伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

天正伊賀の乱(観月懐古)

 「伊賀の乱」というと、伊賀者が何か騒動でも起こしたかのような印象を受けますが、そうではなく、この乱は戦国時代に天下征服を企む織田の軍勢が一方的に伊賀を攻め立てて壊滅させた侵略戦争です。


 織田の軍勢は、天正6年(1578年)から天正9年(1581年)にかけて3回、伊賀に侵攻しました。一般に1回目の前哨戦と2回目の本格侵攻とを併せて「第1次天正伊賀の乱」、3回目の決戦を「第2次天正伊賀の乱」と呼称しています。


 織田軍の総指揮官は、織田信長の次男で、当時北畠氏の養子となっていた北畠信意、後の織田信雄(以下、「織田信雄」に統一する。)でした。この人は、北畠氏の養子でありながら、その親族をだまし討ちにするなど卑怯な手段を使って伊勢国を手中に収めることには成功しましたが、さしたる武勲はなく、やや功を焦っていたようです。


 これに対し、防御側の伊賀は、もともと東大寺の寺領であったこともあり、国主が存在せず、小規模な領地を持つ郷士が割拠している状態で、伊賀全体の国策については、必要のつど、郷士の代表である伊賀十二人衆の合議により決定されていました。したがって、防御陣地の構成などではやや統一性を欠く面もありましたが、兵卒には忍者を多く抱えていたこともあり、山中に拠点を構えて奇襲・陽動などにより敵をかく乱する戦法に長けていました。


 1回目の前哨戦は、伊勢一国をまんまと掠め取った織田信雄が、次に伊賀の領有を企図し、その前進拠点とすべく、天正6年(1578年)3月、あろうことか伊賀盆地の真ん中にある既に廃城となっていた丸山城の修復をこっそり始めたことに端を発します。
 これを知った伊賀勢としては、自分の喉元に短刀を突き付けられたようなものですから、「直ちに追い払うべし」と衆議を決し、同年10月25日、丸山城のリフォーム現場へ忍者得意の奇襲攻撃をかけました。不意を突かれた織田勢は慌てふためき、僅か半日で伊勢の国へと敗走してしまいました。


 これに懲りるどころかすっかり頭にきた信雄、翌天正7年(1579年)9月16日、9500の兵を集めて伊賀に攻め入ります。これが、2回目となる本格侵攻です。
 迎え撃つ伊賀勢わずかに2000余ではありましたが、前哨戦から約1年の間に、伊賀盆地の隅々に陣地を構築して周到に準備して待ち受けております。
 ところが、攻める信雄の方は、衆を頼んで慢心しており、1年の間に何の準備もしていなかったようです。また、功を焦ったか、父信長にも無断の侵攻でした。
 伊賀勢は得意の奇襲戦、山岳戦などにより織田勢に大打撃を与えました。
 織田勢は、僅か2~3日の間に6000人以上の兵を失って、伊勢の国へ敗走しました。
 これが、伊賀勢の大勝利に終わった「第1次天正伊賀の乱」です。


 当時、京にいた信長は、自分に無断で兵を進めて大敗を喫した信雄の報告を受けて激怒して、親子の縁を切るとまで言い放ったそうです。
 
 このとき、信長は大阪の石山本願寺との抗争に明け暮れており、伊賀に兵力を割く余裕はありませんでした。そのため、伊賀者は、束の間の平和を楽しむことができました。


 それから2年後、石山本願寺との和議を整えた信長は戦略上の要衝である伊賀攻略を決意し、信雄に5万の大軍を預けて侵攻を命じます。
 総大将となった信雄は、天正9年(1581年)9月6日、伊賀盆地を包囲して四方八方から攻め入ります。これが、最後の決戦となる3回目の侵攻であり、「第2次天正伊賀の乱」です。


 守る伊賀勢は、他国からの増援を含めても僅かに9000、いかに奇襲に長けた忍者集団と言えどもこれでは到底勝ち目はありません。「降伏か抗戦か」、伊賀十二人衆の評議は夜を徹して行われました。このような時に、声高に主張する勇ましい意見が通りやすいのは、現在の町内会やPTAと似たようなものです。
 「生きて敗者の辱めを受けんよりは、最後の一兵となるも勇戦敢闘、死して後世に名を残すべし。」と決して、臨戦態勢に入ります。


 衆寡敵せず、約1週間の戦闘で伊賀は徹底的に殲滅されてしまいます。当時の伊賀の人口9万人のうち、女子供などの非戦闘員も含めて3万数千人が虐殺されたと伝えられています。
 当時、日本の人口が約1000万人、現在の十分の一以下であったことを考えると、伊賀はかなり栄えていた国といえますので、現在の感覚では100万都市で約40万人が殺されて壊滅したようなものだったでしょう。


 特に、戦の帰趨が決して後に、伊賀者が最後の砦として立て籠もった国見山城とその隣に位置する兼好法師縁の草蒿寺周辺では、ネズミ一匹逃さぬ徹底的な殺戮が行われました。命を惜しまず勇戦敢闘した最後の忍者集団は戦陣に斃れ、その血は、見渡す限りの故郷の山河を夕焼けの空のごとく朱に染めてしまいました。戦い済んで日は落ちて薄暮の迫る戦場に、死者を弔う人一人だになく、東の空に輝く晩秋の満月だけが、累々たる屍に添うようにただ冷たく照るのみでありました。


