伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

芭蕉布(音楽編)


 歌曲「芭蕉布(ばしょうふ)」は、1965年(昭和40年)7月2日に、ハワイ生まれで沖縄系三世のアメリカ人歌手、クララ新川の演唱により発表された楽曲です。
  この歌は、曲がまず先に作られました。
  作曲は、、西洋音楽でも既存の沖縄民謡でもない新しい沖縄の楽曲づくりに情熱を傾けて新しい沖縄サウンドを作り出し、現地では古賀政男と並び称される普久原恒勇(ふくはらつねお)。
  クララ新川のために「沖縄らしい曲を」と知人から頼まれた普久原は「外国の人にも歌いやすいように、日本にも沖縄にもない常識破りのパターン」で作曲しました。
  出来上がったばかりで題名のないこの曲のために、普久原は知人に作詞を依頼しましたが、一番は「大和口(日本語)」、二番は「英語」、三番は「混有型」という難しい注文を付けたため、なかなか出来上がりませんでした。
  そうこうしているうちに、地元で中学校教師をしていた吉川安一から「芭蕉布」と名付けられた沖縄口(ウチナーグチ:沖縄語)の詞が持ち込まれました。
  吉川はこの詞について、「母が芭蕉布を織っていたが、その幼いころの記憶を縦糸に、亜熱帯海洋性の温暖な自然の美や独自の言語、文化を横糸にして織りなし、特に地域を限定しないふるさと沖縄賛歌として書いた。」と語っています。
  また、海の青さ、空の青さには「温暖な気候や自然の美、自分の母だけでなく沖縄の女性の明るさややさしさを象徴させる」とともに「平和の色彩」のシンボルにしたとも述べています。
  この詩の中の一句、「芭蕉は情けに手を招く」とは、芭蕉を擬人化して「沖縄の人たちのチムグクル(心根)、イチャリバチョーデー(一度会ったら皆兄弟)の精神」を込めたものです。


 こうして完成したこの歌は、5月18日RBC琉球放送スタジオで録音されて、7月2日に普久原恒勇の養父である普久原朝喜が経営していた沖縄民謡のレーベル「マルフク レコード」(大阪)から発売されました。
 インディーズのレーベルでもあり、レコードはほとんど売れなかったようですが、ラジオ番組などでの紹介もあり、徐々に沖縄の人々の間に浸透して、今では沖縄民謡の一つに数えられるようになり、多くの歌手がカバーしています。


 沖縄音階ではないにもかかわらず、南国の芭蕉の葉陰で爽やかな風に吹かれるような郷愁を漂わせるこの楽曲を、今回は原唱のクララ新川版と新しいところで♪癒しのポップバラード歌手♪芙美子の版でご紹介します。
 なお、原詞は沖縄語ですので、標準語への翻訳文を青字で添付しました。


 芭蕉布                 
                    作詞:吉川安一 (沖縄語)
                    作曲:普久原恒勇
 1節 
海の青さに 空の青
南の風に 緑葉(みどりば)の 
芭蕉は情けに 手を招く  
常夏(とこなつ)の国
我(わ)した島沖縄(うちなー)
海の青さに空の青
南の風に緑葉の
芭蕉は情けに手を招く
常夏の国 
私たちの故郷 沖縄


 2節 
首里(しゅり)の古城の 石だたみ  
昔を偲(しの)ぶ かたほとり  
実れる芭蕉 熟(う)れていた  
緑葉の下   
我した島沖縄(うちなー)
首里の古城の石畳
昔を偲ぶかたほとり(町外れ)
実れる芭蕉
熟れていた 緑葉の下 
私たちの故郷 沖縄


 3節 
今は昔の 首里天 加那志(しゅいてぃん じゃなし)   
唐ヲゥー(とううぉー)つむぎ はたを織り  
上納ささげた 芭蕉布(ばしょうふ)   
浅地(あさじ)紺地(くんじ)の  
我した島沖縄(うちなー) 
今は昔の首里王様
芭蕉の糸を紡ぎ機(はた)を織り
上納捧げた芭蕉布 
浅地紺地の 
私たちの故郷沖縄




48年前のクララ新川 「芭蕉布」マルフク オリジナル盤原音
52年前のクララ新川「芭蕉布」マルフクレコード KF149 オリジナル盤原音
1965年(昭和40年)5月18日RBC琉球放送スタジオにて録音  7月2日販売開始
  

 芭蕉布(台灣版本)
 1節
海藍天空的青
為南的風綠葉
芭蕉向同情招待手
常夏的國家
我們的故鄉台灣


 2節
台北的古城的舖石的地
回憶從前的偏僻的鄉村
結果實的芭蕉
熟的 綠葉下
我們的故鄉台灣


3節
現在從前的台北大王
紡芭蕉的線織時機
上繳奉獻的芭蕉纖維織的布
薄茶色藍色映照
我們的故鄉台灣



芭蕉布
♪癒しのポップバラード歌手♪ 芙美子


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。