伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

帝国大学附属病院

 戦前、日本は植民地経営に国家予算の30%もの巨費を投じて、植民地の教育と医療に力を注ぎました。
 その目的は、外地をいつまでも植民地にしておくのではなく、植民地の人々が、それぞれの国家の統治に必要な知識技能を習得し国家経営に必要な経済力を蓄えた暁には、出来る限り早期に独立できるように援助することにありました。
 その証拠は、大東亜共栄圏構想の中に多々ありますが、ここでは割愛します。


 1924年には朝鮮に京城帝国大学、1928年には台湾に台北帝国大学を設立しました。
 大日本帝国は計9個の帝国大学を設立しましたが、京城帝大は6番目、台北帝大は7番目であり、大阪帝大、名古屋帝大よりも先に作ったのであります。
 帝国大学附属病院についても、朝鮮や台湾には東京帝大よりも先に建設しています。


 本国の主要都市よりも先に植民地に帝国(国立)大学や病院を設立して現地人に気配りした宗主国は、日本以外世界中のどこにもありません。
 私の知る限り、米英仏蘭などの欧米列強がそれぞれの植民地において、現地人の為に建てた施設は刑務所だけです。


 以下、附属病院について、現存するものについてご紹介します。
 建築時期は、明治、大正、昭和と分かれていますが、いずれも、外観・構造共に重要文化財に相当する1級品です。


【京城帝國大學醫學部付属醫院】(竣工:1908年(明治41年)、詳細不明)


 京城帝國大學醫學部付属醫院は、1908年、当時日本の保護国であった大韓帝国の大韓醫院として建築されて、1926年に、京城帝國大學醫學部の創設と共に附属病院に指定されました。


 もちろん、日本人の設計で、日本国が資金を出して、日本の技術者が建築したものです。
 現在、この建物は、ソウル大学病院医学博物館として使用されていますが、博物館の紹介記事の中に、建物の由来については、日本に関することは何一つ記載されていません。


 「大韓帝国の皇帝だった純宗(スンジョン)の勅命により設立された」と記載されていますが、有りえないことです。


 そもそも、朝鮮国(李氏朝鮮)は、1637年に清国と三田渡の盟約を結んで冊封国となって以来、日清戦争で日本が勝利して1895年に下関条約を締結して朝鮮を解放するまでの約260年間、清国に隷属する属国となって過酷な搾取に喘いでおりました。
 この下関条約により、大日本帝国は清国に朝鮮が自主独立国であることを認めさせ、それまで何百年も続いていた朝鮮国(李氏朝鮮)から清国に対する貢物や奴婢の献上、臣下の典礼等を全て廃止させたのであります。


注: 下関条約第一条
「清国は朝鮮国の完全無欠なる独立自主の国たることを確認す 因って独立自主を損害すべき朝鮮国より清国に対する貢献典礼等は将来全く之を廃止すべし」


 その後も国家財政は破たん状態にあり、これを保護する日本からの援助で漸く国の体面を維持している状態で、勅命であろうが何であろうが、このような建築物を建てる余裕などありませんでした。


 また、韓国の皇帝だった純宗が即位したのは、前皇帝高宗の不始末に起因する突然の譲位による1907年7月のことですので、その翌年にこの建物を完成することは不可能です。


 しかしながら、南北朝鮮人は、彼らのでっち上げる「過去の歴史の正しい認識」のためには、誰のおかげで独立できたのかといった国の根幹に係わる事実までをも隠蔽し、或いは捏造することなどは日常茶飯事のことですので、この程度の歪曲では、特に驚くほどのことでもないでしょう。
 


【臺北帝國大學醫學部 附属醫院】
(市定古蹟、竣工:1924年(大正14年)、設計者:台灣総督府営繕課近藤十郎)


 臺北帝國大學醫學部 附属醫院は、日本の統治が始まった直後に設立された「台湾病院」が前身で、1897年に現在の場所に移転しました。建物は、1912年に着工され1916年にほぼ完成し、1924年に現在の姿になりました。当時は、東アジア最大規模の病院でした。
 1938年には、臺北帝國大學醫學部の管轄下に入り附属病院となりました。戦後は、國立臺灣大學醫學院附設醫院となり台湾の医学発展や医療充実に貢献してきました。


  建物は現在も病院として使用されています(内部の見学可能)。建物正面の装飾が素晴らしく、入口を入った広々とした正面ホールも見ごたえがあります。内部は噴水のある中庭やその周りに部屋が配され、古代ローマの病院建築にも似た構造です。


