天尊 東京都三鷹市井の頭 明静山圓光院大盛寺】
 この像形は、武器を手にして仏教の守護神の役割を強調した姿ですが、日本ではそれほど多くは作られていません。
 なお、この井之頭の辨財天尊(「尊」は尊称)は秘仏であり、開帳されるのは12年に1度の巳年(水の神の年)だけなので、日本人でも実物を見た人は殆どいません。


 最後に弁天さまが祀られている寺院と神社の一例をお示しします。


 【井の頭公園内にある井之頭辨財天尊の堂宇】
 弁天さまが祀られている寺院の一つです。



 【北海道東部の厚岸郡厚岸町にある厚岸湖上の弁天神社】
 弁天さまが祀られている弁天神社の一つです。


川の流れのように(鄧麗君版)

 【台灣新竹縣關西鎭を流れる牛欄河と、親水公園に架かる1927年に造られた東安古橋】


 「川の流れのように」は、日本の歌手美空 ひばり(みそら ひばり、1937年(昭和12年)5月29日 - 1989年(平成元年)6月24日)が1988年12月に発売したアルバム『川の流れのように〜不死鳥パートII』に収録されているこのアルバムを代表する表題曲です。
 この楽曲は、翌1989年1月11日にシングルカットして発売されましたが、その5箇月後に美空ひばりが急逝したため、彼女の生前最後のシングル作品となりました。


 美空ひばりは生前、この楽曲について自分の人生と重ね合わせて、次のように語っています。 

 1滴の雨が木の根を伝い、せせらぎが小川になる。

 水の流れがあっちにぶつかり、こっちに突き当たりしながらだんだん大きくなる。

 やがて大河になり、ゆっくりと海にたどり着く。


 作詞は秋元康(あきもと やすし、1958年5月2日 - )、作曲は見岳章(みたけ あきら、1956年11月11日 - )、美空ひばりにとっては小椋佳が作詞・作曲した「愛燦燦」と並び称される自身の代表曲、数多くの歌手がカバーしていますが、今回は東洋の歌姫こと鄧麗君(1953年1月29日 - 1995年5月8日)の演唱でご紹介します。




川流不息★邓丽君中字★川の流れのように



 川流不息 
         
(第壹節)
 不知不覺 走到了這裡
 細細長長的這條路
 如果 回過頭的話
 看得到遙遠的故鄉
 崎嶇不平的道路 彎彎曲曲的道路
 沒有地圖的指引 這就是人生


 啊~ 像河川一樣的流著
 緩緩流著
 經歷無數個時代
 啊~ 像河川一樣的流著
 毫不停止地
 只剩下晚霞遍染的天空


(第貳節)
 生命就如同旅行
 在這個沒有終點的道路上
 與相愛的人 攜手為伴
 共同尋找夢想
 就算下雨溼透了道路
 也總有放晴的一天 


 啊~ 像河川一樣的流著
 安詳平穩地
 讓人想寄身其中
 啊~ 像河川一樣的流著
 四季的推移
 靜待雪融化的季節


(附節)
 啊~ 像河川一樣的流著
 安詳平穩地
 讓人想寄身其中
 啊~ 像河川一樣的流著
 無時無刻
 只聽到青綠的細流聲



 おまけ【二胡演奏版(張濱二胡演奏団)】↓

川の流れのように



 秋夜伊賀城聞胡琴  秋夜伊賀城に胡琴を聞く
                   伊賀山人作 七言古詩平水韻下平聲八庚
 誰家玉琴暗飛聲,  誰が家の玉琴ぞ 暗に聲を飛ばす,
 散入秋風滿伊城。  
散じて秋風に入り 伊城に滿つ。
 此夜曲中聞川流,  
此の夜 曲中に 川流を聞く,
 何人不起故園情。  
何人か 故園の情を 起こさざらん。  



 美空ひばりの原唱版はこちら↓

Take Me Home, Country Roads(カントリー・ロード)

 
 Take Me Home, Country Roads(我が家へ導きたまえ、故郷の道よ:請帶我回家 , 鄉村道路)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライターのジョン・デンバー(John Denver、1943年12月31日 - 1997年10月12日)が、1971年4月に発表した楽曲です。


 作詞・作曲は、ジョン・デンバー、ビル・ダノフ(Bill Danoff)、タフィー・ナイバート(Taffy Nivert)の3人によるによる共作とされています。


 この楽曲は、日本でもテレビ番組の主題歌などに使われてヒットして、「故郷に帰りたい」或いは「カントリー・ロード」という邦題を付けて多くの歌手がカバーしています。


 歌詞の内容は、大意としてはウェストバージニアの山の中に在る故郷の家に帰りたいとの願いを詠じたものですが、非常に詞的な表現が多く、アメリカ人でも解釈の分かれる難解な歌詞になっています。


 例えば、「mountain mama」とは「山に住んでいる母親」とも「母なる山」とも解せます。その後に出てくる「her」や「she」も同様です。
 また、「blue water」とは「海」とも「青い清水」とも解せます。
 他に「moonshine(月の輝き)」も分かりにくい詞語ですが、これは密造酒の隠語と考えて間違いないでしょう。「radio」は所謂「ラジオ」ではなく「電話」の意と考えます。


