伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

今朝の伊賀山人コスモス園

 〔コスモス園全景〕
 今年は、種を蒔いたわけではありませんが、去年の花の種が散乱して芝生広場がコスモス園になってしまいました。
 今朝は久しぶりに雲の切れ間から降り注ぐ陽光に誘われて、思いがけぬ来訪者もありました。


 

 〔来訪者其の一〕
 季節外れの揚羽蝶です。



 〔来訪者其の二〕
 これも季節外れの蜜蜂です。



 〔去年の花の種から自然に咲いた秋櫻花(コスモス)〕



 伊賀山居波斯菊歌 
 
今年花似去年好,去年人到今年老。
始知人老不如花,可惜落花君莫掃。
君家庭院不可當,茉莉扶桑百花香。
滿園花底恆會貓,花撲玉缸菊酒芳。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。