伊賀の徒然草

伊賀名張の山中に閑居して病を養う隠者の戯言です。

みかんの花咲く丘


 『みかんの花咲く丘(みかんのはなさくおか)』は、1946年8月25日に発表された日本を代表する童謡の名作の1つとして知られています。
 作詞は加藤省吾、作曲は海沼實により、当時12歳の童謡歌手川田正子(かわだ まさこ、1934年7月12日 - 2006年1月22日)が、社団法人日本放送協会東京放送局(現・NHKラジオ第1放送。1951年まで日本の放送局はNHKしかなかった)のラジオ番組『空の劇場』で東京・内幸町の本局と静岡県伊東市立西国民学校を結ぶ、ラジオの「二元放送」で演唱した楽曲です。


 川田正子は、戦前から少女歌手として知られていましたが、終戦直後の1945年(昭和20年)12月24日、ラジオ番組「外地引揚同胞激励の午后」の中で演唱した『里の秋(さとのあき)』のヒットにより童謡歌手として不動の地位を確立していました。


 『みかんの花咲く丘』も『里の秋』と同様、川田の師匠でもある作曲家海沼實の曲作りが遅々として進まず、完成したのは放送前日のことでした。
 放送日に川田正子は歌詞を覚える時間がなく、楽譜を手に持って見ながら歌ったと伝えられています。


 歌詞の内容は、静岡県伊東市のみかん畑を舞台として、遠くに見える海を眺めながら、母親を懐かしむという内容です。
 この歌詞に見える「母さん」は、当時「姉さん」とする別バージョンもありました。
 終戦からまだ1年の当時「母さん」を懐かしむ歌詞では死別を意味しやすいのですが、「姉さん」であれば嫁に行ったと解釈できることから、当時、戦災により母親を失った多くの子供たちへ配慮したためです。


 今回は、今は亡き川田正子本人の演唱でご紹介します。



 みかんの花咲く丘 
 蜜柑花開的山丘
               作詞:加藤 省吾 作曲:海沼 実 演唱:川田正子
1.
みかんの花が 咲いている
思い出の道 丘の道
はるかに見える 青い海
お船がとおく かすんでる

蜜柑花 開著
回憶的道 丘的道
看上去遙遠的 藍的海
船隻 遠遠方 霞霧朦朧


2.
黒い煙を はきながら
お船はどこへ 行くのでしょう?
波に揺られて 島のかげ
汽笛がぼうと 鳴りました

一邊冒出黑的煙
船隻 是往何處 去吧?
被波浪搖動島影
汽笛 叭地 響了


3.
何時か来た丘 母さんと
一緒に眺めた あの島よ
今日もひとりで 見ていると
やさしい母さん 思われる

曾經 來過的山丘 和母親
一起 眺望 那個島
今日也 獨自一人 望看著
會思慕 慈祥和善的 母親




みかんの花咲く丘 川田正子



 おまけ【オリジナル版】↓

~みかんの花咲く丘~ 川田正子 (Original.Ver)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。