 下級武士であった忍者集団はその大半が戦場の露となって消え去ることになってしまいました。ところが、「死して後世に名を残すべし」と檄を飛ばしていた諸将はいち早く他国に逃げて難を免れ、信長との和議が整ったころ伊賀に舞い戻ってきて、ちゃっかり元の領地に納まったとのことです。


 一軍の将たる者、確かに後世に名を残しました。ただし、美名ではなく汚名として・・・


 「一将功ならずして、万骨枯る」


   次回へ続く

兼好法師終焉の地(当ブログタイトルの由来)

 兼好法師(けんこうほうし)、本名は卜部兼好(うらべ かねよし)、今から700年ほど前の官人であり歌人・随筆家でもあった人です。30歳ころに出家したため、自他共に兼好法師と称されていましたが、後の世に卜部氏が吉田と改名したことにより、江戸時代以降は吉田兼好(よしだ けんこう)と通称されています。


 兼好法師は、日本3大随筆の一つとして知られる「徒然草」を執筆したことで有名ですが、この徒然草は、本人生存中には日の目を見ず、没後100年くらい経ってから世に出ました。その頃には既に原本は失われており、いくつかの写本を残すのみでありました。現在伝わっているものは、その写本ごとに内容が少し異なるところもありますが、世の文筆家にとっては必携の書となっています。


 法師は、晩年、伊賀国名張郡国見山(現在の三重県伊賀市種生国見)にあった国見寺の一隅に庵を開き、余生を過ごす傍ら徒然草を執筆し、1350年に没後この地に埋葬されたと伝えられております。法師がこの地で徒然草の草稿を練ったことを記念して、この「国見寺」は法師没後、その寺名を「草蒿寺(そうこうじ)」と改めて、七堂伽藍の建ち並ぶ大寺として約230年の歴史を刻んでおりました。


 ところが、戦国時代の1581年に至り、天下に覇を唱えんと目論む織田信長の軍勢に伊賀は攻め滅ぼされてしまいます。これぞ世に言う「天正伊賀の乱」。このとき織田軍主力の猛攻撃を受け追い詰められた伊賀の残党が、最後の砦として、この草蒿寺やその隣の国見山城一帯に立てこもりました。
 衆寡敵せず、寺も城も家も人もことごとく焼き尽くされて、兼好法師の遺品や徒然草にまつわる古文書もその全てが灰燼に帰してしまいました。


 時代は下り、この地の人々は兼好法師とその偉業を顕彰するため、明治38年(日露戦争の頃)には遺跡碑、昭和55年には記念碑(上記画像)を建立して現在に至っております。


 兼好法師が世に知られるのが遅かったこともあり、終焉の地については異説もありますが、伊賀の地に、法師と徒然草を顕彰する史跡が現存するのは、まぎれもない事実なのであります。


 当ブログのタイトル、「伊賀の徒然草」は、この故事にあやかっています。


【「町史蹟」とは、平成16年の市町村合併による伊賀市発足前の旧青山町の史蹟の意】


  国破山河在  城春草木深・・・   合掌

事務所の紹介

 不肖、伊賀山人は個人事業主です。
 誰の指図も受けず、自分の旗の下で自由に生きております。


 業態は、行政書士のほかファイナンシャルプランナーやカウンセラーなどを兼ねた総合事務所です。
 業務内容は、遺言書作成・相続手続き・個人事業主資産相談・各種許認可申請・心理カウンセリング・不動産競売手続きなど、広範多岐に亘っています。


 「器用貧乏」の言葉どおり、どれもこれも赤字経営で殆ど慈善事業状態です。主な収入源は、副業の宅地建物取引主任者としての不動産所得ですが、必要経費を差し引いた残りを時給に換算すると、国の定める最低賃金と大差ありません。
 それでも事務所を続けているのは、多少なりとも世の中の人々のお役にたっているに違いないとの自負心、言い換えれば自己満足に過ぎません。


 事務所の建物は、中古の居宅を購入して、余りお金を掛けず手も加えずにそのまま使用しているので、同業他事務所に比べると広いだけが取柄で、設備機材などはお粗末としか言いようがありません。


 貧乏居士の事務所など、読者各位にとってどうでもよいことではありますが、笑い話の種にでもなれば幸いです。


   【事務所の全景】
(高さ5メートルの擁壁は、敵の侵入を防ぐため・・・ではなく、裏の接面道路と高さを合わせるためのものです。屋根と外壁は徒然なるままに、所長直々に塗り直したものです。)


   【事務所の玄関】
(扉に張り付けた小さい看板以外には何の表示もないので、無用の者はここが事務所とは気づきません)


   【待合室】
(ここが、満員になったことはまだ一度もありません)


   【談話室】
(滅多に使わないので、日ごろは屋内物干場状態です)


   【談話室から望む寒村の風景】
(前方の山には、今年の干支の猿が住んでいます。鹿や猪も更にその向こうの山に住んでいますが、この画像では雪に霞んでいて見えません)


   【観月台】
(ここで、伊賀の山月を望み漢詩の詩想を練ります)


   【通信所】
(ここで、多いときは年間200件に及ぶメール相談への回答を発信しています)


   【執務室】
(冬季は、ここで全ての事務を執り行います)


   【副所長】
(資料室(非公開)の見張り役です)