伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

星の界(原曲:たふときわが友・いつくしみ深き)

 【小熊座 S40.9.18】


 星の界(ほしのよ)は、1910年(明治43年)に『教科統合中等唱歌』第2巻に掲載して発表された文部省唱歌です。


 この楽曲は、1855年にカナダ在住のアイルランド人牧師ジョセフ・スクライヴェン(Joseph M. Scriven、1819-1886)が書いた詩にアメリカの弁護士チャールズ・クロザット・コンヴァース ( Charles Crozat Converse、1832年10月7日 - 1918年10月18日)が曲を付けた讃美歌 What a friend we have in Jesus (邦題:「たふときわが友」又「いつくしみ深き」)に原詩とは全く無関係な歌詞を日本の詩人、劇作家、翻訳家である杉谷代水(すぎたに だいすい、1874年8月21日 - 1915年4月21日)が付けた替え歌です。


 スクライヴェンの書いた原詩はイエス・キリストを信頼する気持ちを詠ずるものですが、杉谷代水が付けた歌詞は静かな夜の星空の景色を詠ずる叙景歌になっています。


 この歌詞は文語体で書かれているので子供には分かりにくいことから、詩人であり評論家であった川路 柳虹(かわじ りゅうこう、1888年7月9日 - 1959年4月17日)が「星の世界」と題する口語体の歌詞を付けたものが、中教出版から1952年に出版された「小学校用音楽五」に掲載されていますが、星空を詠ずる詩想は「星の界」と似通っています。
 その他にも、このコンヴァースの曲には「母君にまさる」などの題名で母親の情愛を詠ずる別の日本語歌詞を付けたものが複数存在します。


 この歌詞は、四四七駢儷体で書かれており、前回ご紹介したウィリアム・S・ヘイス作曲の「冬の星座」と同じです。
 このため、この二つの曲はリズムが同じであり歌詞を取り換えても完全に演唱することができます。
 また、詩想も似通っているため、しばしば混同されて演唱されています。


 今回は、コンヴァース作曲の「星の界」と「星の世界」それぞれの合唱と、作曲者の異なる「星の界(コンヴァ―ス)」と「冬の星座(ヘイス)」の両方を交互に演唱しているメドレー版をご紹介します。



 星の界
 
星星之世界
               作詞:杉谷代水 作曲:チャールズ・C・コンヴァース
月なきみ空に きらめく光
嗚呼その星影 希望のすがた
人智は果(はて)なし 無窮(むきゅう)の遠(おち)に
いざその星影 きわめも行かん

在無月之天空 閃著光亮
阿~那個星星之影子 是希望之身影
人類智慧是無際限 無窮遠方
那星星之影子 就走到極遠處吧


雲なきみ空に 横とう光
嗚呼洋々たる 銀河の流れ
仰ぎて眺むる 万里のあなた
いざ棹させよや 窮理の船に

無雲之天空 旁邊正有光亮
阿~浩浩蕩蕩 銀河流動 
仰望注視 萬里之天涯
那麼指掉開船 登上探求道理之船


 「星の界」合唱版▼

星の界(Hoshinoyo)


 星の世界 

 星星的世界  

       作詞:川路柳虹 作曲:チャールズ・C・コンヴァース


かがやく夜空の 星の光よ

まばたく数多(あまた)の 遠い世界よ

ふけゆく秋の夜 すみわたる空

のぞめば不思議な 星の世界よ

放光的夜空的 星的光喔
直眨巴的很多的 遠的世界喔
深去的秋天的夜晚 晴朗的天空
如果期望不可思議的 星的世界喔


きらめく光は 玉か黄金(こがね)か

宇宙の広さを しみじみ思う

やさしい光に まばたく星座

のぞめば不思議な 星の世界よ

閃耀的光 是寶玉還是黃金
痛切地考慮 宇宙的寬度
為和善的光 直眨巴的星座
如果遠望不可思議的 星的世界喔


 「星の世界」合唱版▼

群)前橋市 原小 「星の世界」 作詞:川路柳虹 作曲:コンバース 編曲:飯沼信義


 冬の星座星の界2曲メドレー


       作詞:堀内敬三 作曲:ウィリアム・S・ヘイス

       作詞:杉谷代水 作曲:チャールズ・C・コンヴァース


木枯らしとだえて さゆる空より

地上に降りしく 奇(くす)しき光よ

ものみないこえる しじまの中に

きらめき揺れつつ 星座はめぐる


月なきみ空に きらめく光
嗚呼その星影 希望のすがた
人智は果(はて)なし 無窮(むきゅう)の遠(おち)に
いざその星影 きわめも行かん


ほのぼの明かりて 流るる銀河

オリオン舞い立ち スバルはさざめく

無窮(むきゅう)をゆびさす 北斗の針と

きらめき揺れつつ 星座はめぐる


 「冬の星座・星の界」メドレー版▼

冬の星座・星の界



 おまけ:二胡演奏版▼

星の世界(いつくしみ深き)with 二胡