 正面中央部は、一階が防湿対策で地上より高い場所に作られ窓は長方形で列柱がドリス様式、二階は長窓と半円形もしくは丸型の窓にイオニア様式の列柱、三階はアーチ式の窓と階毎に異なるデザインで凝った造りになっています。


 この建物の建築の経緯については、台湾のWIKIにも記載されており、台湾では、今でも俗に「帝大病院」と呼ばれているようです。
 


【東京帝國大學附属病院】
(竣工:1936年(昭和11年)、設計者:東京帝大営繕課長内田祥三)


 東京帝國大學附属病院は、後に東京帝大総長を務めることにもなる、当時の東京帝大工学部教授であり営繕課長を兼務していた建築学の権威内田祥三の設計により建築されたもので、現在でも東大医学部2号館(本館)として使用されています。
 内地の予算は、外地よりも制限されていたため、比較的質素なものになっています。
 また、裏口のあたりには、今でも未完成の所もあります。


 東大の「赤門」をくぐって直進すると、見えてくるのが、この東大医学部2号館(本館)の建物です。


 建物の前が西洋式庭園のようになっていて、建物自体も横に長く、両脇に塔屋が付いていますので、遠くから見ると一見、西洋のお城のようにも見えます。


 「内田ゴッシク」と呼ばれている典型的な建物で、おなじみの7連アーチが正面を飾っています。


 文化財の維持保存は、技術的にも経済的にも、相当の困難が伴うものです。
 日台の関係者のご尽力に深甚なる敬意を表するものです。


 本日、7月14日、教会などの文化遺産や数多くの貴重な文化財が暴徒に破壊され尽くしてしまったフランスの革命記念日にあたっての雑感です。


ミクロネシア連邦(親日の国)



 パラオの東にある約600の島からなるミクロネシア連邦は、パラオ共和国同様、第1次欧州大戦後30年間、日本が委任統治しました。


 この国で最も人口の多いトラック諸島(現チューク州)は、戦時中連合艦隊の根拠地でもあったため、今でも住民5万人のうち、1万人以上が日系人で構成されており、「ハダシ」や「サルマタ」「コシカケ」など数多くの日本語を話す親日国です。


 戦時中の話を、現地のヨシュア・スガ氏(85歳)は、次のように語っています。


 「私達年寄りは、日本時代が一番好きです。若い人は私達の話を聞いて、そうか、日本人はよく叩くのかと言います。本当です。悪いことをしたら叩きます。悪い事をしないようにです。だから日本時代は良かった。学校でもそうでした。遅刻する。悪い事をする。そんな生徒にはいつも罰があった。厳しいと思ったけど、それは仕方がない。罰を受ける。今度は遅刻しない。もう悪い事はしない。」


 戦後、スガ氏は現地の高校教師となりました。

 そして、日本人から教わった「事の善悪」をトラック島の子供たちに一生教えていこうと誓ったとのことです。


 その後、米軍が上陸、住民の円をドルに交換し、実質的な米国支配が始まりました。

 現在でも日本に対する思いは米国に対する思いとは格段に違うそうです。


 「戦争の時、日本人はまるで友達みたいだった。一緒に食べ物を分けて食べて、きつい仕事をした時は、こっそりお酒を飲ましてくれたりもしました。日本人とは気持ちが通じ合っていました。戦争がなかったら本当に良かったと思う。アメリカ人の友達はいないけど、日本人には、今でもたくさん友達がいます。」

 



パラオ共和国(親日の国)


 日本の真南の太平洋上、約300の島から成るパラオ共和国は、1543年、スペインが発見して植民地とし、その後1899年にドイツが買収しました。


  第一次欧州大戦時に、日本は日英同盟に基づき連合国側としてドイツに宣戦布告して参戦、南洋諸島を攻略・制圧しました。そして戦後処理をしたパリ講和会議によって、パラオを含む南洋諸島は日本の委任統治となり、1914年から1945年まで日本の施政下にありました。


 この委任統治時代に、日本はパラオ諸島のコロール島に南洋庁を置き、サトウキビ、パイナップル、稲作等を持ち込み、缶詰やビール工場を作って雇用を創出すると同時に、道路の舗装、橋や病院等の近代建築物の建設、電話線網を敷設するといったインフラ整備を積極的に行いました。また、公立学校も作り、日本の子供たちと同じような教育を全島の子供たちに受けさせました。


