伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

「春曉(しゅんぎょう)」の音読み



 春曉

           盛唐 孟浩然

 春眠不覺曉,

 處處聞啼鳥。

 夜來風雨聲,

 花落知多少。


 「春曉」とは、盛唐の詩人孟浩然(もう こうねん/もう こうぜん、モン ハオラン、689年 - 740年)作の五言絶句です。


 漢詩の中でも、唐代に完成した近体詩と言われるものは、一首の中の句数や一句の中の漢字数とその平仄(アクセント)の配置や韻の踏み方など、厳格な決まりのある「定型詩」です。


 このような定型を守ることにより、唐代の発音で読んだ時に歌うがごとき心地よいリズムと響きになるのです。


 ところが、日本では古来、漢詩を定型詩として読んでいるわけではありません。
 次のように、訓読して非定型詩として読んでいます。
 実は、このことが、漢詩が現代まで日本人に普及している一因ともなっています。
 つまり、日本に漢詩が伝わった頃には、既に五七調を基準とする定型詩である和歌が、知識人の教養として存在していたのです。
 そのような時に、漢詩が古代の知識人に普及したのは、非定型詩が初めての経験であり珍しかったことと、更には漢語を使うことにより和語を使う和歌では表せない包括概念や抽象概念を表現することが出来たことが原因の一つと考えられています。


 春曉

春眠 曉(あかつき)を覺(おぼ)えず,

處處(しょしょ)に 啼鳥(ていちょう)を聞く。

夜來(やらい) 風雨の聲(こえ),

花 落つること 知んぬ多少ぞ。


 漢詩の訓読も、これはこれで、格調高い響きがありますが、本来の定型詩の響きではありません。


 今回は、この「春曉」が約1300年前にはどのような響きであったのかを、音読みで研究してみました。


 日本語の音読みにはいくつかの種類がありますが、大別して「漢音」と「呉音」の2種類が最も多く使われています。
 「漢」とか「呉」とかの頭字は、王朝名とは関係ありません。
 「漢音」とは唐代の都長安(現:西安)で使われていた漢字音を当時の日本から支那へ留学していた仏教僧が持ち帰って広めた読み方です。
 「呉音」とはそれよりも前の六朝時代の都建康(現:南京)付近で使われていた漢字音で、仏教の伝来と共に、経文の読み方として伝わっていたものです。


 現在では、漢文・漢詩は「漢音」、仏教典は「呉音」で読む慣わしとなっています。


 漢詩も「漢音」で読むと、平仄のアクセントは付いていませんが比較的唐代の音に近くなります。もっとも、この際は古代の読み方「字音仮名遣ひ」というもので読む必要があります。
 また、漢字は支那諸語では一字が一音節でそれぞれの読む時間は同じですので、例えば、「花落知多少」は、「か らく ち た しょう」ではなく、「くゎ~ らく ち~ た~ せう」と読むほうが原音に近くなります。
 これは、漢文で出来ている仏教の経典を読む場合でも同じで、例えば「観自在菩薩」であれば、「かん じ ざい ぼ さつ」ではなく、「かん じ~ ざい ぼ~ さつ」と読み慣わしています。


 この方法で、音読みすると、「春曉」は次のようになります。


  春   曉 

  しゅん げう        

春   眠   不  覺  曉,

しゅん みん  ぶ~ かく げう

處   處   聞  啼  鳥。

しょ~ しょ~ ぶん てい てう

夜   來   風  雨  聲,

や~  らい  ふう う~ しゃう

花   落   知  多  少。

くゎ~ らく  ち~ た~ せう


 この音読みでも、1句・2句・3句の末語の「げう・てう・せう」は、「~eu」で韻を踏んでいることが分かります。
 果してこれが1300年前の読みに近いのかどうかを検証するため、「現代台湾華語」と「唐代長安音(推定)」による朗読と比較してみました。
 なお、「唐代長安音(推定)」は、大島正二著『唐代の人は漢詩をどう詠んだか』(岩波書店)に基づいています。


 【現代台湾華語による「春曉」の朗読】

Elpis Socks 台湾中国語・漢詩朗読 【春暁】孟浩然 【メンズ・レディースソックスならエルピスソックス】



 【唐代長安音(推定)による「春曉」の朗読】

孟浩然「春暁」 唐代長安音(推定)


 検証結果、日本語の音読みでも、「字音仮名遣ひ」を使えば、1300年前の長安音の雰囲気が結構良く出ていると悦に入る今夜の伊賀山人でした。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。