伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

まだ見ぬ恋人


  「まだ見ぬ恋人」は、日本の俳優兼シンガーソングライターの加山雄三が、自身12枚目のシングルレコードとして、1966年(昭和41年)12月15日に発表した楽曲です。
 また、この曲は、半月後の翌年元日に公開された映画「レッツゴー! 若大将」の主題歌としても使われています。


 作曲はいつものとおり、弾厚作(加山のペンネーム)ですが、作詞は雑誌「平凡」が一般から募集して当選した原とし子の歌詞を岩谷時子が補詞して完成したものです。


 詞の内容は、恋人を探し求める寂しい青年の心を詠じたものです。
 この青年には、現在恋人と言える人は有りませんが、只待ち望むだけではなく、例え地の果て海の底までも探しに行くぞとの決意を表わしており、シンデレラを探す王子の心境にも似たものがあります。


 恋に恋する乙女の心境の裏返しともいえる歌詞ですので、この歌を何ら照れなくさらりと歌えるのは、若大将加山雄三と伊賀山人くらいなものでしょう。


 当時、「まだ見ぬ恋人」といえば、せいぜい文通相手くらいなものでしたが、半世紀前には誰も予想だにしなかった現在のネット社会では、ブログで知り合ったバーチャルな恋人の心情とぴったり符合するともいえるでしょう。


 今回は、曲全体の動画が見つかりませんでしたので、前半だけの歌唱でご紹介します。


   まだ見ぬ恋人
   還不看的戀人
                昭和41年12月発売
                作詞:原とし子 補作詞:岩谷時子 作曲:弾厚作
   夕暮れの浜辺を
   貝殻踏みながら
   淋しさにただひとり さまよう
   君はどこにいるのか
   まだ見ぬ恋人よ
   君と逢うその日まで 僕は行く
   夢に見るあまいくちづけよ
   僕を呼ぶ優しい声
   君はどこにいるのか
   まだ見ぬ恋人よ
   たとえ地の果てまでも
   僕は行く

   黃昏的海濱
   一邊踩貝殼
   寂寞只有一個人徬徨
   你在哪裡
   還不看的戀人
   到遇到你的當天我去
   在夢裡看的甜的接吻
   邀請我的和善的聲音
   你在哪裡
   還不看的戀人
   縱使到地的盡頭也

           我去

  (間奏)

   夢に見るとこしえの誓い
   幸せは僕が守る
   たとえ海の底でも
   僕は行く

   
在夢裡看的永遠的誓約
   你的幸福我保護          
   縱使在海底也
   我去



加山雄三/まだ見ぬ恋人


 附記:

 巷では、ネット恋愛が流行しており結婚にまで至る人もいるようですが、ネットでの付き合いにはリスクが伴うことも忘れてはいけません。

 各ブログ主は、基本的に匿名ですので、公開されているプロフィールなどは、殆ど信用するに値しません。

 学歴・職歴の詐称などはネットゴキブリの常套手段ですので、万全の注意が必要です。


 因みに、伊賀山人自身の正体も信用してはいけません。

 読者各位の日頃のご愛読に感謝して、今だけ内緒で伊賀山人の正体をお明かしします。

 伊賀山中に閑居する隠者を標榜するのは世を忍ぶ仮の姿で、その実態は、都内の高校に通う現役の女子高校生なのです。

 その証拠は、次の学生証です。

 ブログの記事は全て、所属する文芸部の部活として書いたものなのです。


   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

筆者注:

 「附記:」に冗談で書き記した伊賀山人の正体を真に受けるような純真な心を持つ方は、詐欺被害に遭いやすいので、くれぐれもご用心ください。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。