伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

川の流れのように(鄧麗君版)

 【台灣新竹縣關西鎭を流れる牛欄河と、親水公園に架かる1927年に造られた東安古橋】


 「川の流れのように」は、日本の歌手美空 ひばり(みそら ひばり、1937年(昭和12年)5月29日 - 1989年(平成元年)6月24日)が1988年12月に発売したアルバム『川の流れのように〜不死鳥パートII』に収録されているこのアルバムを代表する表題曲です。
 この楽曲は、翌1989年1月11日にシングルカットして発売されましたが、その5箇月後に美空ひばりが急逝したため、彼女の生前最後のシングル作品となりました。


 美空ひばりは生前、この楽曲について自分の人生と重ね合わせて、次のように語っています。 

 1滴の雨が木の根を伝い、せせらぎが小川になる。

 水の流れがあっちにぶつかり、こっちに突き当たりしながらだんだん大きくなる。

 やがて大河になり、ゆっくりと海にたどり着く。


 作詞は秋元康(あきもと やすし、1958年5月2日 - )、作曲は見岳章(みたけ あきら、1956年11月11日 - )、美空ひばりにとっては小椋佳が作詞・作曲した「愛燦燦」と並び称される自身の代表曲、数多くの歌手がカバーしていますが、今回は東洋の歌姫こと鄧麗君(1953年1月29日 - 1995年5月8日)の演唱でご紹介します。




川流不息★邓丽君中字★川の流れのように



 川流不息 
         
(第壹節)
 不知不覺 走到了這裡
 細細長長的這條路
 如果 回過頭的話
 看得到遙遠的故鄉
 崎嶇不平的道路 彎彎曲曲的道路
 沒有地圖的指引 這就是人生


 啊~ 像河川一樣的流著
 緩緩流著
 經歷無數個時代
 啊~ 像河川一樣的流著
 毫不停止地
 只剩下晚霞遍染的天空


(第貳節)
 生命就如同旅行
 在這個沒有終點的道路上
 與相愛的人 攜手為伴
 共同尋找夢想
 就算下雨溼透了道路
 也總有放晴的一天 


 啊~ 像河川一樣的流著
 安詳平穩地
 讓人想寄身其中
 啊~ 像河川一樣的流著
 四季的推移
 靜待雪融化的季節


(附節)
 啊~ 像河川一樣的流著
 安詳平穩地
 讓人想寄身其中
 啊~ 像河川一樣的流著
 無時無刻
 只聽到青綠的細流聲



 おまけ【二胡演奏版(張濱二胡演奏団)】↓

川の流れのように



 秋夜伊賀城聞胡琴  秋夜伊賀城に胡琴を聞く
                   伊賀山人作 七言古詩平水韻下平聲八庚
 誰家玉琴暗飛聲,  誰が家の玉琴ぞ 暗に聲を飛ばす,
 散入秋風滿伊城。  
散じて秋風に入り 伊城に滿つ。
 此夜曲中聞川流,  
此の夜 曲中に 川流を聞く,
 何人不起故園情。  
何人か 故園の情を 起こさざらん。  



 美空ひばりの原唱版はこちら↓

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。