伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居する隠者の戯言です。

道化師のソネット:小丑之歌


 「道化師(どうけし)のソネット」は、シンガーソングライター・さだまさし(佐田 雅志)が1980年2月25日にリリースしたシングル曲です。


 この曲は、1980年1月26日に劇場公開された映画『翔べイカロスの翼』の主題歌として製作されたものです。
 映画『翔べイカロスの翼』は、ピエロとして子どもに夢を与えようと努力しながら、興行中に不慮の事故により28歳の若さで死亡してしまった青年の実話(草鹿宏著作のノンフィクションをもとに制作)を基にしています。
 さだまさしは、この映画の主人公でもあり、また音楽監督も務めています。


 この映画の主題歌として制作された「道化師のソネット」は、さだが本作の内容から着想して作詞・作曲したものです。
 なお、映画で使用された音源はシングルリリースのテイクとは異なり、一部の歌詞が省略されています。


 この歌詞の内容は、元々写真家として日本国内を放浪した後、キグレサーカスに入団して「ピエロのクリちゃん」として活躍した青年 栗原徹の心情を表現したものです。
 道化師とは、自分を笑いものにして他人を喜ばせ楽しませて幸せにする大いなる自己犠牲を本分とする職業です。
 彼は、高所での綱渡りの演技中に転落して瀕死の重傷を負い自らの死を悟ったとき、「子供たちには知らせるな」と呟いたそうです。
 子供達には、いつまでも笑顔でいて欲しいと願う栗原の人間愛からでた言葉と思われます。


 さだはこの詩を完成させた後で「道化師のソネット」というタイトルを付けましたが、命名後に詩の行数を数えたら、偶然、ヨーロッパの定型詩ソネットの形式通りの14行になっていたそうです。
 つまり意識的に14行で完成させたから「ソネット」と名付けたわけではなく、さだはこの偶然について「神様っているのかもわかんない」とコメントしています。
 曲は大ヒットしオリコン・チャートでは海援隊の「贈る言葉」に次ぐ2位まで上昇し、現在でもさだのコンサートの重要なレパートリーの一つになっています。
 ところが、映画『翔べイカロスの翼』の方はインディーズ作品だったために全くヒットせず、長年ビデオ化などもされていませんでしたが、2012年10月になって漸くDVD化されました。


 人生においては、様々な悲しみや苦しみがあります。
 それを例え一時的なものであっても、「笑い」によって救うことが重要であると、この詩は詠じています。
 「笑ってよ 君のために 笑ってよ僕のために」とは、「笑顔になることは自分自身を救うだけではなく、他人をも救うことになる」ことを意味しているのです。



 道化師のソネット

笑ってよ 君のために 笑ってよ僕のために


僕たちは小さな船に 悲しみという 荷物を積んで
時の流れを下ってゆく 船人たちのようだね
君のその小さな手には 持ちきれない程の悲しみを
せめて笑顔が救うのなら 僕はピエロになれるよ


笑ってよ君のために 笑ってよ僕のために
きっと誰もが同じ川の ほとりを歩いている


僕らは別々の山を それぞれの高さ目指して
息もつかずに登ってゆく 山人たちのようだね
君のその小さな腕に 支えきれない程の悲しみを
せめて笑顔が救うのなら 僕はピエロになろう


笑ってよ君のために 笑ってよ僕のために
いつかほんとに笑いながら 話せる日がくるから


笑ってよ 君のために 笑ってよ僕のために
笑ってよ 君のために 笑ってよ僕のために



 小丑之歌


親愛的,請妳笑一下好嗎!
為了妳自己! 笑一下好嗎?
同時,也為了我!


我們都彷佛乘坐著一艘艘的小船,滿載著悲傷情緒的行李,
面對未知的未來,航行在不知名的河流當中。
而妳那纖纖細弱的小手,如何能承擔得住這般沉重的憂愁?
因此,聽我說,親愛的
若我的努力能讓妳暫時忘卻一絲絲煩擾,
為了妳,我願當個小丑!


只要妳能輕撫拋開,妳那因沉重壓力而顯現出無奈的悲歎,
即使僅是短暫片刻也好,請為我,展露出妳那甘甜笑容,


親愛的,請妳笑一下好嗎!
為了妳自己! 笑一下好嗎?
同時,也為了我!


我們都彷佛一個個登山者,
各自朝著自訂理想高度山峰向前邁進。
在攀爬行走路途中,我們連停下來歇口氣,
休息片刻也不肯地,拼命的往上爬,
僅希望能早一日登上所欲到達的目標點。
而妳那瘦削嬌柔的手臂,
如何能載荷得住這根本支撐不了的苦楚?
因此,聽我說,親愛的
若我的努力能讓妳暫時忘卻一絲絲煩擾,
為了妳,我願當個小丑!


只要妳能輕撫拋開,妳那因沉重壓力而顯現出無奈的悲歎,
即使僅是短暫片刻也好,請為我,展露出妳那甘甜笑容,


親愛的,請妳笑一下好嗎!
為了妳自己! 笑一下好嗎?
同時,也為了我!



親愛的,笑一下好嗎?
親愛的,我們都曉得
生活在此世間是如此艱難,痛楚荊棘滿處...
但,相信我
妳我目前所經歷踏過的遭遇,所有的滄桑心酸苦楚,
這一切終將會過去的!
而到那時候,我們便能釋懷
所有過去曾嘗遍的種種孤寂,一定能盡情地快樂地,

談笑自若地談論當年那段不堪回首的過往...




道化師のソネット さだまさし



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。