 この結果、パラオの人口は2万人から5万人に増え、同国に未曾有の経済的発展をもたらしました。
 こうした統治政策で、パラオは原始的な自給自足経済から市場経済へと変わり、財産所有権も氏族から個人の手に移り、近代社会の基盤ができたのであります。


 400年におよぶ植民地化の歴史の中、たった30年間に過ぎない日本統治時代が一番良かったと、今も現地の人たちが回顧するパラオ共和国は、世界一の親日国家だと言っても過言ではありません。
 もっともパラオのみならず、台湾、朝鮮半島、満州、南洋諸島と、日本が戦前に統治したすべての地域において、このように「内地」の日本と同じ社会基盤を築くことに、何と日本の国家予算の三分の一が支出されています。欧米列強による植民地政策、つまり「現地からの資源搾取」とは、その様相が全く逆だったのであります。


 大東亜戦争を通じ、南洋諸島の若者たちも、台湾や朝鮮の若者同様、「お世話になった日本のために」共に戦い、それぞれ2万数千名の尊い命を捧げたことを忘れてはなりません。彼らの御魂は共に戦った日本兵と同じく、靖国神社に祀られています。


 日本軍玉砕後、島に戻ったパラオの住民たちが見たのは、焦土と化した島に放置されたおびただしい数の日本兵の遺体でありました。
 一緒に汗水流して働いた日本人。一緒に歌を歌った日本人。パラオの人たちは泣きながら、日本兵の遺体を埋葬し墓地を作りました。この墓地は島民の手によって現在も整然と維持され、英霊の遺徳は讃えられています。日本から遺骨収集に行くと、「戦死者は母なる大地ペリュリューに抱かれている。収集しないで静かに眠らせて欲しい」と島民から言われるそうです。


 終戦後、米国の信託統治が始まりますが、彼ら米国人が最初にやったことは、日本がパラオに残したものをすべて破壊することでした。畑は掘り返され、発電所を壊し、道路の舗装は剥がされ、校庭の二宮金次郎像は引きずり降ろされました。
 日本統治時代毎朝、集まった村人たちが、帝国海軍岡田中将から「美しいパラオを一日も早く自分たちの手で治めるようにせよ」との訓示を受けた、想い出の場所である南洋神社も例外ではありませんでした。


 米国は、徹底した反日教育を行いました。歴史の授業では米国製の教科書を使い、「日本人によるパラオ人虐殺事件」があった等と記載して広めようとしましたが、パラオの年長者が「そんな事実は全くない」と完全否定したため、支那や朝鮮とは異なり、歪曲されたその情報がパラオで浸透することはありませんでした。


 1994年10月、パラオは米国から独立しました。その独立式典でパラオの国家斉唱の後に流れたのは、何と、日本の国歌「君が代」だったのであります。


 パラオの長老たちは、今でも日本のことを「内地」と呼び、次のように語っています。
 「日本人は厳しかった。しかし我々に農業とまじめに働くこと、そして嘘をつかないことを教えてくれたのは日本人だった。」と。


 昨年4月、天皇皇后両陛下が、戦没者の慰霊のため、10年来の希望であったパラオ共和国を訪問されました。


 天皇陛下は、慰霊の前日8日の晩餐会での挨拶で、先の大戦では食糧難や疫病で地元住民にも犠牲が出たことに哀悼の意を表された上で、戦後に慰霊碑や墓地の管理、清掃、遺骨の収集などに尽力された太平洋諸国の国民に対し、深い感謝の気持ちを表されました。
 この晩さん会には、パラオに加え、同じ日本の委任統治時代に戦禍に見舞われたミクロネシア連邦、マーシャル諸島共和国の3大統領夫妻が参加しました。 


 9日、最大の激戦地であったペリリュー島の慰霊にあたっては、両陛下は3箇国の大統領夫妻とともに日米双方の慰霊碑をめぐり、すべての戦没者の鎮魂を祈る姿を改めて示されました。
 そして、パラオ全国民が日の丸の旗を打ち振る中、無事慰霊の旅を終えられました。


 その日、パラオ共和国ペリリュー州では、建国以来、最大の慶事である両陛下の行幸を、永遠にこの国の歴史に留めるため、議会満場一致の決議により、この日を国民の祝日に定めたのであります。