伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

Seven Daffodils(「七つの水仙」~春を告げる花~)

 【伊賀山人庭園に咲いた七つの水仙】


 春告草 (ハルツゲグサ)と言えば、一般に雪解けの時期に咲くユキノハナ(スノードロップ)や早春に開花する梅の花などの総称ですが、伊賀山人庭園で春一番に咲く花は水仙の花です。


 そこで本日は水仙の花に因む「七つの水仙(Seven Daffodils)」と題する楽曲をご紹介します。
 この曲は、元々アメリカの歌手ピート・シーガーとリー・ヘイズが中心となって結成し1950年代に活躍したフォークソング・グループ ウィーバーズ(The Weavers)が1957年に発表したものですが、当時はヒットしませんでした。
 1960年に「グリーンフィールズ (Greenfields)」のヒットにより一躍校園民歌(カレッジ フォークソング)の旗手として頭角を現した同じくアメリカのフォークグループ ブラザース・フォア (The Brothers Four) が、この曲を1964年にカバーしてヒットし、その後、現在も活動を続けているこのグループの代表曲の一つとなっています。
  
 歌詞の内容は、家も土地もお金もない貧しい大学生が恋人に七つの水仙を捧げようと詠ずる恋歌です。


 現代の感覚では甚だ貧乏くさく感ずるかもしれませんが、富める国と言われていたアメリカであっても、当時も今も大学生は貧乏なものなのです。
 というのも、修学に必要な学費は、日本のように親が支払うのではなく、学生本人がアルバイトをしたり奨学金を借りたりして賄うのが通常の姿であるからです。


 丁度60年前にリー・ヘイズが作詞・作曲した往年のラブソング、今回はブラザース・フォアの演唱でご紹介します。



 Seven Daffodils
 
七つの水仙
 
七個水仙
                    Words and Music: Lee Hays /Fran Moseley
                    作詞・作曲:リー・ヘイズ/フラン・モズリー


I may not have mansion, I haven't any land
Not even a paper dollar to crinkle in my hands
But I can show you morning on a thousand hills
And kiss you and give you seven daffodils
私が豪邸を手に入れることは無理かもしれない、その為の広大な土地も持っていない。
それどころか、両手の中には皺くちゃになった1ドル紙幣一枚すらない。
けれども、千の丘の上の輝く朝を、君に見せることができる。
そして君に口づけし、七つの水仙の花を捧げることもできる。

我得到豪宅的說不定無理,也沒有為此廣大的土地
豈止如此,即使兩手的其中皺巴巴了的1美元紙幣連一張都也沒有     
但是,向你能現出一千山岡上面耀眼地取得的早上
又為你接吻,也能奉獻七個水仙的花


I do not have a fortune to buy you pretty things
But I can weave you moonbeams for necklaces and rings
And I can show you morning on a thousand hills
And kiss you and give you seven daffodils
私は君に素敵なものを買ってあげられる財産を持っていない。
けれども、私は月の光を織りなして、君の指輪やネックレスにすることができる。
そして、千の丘の上の輝く朝を、君に見せることができる。
そして君に口づけし、七つの水仙の花を捧げることもできる。

我沒有財產被你買極好東西的
但是,我織成月光,能要你的戒指和項鍊
並且,向你能現出一千山岡上面耀眼地取得的早上
又為你接吻,也能奉獻七個水仙的花


Oh seven golden daffodils all shining in the sun
To light our way to evening when our day is done
And I will give music and a crust of bread
And a pillow of piny boughs to rest your head
A pillow of piny boughs to rest your head

ああ、七つの黄水仙が太陽に輝いている。
私達の逢瀬の後、夕暮れの帰り道を照らすように…
そして、私は音楽と一かけらのパンとを捧げよう。
更に、君の頭を安らげる香りの良い小枝で編んだ枕を捧げよう。
君の頭を安らげる香りの良い小枝で編んだ枕を…

啊,七個丁香水仙被太陽照射閃耀著
我們的相會之後,為使照黃昏的歸途
並且,我向你獻上音樂和一小片的麵包
並且,奉獻用睡眠向附有時你,頭能安樂的香味兒好的小樹枝編織的枕頭
用睡眠向附有時你,頭能安樂的香味兒好的小樹枝編織的枕頭…




SEVEN DAFFODILS by The Brothers Four



 七水仙詞
      伊賀山人作
一二三四五六七
今年花似去年好
可憐水仙如仙女
遙想雲中瑤華島 




Seven Daffodils - Brothers Four



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。