伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

混浴露天風呂(東日本編)


【万座温泉の万座プリンスホテル:こまくさの湯3】


 万座温泉(まんざおんせん)は、群馬県北方の新潟県との県境にある吾妻郡嬬恋村(あがつまぐんつまごいむら)にある、標高1,800mに位置する日本最高所の温泉です。


 このため、巷間「星に一番近い温泉」あるいは「天空の温泉」と呼ばれおり、また、気温が下界より10度以上も低いので、真夏でも快適に入浴できます。


 万座温泉郷の中にある万座プリンスホテルの露天風呂は「こまくさの湯」と名付けられていますが、浴槽が五つあり、それぞれ1番から5番までの番号が振られていて、別名「雲上の露天風呂」とも称されています。


 moliさんとワンダムさんが熱望する混浴露天風呂は、「こまくさの湯3」で、上記画像の一番手前の浴槽です。


 その向こうに見える二つの浴槽は、1番と2番で一応男子用となっていますが、女子が入っても怒られるどころかむしろ歓迎されます。
 女子用の4番と5番は、この画像には映っていませんが、手前の方の壁で隠れた所にあります。
 女子用から男女共用(混浴)までは、女子用の壁の通路を出たら僅か10メートル位ですので、他人に見られることは殆どないでしょう。


 中には、勇気ある女子で、男子用の更にその向こうに小さく見える「雲上の露天風呂」の標識まで行く人もいます。
 なお、地面は芝が生えているだけで、通路にはなっていませんので、余程足の裏の皮の厚い人でなければお勧めはできません。


(著作権不明につき近日消去予定)


 このホテルでは、「湯ゆ着」と称する水を吸わない不識布製のワンピースのようなものを、女子の混浴風呂入浴用として販売しています。


 昼間入浴している女子は、タオル一枚だけを持って入浴する人もいますが、この湯ゆ着を着用している人の方が多いようです。
 夜間は、湯が白濁していることもあり、浴槽に浸かってしまうと何も見えませんので、タオルだけで入る人が多いように思われます。


 読者の皆さんの中には、そこまでして混浴に入って何のメリットがあるのかと不思議に思う方もあるでしょう。


 実は、混浴風呂というものは、大抵の場合、その旅館やホテルの中で、最高の浴槽が指定されているものなのです。


 湯が良い、展望が素晴らしい、浴槽が大きいなど理由は様々ですが、男女どちらかの専用にするのが勿体ないから混浴になっているのです。


 万座プリンスホテル雲上の露天風呂は、朝焼けに浮かび上がる壮大な山々の景観と、夜は銀河の九天より落つるかと思わせる満天の星空が魅力であり、大自然との一体感を感ずることができます。


 皆さんも機会があれば、是非一度と言わず二度三度体験してみるとよいでしょう。


 なお、旅行にあたっては、団体客のいる時期だけは避けたほうが無難でしょう。


 本来、混浴では男女共に、見て見ぬふりをしておくのが暗黙の了解なのですが…


 団体になると、途端に下品になり、特別の許可のない限り禁止されているカメラやスマホなどを浴場に持ち込んで、女子の入浴姿をジロジロ眺めたりするのは、日本人と朝鮮人とに共通する習性なのですから…


 


混浴露天風呂(西日本編)

     【湯原温泉砂湯】


 湯原温泉砂湯は、岡山県北部の真庭市にある湯原温泉郷のシンボル的な混浴露天風呂です。
 
 この砂湯は、岡山県で最も大きい河川である旭川の河原にあります。
 この周辺の河川には無数の「自然噴出の泉源」があり、この場所は有史以前の古代から自由に使われていたと言われる由緒正しい混浴温泉です。
 なお、現在では数十年前にできた湯原ダムのすぐ下流になっており、やや水質が落ちているようです。
 上掲写真奥の絶壁状のものが湯原ダムのコンクリート堤体です。


 砂湯という名称は、温泉が湧いて出る時に川底の砂を吹く様から「砂噴く湯」と呼んでいたものが「砂湯」と略されて呼ばれる様になったものです。


 この砂湯は、元々、住民の生活の為に作られた露天風呂で洗濯や入浴に使われていました。
 その為、清掃などの管理は、町の住民が町内の区によって順番に行い常に清潔に大切にされてきました。


  湯原温泉郷は、古くは、湯治場だったのでこの露天風呂「砂湯」も住民の了解の元で観光客にも無料で入浴できるようにされています。


 ただし、昔からの入浴のルール(掟、法度)は、守られています。


 従前は、当然ながら男女とも全裸で入浴することがルールでしたが、この砂湯は周囲の旅館や公道、更には橋などから丸見えであるため、公序良俗の観点から当局の指導があり、平成24年4月1日からは、男女共にタオル等を着用して入浴することになっています。


 それからは、女子の入浴も少しづつ増えていますが、脱衣所には鍵のかかるロッカーなどは無いので、防犯上の観点から敢えて、壁に隙間が作られており、また かけ湯の時や湯に浸かる時などには、どうしても他人に見られてしまうこともあります。


 万一、衣類や車のキーなどをごっそり盗まれてしまうと、タオル一枚を持って河原に取り残されて救助を待つことになるスリル(リスク?)もあります。
 なお、駐車場は砂湯の下流約200メートルの河川敷にあるので、入浴中に不審者を監視することはできません。


 私の知り合いの女子で、躊躇なくこの砂湯に入浴出来るのは、間違いなく、泥棒を取り押さえるだけの活力とビーナスのような肉体美とを兼ね備えた…


 

     【moli小姐】


       と


     【ワンダム女史】


…だけです。



請不要生氣m(__)m


茉莉七仙女


 【茉莉七仙女の開花前の姿】


 「茉莉七仙女(モーリーチーシェンニー)」とは、大陸福建省福安で作られていた工芸茶の一種で、ジャスミン緑茶の商品名です。


 販売時には、上記画像のように茶葉を丸めた団子のような形をしています。
 これを、耐熱グラスに入れて、熱湯を注ぐと、茉莉(ジャスミン)の花が七つ繋がって、ふんわりと立ちあがります。


 グラスの中で、七つのジャスミンがふんわり咲いて、ふわふわ綺麗にゆれる姿が七人の仙女を思わせることから、この茶は、「茉莉七仙女」と名付けられました。


        【湯中に浮かぶ茉莉七仙女】


 残念ながら、この「茉莉七仙女」は、2013年を以て製造中止になってしまいました。
 現在、同名で販売されている物も有りますが、茶葉の品質が劣り、花もジャスミンではなくキンセンカなどの別の花を入れており、更に匂いは化学合成の香料で着けている等々、凡そ本物の「茉莉七仙女」とは似ても似つかぬものになっています。


 この可憐にして艶やかな茉莉七仙女に思いを致しつつ、伊賀の秋をご紹介して8月(旧暦7月)最終のご挨拶とします。

            【伊賀山居の秋】

 
  丙申孟秋憶茉莉七仙女  (七言古詩:平水韻下平聲十一尤)


  黄金十里一天秋
  緑樹碧空白雲流
  遙憶茉莉七仙女
  神農來山共淸遊