 筆者注:

 昔のアメリカでは、「ムーンシャイン」という隠語で呼ばれる密造酒を山の洞穴に何年も隠しておくことがよくあり、それが功を奏して熟成されて上等な酒になったと伝えられています。

 そのため、現在のアメリカでは合法的に造った酒でも、上等であることを誇示するために「ムーンシャイン」と名付けた銘柄が有ります。

 
 この歌詞の中で複数の解釈ができるものについては、ダブルミーニングの可能性も考慮しながら文脈判断で翻訳してみました。この際、「mama」は基本的に実母と見做しています。


 「故郷に帰りたい(カントリー・ロード)」の他、「悲しみのジェット・プレーン」や「太陽を背にうけて(Sunshine on My Shoulders)」など数多くのヒット曲を生み出し、1970年代のフォークソング界において中心的な役割を果たしたジョン・デンバーですが、21年前の今月12日 、米国内ツアーを終えてカリフォルニアで休養中に、自らが趣味で所有する数機の自家用機の中の一機(ルータン ロング・イージーという名のプロペラ機)を単独で操縦中に操作を誤って墜落し惜しくも53歳の若さで世を去りました。


 この楽曲は、ジョン・デンバーの代表曲の一つであり、歌詞に繰り返しウェストバージニア州が登場することから、彼の死後にはなりましたが2014年に公式にウェストバージニア州の4番目の州歌となっています。


 ただし、「Almost heaven, West Virginia. Blue Ridge Mountains, Shenandoah river」と歌われるブルーリッジ山脈(アメリカ合衆国東部のジョージア州から、北東方向にノースカロライナ州、テネシー州、バージニア州、メリーランド州を経て、ペンシルベニア州に至る山脈である)は全くウェストバージニア州を通っておらず、シェナンドー川もわずかにウェストバージニア州にかかるだけで、そのほとんどは隣のバージニア州を流れています。
 ジョン・デンバーらは、当時そのことを確かめずに発表してしまったようですが、ウェストバージニア州内でも、ハーパーズ・フェリーという町からは、実際にブルーリッジ山脈とシェナンドー川の両方を一望できることをファンに教えてもらって喜んだというエピソードが残っています。



Take Me Home, Country Roads 
我が家へ導きたまえ、故郷の道よ
請帶我回家 , 鄉村道路


Almost heaven, West Virginia
Blue ridge mountains, Shenandoah river
Life is old there, older than the trees
Younger than the mountains, growin’ like a breeze
殆ど天国のようなところだ、ウエストバージニアは
ブルーリッジ山脈、シェナンドー川
そこには昔からの人々の営みが有り、それは木々よりも古く
山よりも若く、そよ風のように時を重ねている

就像是天堂,西維吉尼亞州
有藍色山脊的群山和仙安杜河
在那兒生命是古老的,比森林更古老
但比山脈年輕
像風一樣自在的成長


Country roads, take me home *1
To the place, I belong
West Virginia, mountain mama
Take me home, country roads *2
故郷の道よ、私を我が家へ導いてくれ
私の居るべき場所へ
ウエストバージニアへ、山に住む母の元へ
我が家へ導きたまえ、故郷の道よ

鄉村道路,帶我回家
到那個屬於我的家
西維吉尼亞州,向山住的媽媽 
帶我回家,鄉村道路


All my memories, gather ‘round her
Miner’s lady, stranger to blue water
Dark and dusty, painted on the sky
Misty taste of moonshine, teardrop in my eye
私の思い出の全ては、彼女にまつわることだ
炭鉱夫の妻で、海を知らない
暗くて埃っぽい空気が、空を染めていたことや
密造酒ムーンシャインの味をぼんやりと思い出すと、目に涙が溢れる

我所有的記憶集中在她(媽媽)四周
礦工的太太,從沒見過藍色的水(大海)
陰暗且灰矇矇的,漆上了整個天空
憶起私釀酒模糊的味道,淚眼盈眶


(*1~*2反覆)


I hear her voice, in the mornin’ hour she calls me
The radio reminds me of my home far away
Drivin’ down the road I get a feelin’
That I should have been home yesterday, yesterday
私は彼女の声を聞く、彼女が私に電話を掛けてくる朝のひと時に
その電話の声が遥か遠くにある故郷の我が家を思い出させる
我が家へ続く道の上で車を走らせていると、一つの思いがこみ上げてくる
もっと早く、もっと早く帰るべきだったとの思いが…

清晨時分,我聽到她呼喚我的聲音
收音機的聲音讓我想起了遠方的家
正在開車回家的路上時,我有了一種感覺
我更向早期就應該回家的 , 更早地返回


(*1~*2 2回反覆)


Take me home, country roads
Take me home, country roads
我が家へ導きたまえ、故郷の道よ
我が家へ導きたまえ、故郷の道よ

請帶我回家,鄉村道路
請帶我回家,鄉村道路





〓 Take Me Home Country Roads 《鄉村小路帶我回家》-John Denver-歌詞版中文字幕〓